615件中 91 - 100件表示
  • 岡崎市

    岡崎市から見た永田安太郎

    永田安太郎(元衆議院議員、弁護士)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た細川成之

    岩津城を本拠とした国人領主松平氏第三代松平信光は、保久城主山下氏を滅ぼしたのち、井ノ口の砦を拠点として発生した額田郡一揆を幕府政所執事伊勢貞親被官として平定し力を伸ばした。応仁の乱では、三河への復権を狙う一色氏を、三河守護細川成之とともに破り、戦国時代に岡崎城や安祥城を獲得し、南部まで勢力を伸ばした。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た大西寛介

    大西寛介(元プロ野球選手)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た杉山新樹

    杉山新樹(画家、大学教授)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た大竹博吉

    大竹博吉(出版人、ソ連研究者、翻訳家)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た伊勢貞親

    岩津城を本拠とした国人領主松平氏第三代松平信光は、保久城主山下氏を滅ぼしたのち、井ノ口の砦を拠点として発生した額田郡一揆を幕府政所執事伊勢貞親被官として平定し力を伸ばした。応仁の乱では、三河への復権を狙う一色氏を、三河守護細川成之とともに破り、戦国時代に岡崎城や安祥城を獲得し、南部まで勢力を伸ばした。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た内田喜久

    内田喜久(元岡崎市長)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た加藤久仁彦

    加藤久仁彦(歌手、狩人のメンバー)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た徳川家光

    江戸時代に入ると、岡崎藩が立藩され、徳川家康誕生の地として別格の扱いを受けるようになった。家康の死に際しては、大樹寺の住職が立ち会い、死後大樹寺に位牌が納められた。第3代将軍の徳川家光は家康への尊敬心が強かったとされ、滝山東照宮の創建、伊賀八幡宮及び六所神社の改築などを行い、現在いずれも国の重要文化財となっている。東海道沿線には岡崎宿、藤川宿の2宿が置かれ、宿場町が栄えた。また、「五万石でも岡崎様は、お城下まで舟が着く」と謡われているように、矢作川と乙川の合流地点にある岡崎は水運の要衝であり、矢作川には当時としては日本最長の矢作橋が架けられる程であった。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た織田信長

    桶狭間の戦いで今川義元が戦死した後、第九代松平元康は、大樹寺で住職に諭されたのち、生誕の地岡崎城に戻って旧家臣団を再編成し、やがて今川氏から独立、徳川家康と改名する。以後織田信長の盟友として勢力を拡大した。1564年(永禄7年)には、針崎町の勝鬘寺等を拠点に起きた三河一向一揆を平定した 。武田信玄の侵攻に備えるため、1570年(元亀元年)に家康の拠点が浜松城に移ったのちも、岡崎城は長男松平信康(徳川信康)が城主を務めるなどし、長篠の戦いでは、岡崎城から出発した家康らが、片寄の天恩寺を経て長篠城に向かった。また、本能寺の変に伴う伊賀越えの際には、畿内から逃れた家康が岡崎城に帰還した。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

615件中 91 - 100件表示