268件中 61 - 70件表示
  • 阿部市郎兵衛

    阿部市郎兵衛から見た東洋紡東洋紡

    阿部市郎兵衛 (7代)蓮永:(天保8年(1837年)-明治37年(1904年)、2代市太郎の長男・6代市郎兵衛の養子)金巾製織(現在の東洋紡績の前身のひとつ)、近江銀行等の創業者の一人。阿部市郎兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 山手満男

    山手満男から見た東洋紡東洋紡

    1913年山口県玖珂郡周東町(現在の岩国市)生まれ。旧制松江高等学校を経て、1937年に京都帝国大学法学部を卒業後、東洋紡績に入社。戦時中はジャワ島ジョクジャカルタの軍委託タバコ工場に派遣されていた。山手満男 フレッシュアイペディアより)

  • 穂積寅九郎

    穂積寅九郎から見た東洋紡東洋紡

    明治22年(1889年)、鉱山開発を計画して朝鮮に渡り、漢城では居留地総代、居留民会議長に選出された。また、広通銭行と称する銀行を設立し、運搬や計量が困難な朝鮮の銭貨に替えて手形を流通させようと試みた。仁川で新聞の発行にもかかわっている。日清戦争中は日本と朝鮮政府の仲介を努めたが、乙未事変で事業に打撃を受け帰国、知多紡績の支配人に就任した。明治40年(1907年)知多紡績が三重紡績に吸収されると、そのまま知多分工場長に横滑りした。穂積寅九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 平田佐次郎 (2代目)

    平田佐次郎 (2代目)から見た東洋紡東洋紡

    富田一色地区には平田家と平田漁網商店があった。松原地区の大字塩役付近で初代平田佐次郎が道路の補修をした塩役運河付近に東洋紡績を誘致して、二代目平田佐次郎は現在の四日市市富州原町の東洋町商店街・西元町商店街の商業化と松原地区宮町自治会を構成する東洋紡績富田工場社宅の建設や緑町の八千代座(芝居小屋)などの文化施設の開発に尽力する。天ヶ須賀には平田紡績の漁網工場が立地していた。平田佐次郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 駒田桂二

    駒田桂二から見た東洋紡東洋紡

    1949年シーズン中に東洋紡績から大阪タイガースに入団。当初は制球力に難があったが、それを克服し1950年に頭角を現し7勝を挙げる(6敗)。カーブが武器の投手であった。翌1951年には11勝を挙げる。その後は、先発投手としてチームを支えた。1956年オフに退団し、東洋紡績に復帰した。2012年8月1日、死去。。駒田桂二 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立神戸高等商業学校

    兵庫県立神戸高等商業学校から見た東洋紡東洋紡

    大谷一二 - 東洋紡績名誉顧問。2回卒。兵庫県立神戸高等商業学校 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤伝七 (11代目)

    伊藤伝七 (11代目)から見た東洋紡東洋紡

    1878年(明治11年)10月に10代目伊藤伝七の子供として生まれる。伊藤家の家督を相続して11代目伊藤伝七を襲名する。1899年(明治32年)に高等商業学校(現在の一橋大学)を卒業した。1910年(明治43年)7月に三岐鉄道株式会社の創立委員長となる。藤原岳にセメントの原料となる石灰岩がある事に注目した浅野セメントと小野田セメントの2大企業が、原料の確保とセメント製品の陸上運搬のために鉄道敷設を計画し、「藤原鉄道」と「員弁鉄道」の2つをそれぞれ候補名にして鉄道敷設免許の申請を昭和2年度に三重県に提出した。地元四日市の有力者の伊藤伝七(伊藤傳七)の仲介によって両鉄道の構想が一本化されて、「三岐鉄道株式会社」と改称することが決定し、初代社長には伊藤伝七が就任した。1941年(昭和16年)5月に貴族院多額納税者議員に選出され、1947年(昭和22年)7月には三岐鉄道の社長となる。財界のその他の要職には東洋紡績株式会社の専務取締役を歴任。志摩電鉄社長となる。紡績産業の発展に貢献し、四日市市内の中小企業の育成にも尽力した。伊藤伝七 (11代目) フレッシュアイペディアより)

  • 渕上隆信

    渕上隆信から見た東洋紡東洋紡

    佐賀県生まれの長崎県育ち。1984年(昭和59年)3月、九州大学理学部化学科卒業。同年4月、東洋紡績株式会社に就職。以後数社の会社に転職し、1995年(平成7年)、行政書士・土地家屋調査士事務所を開業する。渕上隆信 フレッシュアイペディアより)

  • ミタス伊勢

    ミタス伊勢から見た東洋紡東洋紡

    敷地面積は約76,000m²。東洋紡績(東洋紡績伊勢工場)跡地の南側に広がっており、工場跡地北側には2012年1月4日に伊勢赤十字病院が開業した。ミタス伊勢 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口豊三郎

    谷口豊三郎から見た東洋紡東洋紡

    1931年(昭和6年)、東洋紡に吸収されるが取締役でのこり、1947年(昭和22年)に社長、1966年(昭和41年)に会長を歴任する。谷口豊三郎 フレッシュアイペディアより)

268件中 61 - 70件表示

「東洋紡」のニューストピックワード