202件中 61 - 70件表示
  • 小川 奈那

    小川奈那から見た東洋紡東洋紡

    2002年度 東洋紡キャンペーンガール小川奈那 フレッシュアイペディアより)

  • 逆浸透膜

    逆浸透膜から見た東洋紡東洋紡

    業務用は、日本では1970年代に、東レ、東洋紡、日東電工などのメーカーがアメリカから技術導入を行って開発に取り組んだが、海水淡水化の分野では欧米に対して出遅れたため、1980年から財団法人造水促進センターが中心となって、それまで無かった逆浸透膜の一段処理を実用化し、世界の主導権を握るに至った。一方でこの頃から、逆浸透膜の用途がより付加価値の高い浄水処理(水道水の製造)、工業用の純水や超純水の製造、下水の再利用、果汁や乳製品・化学薬品の濃縮などに広がると共に、海水淡水化用の膜は価格競争時代に入っていった。逆浸透膜 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部房次郎

    阿部房次郎から見た東洋紡東洋紡

    阿部 房次郎(あべ ふさじろう、慶応4年1月18日(1868年2月11日) - 昭和12年(1937年)5月12日)は、日本の実業家、政治家。長男の阿部孝次郎も東洋紡績社長。阿部房次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡修造 (実業家)

    松岡修造 (実業家)から見た東洋紡東洋紡

    寺子屋で学ぶ以外に特段の学歴はなかったが、年少時より商才に秀でていたといい、土居通夫、谷口房蔵らとともに大阪合同紡績(昭和6年(1931年)、東洋紡と合併)を創業したほか、大阪毛斯綸紡績取締役、大阪電気分銅社長、大日本人造肥料監査役などを歴任した。松岡修造 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • 小林大作のメモリーズ・オブ・ユー

    小林大作のメモリーズ・オブ・ユーから見た東洋紡東洋紡

    番組開始から2001年3月まではTOYOBOだったが、東京で放送されていたTOYOBOメモリーポップスの終了に伴いスポンサーを降板した(事実上の企画ネット番組だった)。現在はヒガシマル醤油がスポンサー。小林大作のメモリーズ・オブ・ユー フレッシュアイペディアより)

  • 吸湿発熱繊維

    吸湿発熱繊維から見た東洋紡東洋紡

    エクス(eks)(日本エクスラン工業・東洋紡吸湿発熱繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 江若交通

    江若交通から見た東洋紡東洋紡

    堅田町内循環線浜大津線の一部で、堅田駅より堅田町内を回る路線。終日15-30分間隔で運転されている。朝晩には東洋紡総合研究所構内に乗り入れる直通の110系統も運転される。休日の日中には浮御堂の前へバスが乗り入れる。江若交通 フレッシュアイペディアより)

  • 入善町

    入善町から見た東洋紡東洋紡

    工業:紡績(東洋紡入善工場)、電子デバイス(NECトーキン富山事業所)、飲料水製造(アサヒ飲料北陸工場)、容器製造(シロウマサイエンス)、ゴム製品(北星ゴム工業第2工場)、自動車部品製造(アイシン新和、アイシン・メタルテック)、海洋深層水産業、ミネラルウォーター採水地(エル・ジャパン「ピュアクア」)入善町 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷辰太郎

    熊谷辰太郎から見た東洋紡東洋紡

    但馬国生まれ。1869年(明治2年)藩命により神戸に出て箕作貞一の門に入り、箕作に従い慶應義塾を1872年(明治5年)に卒業。三井組に招聘され第一国立銀行に入り、大蔵省に出入りしお雇い外国人に洋式簿記を教わる。大阪支店に移り、大阪共立銀行、浪速銀行に移り大阪紡績会社(現在の東洋紡の前身)等多くの会社設立に携わる。熊谷辰太郎 フレッシュアイペディアより)

  • コマツNTC

    コマツNTCから見た東洋紡東洋紡

    1984年(昭和59年) - 株式会社 トヤマキカイ(旧東洋紡系)と日平産業株式会社(旧丸紅系)が合併。株式会社 日平トヤマに改称。コマツNTC フレッシュアイペディアより)

202件中 61 - 70件表示