268件中 71 - 80件表示
  • 福武電気鉄道デキ1形電気機関車

    福武電気鉄道デキ1形電気機関車から見た東洋紡東洋紡

    1975年(昭和50年)にデキ1は南越線へ転属した。これは南越線にて電気機関車代用として貨物列車牽引に用いられたモハ110形111が同年に事故廃車となったための措置で、以降デキ1は南越線五分市駅に隣接する東洋化成工業(現・東洋紡)武生工場および福井化学工業(現・レンゴー)武生工場を発着する貨物列車牽引運用に充当された。なお、デキ1の南越線転属に伴って福武線貨物列車用の電気機関車が不足したため、同年3月に遠州鉄道より東洋電機製造製の25 t級電気機関車1両(ED21形ED213)を借り入れた。ED213は同年8月に正式に福井鉄道へ譲渡され、デキ3の記号番号を付与して既存形式のデキ1形へ編入した。福武電気鉄道デキ1形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺純志

    渡辺純志から見た東洋紡東洋紡

    山口県立岩国高等学校から東洋紡績岩国に進むがチームが解散。1976年のドラフト5位で阪神タイガースに入団。1978年には、シーズン中盤に藤田平が一塁手に回り、遊撃手として榊原良行と併用され20試合に先発出場を果たす。翌1979年には真弓明信が遊撃手に定着したこともあり、二塁手、三塁手としても起用され、プロ初本塁打を含む2本塁打を放った。しかしその後は活躍の場に恵まれず、1981年オフに退団、引退した。渡辺純志 フレッシュアイペディアより)

  • 釜龍財閥

    釜龍財閥から見た東洋紡東洋紡

    明治初期以来、鉱工業への進出は著しく、商業主義と言われた益田孝でも三池炭鉱や神岡鉱山に進出した。中上川彦次郎の工業主義が急進的であったので、それとの対抗上、商業主義を強調した傾向がある。益田孝が鉱工業を軽視していたのではないもう一つの証拠は、三井合名理事長に團琢磨を選出し、芝浦製作所を三井の傘下に置いたことである。三井物産は、自ら三井船舶や三井造船を分離していく一方、海外からのノウハウをもとにして東洋レーヨンなどを起こして多角化していった。1895年(明治28年)の三井工業部は、『芝浦製作所』、『三重紡績所』、『名古屋製糸所』、『大崎製糸所』、『富岡製糸所』、『前橋絹糸紡績所』、『新町絹糸紡績所』の7つが直系傘下であった。三井は職工に対する教育を銀行等ホワイトカラーと同じように優遇した。この姿勢は武藤山治によって引き継がれ、職員層(ホワイトカラー)と工員層(ブルーカラー)を選別しない「経営家族主義」「温情主義」と呼ばれ、当時の官尊民卑風潮において先駆的な労働管理思想であった。釜龍財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 今堀辰三郎

    今堀辰三郎から見た東洋紡東洋紡

    愛知県名古屋市の三輪家に生まれ、今堀家を継いだ。1896年(明治29年)、日本薬学院を卒業。薬剤師試験に合格し、愛知県防疫官、愛知県衛生技師、東洋紡績株式会社嘱託、愛知薬学校(後の名古屋薬学専門学校、名古屋薬科大学。現在の名古屋市立大学薬学部)講師などを務めた。また日露戦争・シベリア出兵の際には陸軍薬剤官として従軍した。愛知県薬剤師会会長・名誉会長、名古屋売薬同業組合長、日本薬剤師会副会長などを歴任した。今堀辰三郎 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ歌謡

    ラジオ歌謡から見た東洋紡東洋紡

    ラジオ歌謡の成功は戦後次々開局した民放ラジオ局にも多大な影響を与え、大阪の朝日放送はラジオ歌謡に対抗し、呉羽紡績(現・東洋紡績)の協賛で民放版のそれともいえる“クレハ・ホームソング”を企画・制作した。ここからも「踊子」(三浦洸一)、「川は流れる」(仲宗根美樹)、「白いボール」(王貞治・本間千代子)、「ふるさとのはなしをしよう」(北原謙二)などの歌曲が生まれている。ラジオ歌謡 フレッシュアイペディアより)

  • 小松島町

    小松島町から見た東洋紡東洋紡

    小松島港は国の重要湾港で、南海フェリー・小松島フェリーによる阪神地方と連絡。徳島バス・小松島市営バスの各営業所があり、海陸交通の要衝。国道55号と徳島県道17号小松島港線は東西に走って、徳島市と県南地方を結んでいる。主として商業地として利用され、通称一条通り・二条通り・三条通りの商店街を形成し、中心部の旧東洋紡績小松島工場跡には徳島赤十字病院が建つ。小松島町 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学ラグビー部

    京都大学ラグビー部から見た東洋紡東洋紡

    平生三郎(CTB、日本代表選手、東洋紡副社長 / 甲南高)京都大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷ゆみ

    小谷ゆみから見た東洋紡東洋紡

    1988年の東洋紡キャンペーンガールであった。小谷ゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 松本重太郎

    松本重太郎から見た東洋紡東洋紡

    百三十銀行の蹉跌の原因は第一に、頭取松本が同行を自分が関係している事業の金融機関として利用したことにあった。また重太郎の考えにそって「人物の堅実にして、手腕と技量と共に優秀なりと認めた者には、その担保品の有無は敢えて甚だしく問う所なく、巨額の財を賃与したる」という人物本位の融資方針をとっていたといわれる。また同行は取引が「敏活」で大阪の商家には人気があったといわれる。しかし松本重太郎の企業者活動を通して、大阪紡績(現・東洋紡績)、南海鉄道(現・南海電鉄)、山陽鉄道(現・JR西日本)、日本火災保険(のちの日本火災海上保険、現損保ジャパン日本興亜ホールディングス/損害保険ジャパン日本興亜)、大阪麦酒(現・アサヒGHD/アサヒビール)など、松本がつくった企業はいまなお活躍を続けている。また百三十銀行を通じて行った融資によって発展の礎を築いた企業も少なくない。その意味で、松本重太郎はベンチャービジネスのエンジェルでもあった。百三十銀行の破綻後、松本は隠居し、その整理が済んだ後も、再び実業界には戻らなかった。豪壮な堂島の本邸を引き払い、上本町の仮宅に篭居したのち、出入りの大工が提供した住居で老後を送った。69歳で癌により死亡。松本重太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 人工心臓

    人工心臓から見た東洋紡東洋紡

    ニプロVAD:日本東洋紡・ニプロ NCBC(小型駆動装置)型もある。人工心臓 フレッシュアイペディアより)

268件中 71 - 80件表示

「東洋紡」のニューストピックワード