1003件中 61 - 70件表示
  • 磁気浮上式鉄道

    磁気浮上式鉄道から見た岡崎市岡崎市

    1987年 - 日本 - 愛知県岡崎市の葵博覧会でHSST-03が運転された。磁気浮上式鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立岡崎東高等学校

    愛知県立岡崎東高等学校から見た岡崎市岡崎市

    愛知県立岡崎東高等学校(あいちけんりつ おかざきひがしこうとうがっこう)は、愛知県岡崎市に位置する県立高等学校である。通称は、岡東(おかとう)、東高(ひがしこう)、東(ひがし)など呼ばれている。愛知県立岡崎東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 花火

    花火から見た岡崎市岡崎市

    花火に関しては特に江戸での記録が多く残っているが、これ以外の地方で花火が製造されなかったわけではない。特に、外国と交易のあった九州と、長野、愛知などでは、江戸時代から花火が作られていた。特に、三河国岡崎地方(現在の愛知県岡崎市付近)は徳川家康の出身地ということで、火薬に関する規制が緩やかであり、江戸時代から町人が競って花火を製造した。現在も岡崎周辺におもちゃ花火問屋が多いのはこの名残だといわれる。これ以外の現在の花火の主な産地は長野県、新潟県、秋田県、茨城県で、徳川家にゆかりのある地方が多い。花火 フレッシュアイペディアより)

  • 足助街道

    足助街道から見た岡崎市岡崎市

    足助街道(あすけかいどう)とは、愛知県岡崎市の岡崎城下の能見口より東海道と分かれ、北上して岩津・桑原・松平を経て足助(現・愛知県豊田市)に至る街道である。足助街道 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県道336号蘭鍛埜線

    愛知県道336号蘭鍛埜線から見た岡崎市岡崎市

    愛知県道336号蘭鍛埜線(あいちけんどう336ごう あららぎかじのせん)は、愛知県豊田市から愛知県岡崎市に至る一般県道である。愛知県道336号蘭鍛埜線 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱自動車工業

    三菱自動車工業から見た岡崎市岡崎市

    乗用車技術センター(愛知県岡崎市)- 乗用車の研究・開発拠点、岡崎テストコース。三菱自動車工業 フレッシュアイペディアより)

  • 足助町 (豊田市)

    足助町 (豊田市)から見た岡崎市岡崎市

    信濃国への道筋である伊那街道(飯田街道)は中山道の脇往還として発達したが、伊那街道を軸に美濃国岩村方面へと向かう美濃街道、尾張国への伊保街道、岡崎に向かう七里街道(足助街道)へも通じる中継地であった足助は、古来より政治・軍事・交通の要衝ともなった。古代には信濃の黒曜石が運ばれ、戦国時代末期には小城下町と呼ぶにふさわしい町並みが形成されており、商家も出現していたようである。江戸時代に入り元禄期頃には宿場町・在郷町としての性格を強く帯びるようになり、足助町(あすけまち)を称するようになる。宿屋・問屋・馬宿・飲食店などが軒をつらねて人馬の著しい往来を支え、物流の多さと宿場の活況は伊那街道沿いにあって飯田に次ぐ規模を誇ったといわれるが、やがて幕末が近づくと、酒・味噌・紙・油を扱う生産的商人が登場し、中継商業基地としてのみならず地方小商業都市としての性格も帯びてくる。1878年(明治11年)には郡区町村編制法により東加茂郡が成立し、郡役場が置かれた足助は郡政の中心としての発展を見、繭・生糸・木材・竹材・薪炭などがここに集積する郡レベルでの地方経済・金融の拠点ともなったが、大正時代から昭和時代になるとさらに観光都市としての性格も加わるようになる。足助町 (豊田市) フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市立鳥川小学校

    岡崎市立鳥川小学校から見た岡崎市岡崎市

    岡崎市立鳥川小学校(おかざきしりつ とりかわしょうがっこう)は、かつて愛知県岡崎市にあった公立小学校。岡崎市立鳥川小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における市外局番の変更

    日本における市外局番の変更から見た岡崎市岡崎市

    ☆愛知県岡崎MAの一部→豊田MA、旧下山村が豊田市に編入されたための所属MAの変更。以後岡崎市・幸田町(岡崎MA)との相互通話時は各々市外局番が必要となる。日本における市外局番の変更 フレッシュアイペディアより)

  • 師範学校

    師範学校から見た岡崎市岡崎市

    1943年(昭和18年)の師範教育令により、高等師範学校は中学校と高等女学校の教員、女子高等師範学校は高等女学校の教員を養成することが定められた。1947年の学校教育法制定と1949年の国立学校設置法により、東京高師は文理大と合併し東京教育大学に、広島高師は広島女高師とともに広島文理大、旧制広島高校、旧制広島工専等と合併し広島大学に、東京・奈良両女高師は大学に昇格しそれぞれお茶の水女子大学と奈良女子大学に、金沢高師は金沢大学教育学部になった。また、岡崎高師は、戦災で岡崎市から豊川市に疎開後、岡崎市に戻ることなく、名古屋大学教養部(現・情報文化学部)の豊川分校になった(名古屋大学教育学部は戦後の新制大学発足時に改めて学部として新設されたもので、高師の系統を汲んでいない)。師範学校 フレッシュアイペディアより)

1003件中 61 - 70件表示

「東海・関東の記録的豪雨」のニューストピックワード