前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • 下出義雄

    下出義雄から見た東海カーボン東海カーボン

    電気製鋼所の事業の中で、常務の寒川恒貞は製鋼用電極の自給を考案し、東海電極製造株式会社(現・東海カーボン)の設立に動き始める。設立に際し義雄は名古屋の青年実業家の間を回って株式の募集を手伝い、1918年(大正7年)4月に同社が設立をみると初代社長寒川の下で常務取締役に就任した。下出義雄 フレッシュアイペディアより)

  • SGLカーボン

    SGLカーボンから見た東海カーボン東海カーボン

    人造黒鉛電極などの電極や等方性黒鉛、炭素繊維など、取り扱う分野は幅広く規模も日本の東海カーボンと並び世界大規模である。SGLカーボン フレッシュアイペディアより)

  • 人造黒鉛

    人造黒鉛から見た東海カーボン東海カーボン

    東海カーボン株式会社(旧、東海電極製造と東洋カーボン)人造黒鉛 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアルミニウム製錬

    日本のアルミニウム製錬から見た東海カーボン東海カーボン

    1926年6月15日、第1次若槻内閣の片岡直温商工大臣により、三井鉱山・三菱鉱業・住友鉱山・藤田鉱業・古河鉱業・大成化学の6社からなる「アルミニウム工業促進協議会」が設立された。片岡の「東京渡辺銀行が破綻した」との失言により若槻内閣は崩壊し、「アルミニウム工業促進協議会」は解散。1930年7月に「アルミニウム製造事業諮問委員会」として復活するが、その間に古河電工・東海電極・大成化学により「三社アルミニウム協議会」が設立された。三社アルミニウム協議会は日本アルミニウム・シンジケートを経て、日本アルミニウム株式会社に発展し、1936年11月より台湾の高雄でアルミ地金の生産を開始している。日本のアルミニウム製錬 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州工業地帯

    北九州工業地帯から見た東海カーボン東海カーボン

    化学:協和発酵バイオ山口事業所 防府、東海カーボン防府工場、北九州工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2015年3月

    訃報 2015年3月から見た東海カーボン東海カーボン

    3月8日 - 山崎博司、日本の実業家、元東海カーボン副社長(* 1936年)訃報 2015年3月 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎舎恒三

    川崎舎恒三から見た東海カーボン東海カーボン

    大正6 (1917)年 - 名古屋電燈(株)(現・中部電力)の顧問技師 寒川恒貞が福沢桃介社長の委嘱を受け, 電気炉製鋼の企業化を目指す。しかしながら電気炉製鋼の工業化を進める中で、電極材料の国産化の必要性を痛感し, 炭素工業事業に関する研究開発を進める。寒川の招きに応えて東海電極製造(現・東海カーボン (株)) の設立に参画するため, 川崎舎は高松から名古屋へ出てきた。昭和29(1954)年に亡くなるまでの36年間を名古屋の地で過ごした。参考文献もなく、見学する企業も少ない状況で、川崎舎は電極に関する海外文献を持ち帰った人を秋田県まで訪ねてその写しをとったり、新潟県と北海道の企業の電極を比較研究するなど苦労を重ねる。川崎舎恒三 フレッシュアイペディアより)

  • 大同大学

    大同大学から見た東海カーボン東海カーボン

    川崎舎恒三 - 大同機械製作所取締役社長, 東海電極(現東海カーボン)常務取締役大同大学 フレッシュアイペディアより)

  • 甘露寺受長

    甘露寺受長から見た東海カーボン東海カーボン

    受長の弟は東洋カーボン(現・東海カーボン)の監査役を務めた甘露寺方房であり、方房の妻は三菱財閥の3代目総帥・岩崎久弥の次女・澄子(澤田美喜の妹)である。甘露寺受長 フレッシュアイペディアより)

  • 専用鉄道

    専用鉄道から見た東海カーボン東海カーボン

    東海カーボン田ノ浦工場専用線 - 鹿児島本線肥後田浦駅分岐(1984年2月1日廃止)専用鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示

「東海カーボン」のニューストピックワード