202件中 81 - 90件表示
  • 大谷一二

    大谷一二から見た東洋紡東洋紡

    大谷 一二(おおたに いちじ、1912年8月31日 - 2007年11月23日)は、兵庫県出身の元日本代表サッカー選手、東洋紡績元会長・名誉顧問。サッカー記者の大谷四郎は実弟。大谷一二 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た東洋紡東洋紡

    9月21日 - 紗川理帆、元タレント(2001年サッポロビール&東洋紡キャンペーンガール)1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋パルプ

    東洋パルプから見た東洋紡東洋紡

    そこで経営支援を、役員の一人であった伊藤忠兵衛経由で筆頭株主であった呉羽紡績(現・東洋紡)に依頼、1953年1月同社に経営権を全面的に委譲した。同社の支援の下企業体質の一貫としてクラフト紙への進出を計画、1954年10月に両更クラフト紙の生産を開始した。その後順次生産規模を拡大していく。1961年には愛媛県壬生川での新工場建設を発表するが翌年断念し、以降呉工場のみの一工場体制で運営されている。東洋パルプ フレッシュアイペディアより)

  • 9月20日

    9月20日から見た東洋紡東洋紡

    1886年 - 大阪紡績が夜間照明に日本の民間初の電灯となるアーク灯を使用。9月20日 フレッシュアイペディアより)

  • 加越能バス

    加越能バスから見た東洋紡東洋紡

    「小泉経由中田町線」:高岡駅前‐末広町‐本丸会館前‐中川‐野村‐大門口‐東洋紡庄川工場前‐大門中央‐大門庁舎前‐下条‐浅井農協前‐小泉‐下麻生北‐常国団地前‐中田町加越能バス フレッシュアイペディアより)

  • 越中大門駅

    越中大門駅から見た東洋紡東洋紡

    かつては日本電工北陸工場や東洋紡績庄川工場へ続く専用線もあったが、1980年代に廃止されている。越中大門駅 フレッシュアイペディアより)

  • タイヤ

    タイヤから見た東洋紡東洋紡

    東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)- 元東洋紡系、日中戦争(支那事変)期の1938年の発足であるが、太平洋戦争(大東亜戦争)期に幾度かの合併を経て現在の組織に至っている為か、いわゆる戦前3社には含まれていない。戦後の国産7社体勢の内、戦中戦後に発足した新興4社で唯一独立ブランドとして存続しているメーカーであるが、現在はトヨタ色濃厚で協力会社組織・協豊会に参加。タイヤ フレッシュアイペディアより)

  • 博物館明治村

    博物館明治村から見た東洋紡東洋紡

    三重紡績所(東洋紡の前身の1つ)の四日市工場で使用されていたもので、1893年にイギリスのプラット社から購入したもの。日本の近代産業史上貴重な資料として、1999年に国の重要文化財に指定されている。日本機械学会「日本の工作機械100選」認定。博物館明治村 フレッシュアイペディアより)

  • 高砂市

    高砂市から見た東洋紡東洋紡

    東洋紡 高砂工場・精密化学品研究所 - 旧・東洋化成工業。塗料原料の製造、化学製品材料の研究高砂市 フレッシュアイペディアより)

  • 村上正邦

    村上正邦から見た東洋紡東洋紡

    1932年、福岡県嘉穂郡に生まれる。1956年、拓殖大学政経学部卒業後、東洋紡を経て、生長の家本部に職員として入る。自由民主党参議院議員玉置和郎の秘書を通算14年務める。村上正邦 フレッシュアイペディアより)

202件中 81 - 90件表示