615件中 111 - 120件表示
  • 岡崎市

    岡崎市から見た天白松嵐

    天白松嵐(画家、工芸家)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た水野忠之

    歴代岡崎藩主は全て名門譜代大名から選ばれ、老中を務めた水野忠之や松平康福、本多忠民など、江戸幕府の要職者を輩出した。歴代藩主が幕閣に入ったことや臨時課役による出費で、岡崎藩の財政は悪く、第6代藩主の水野忠辰が幽閉されるなど度々藩政の混乱を招いた。幕末に岡崎藩主を務めた本多忠民は、徳川家康の側近徳川四天王であった岡崎出身の本多忠勝系本多氏宗家第15代であったが、戊辰戦争で徳川方には付かず明治新政府軍に与したため、脱藩浪士との対立が起きた。最後の藩主となった次の本多忠直は、明治維新後岡崎藩知事を務めた。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た成良親王

    鎌倉時代には三河は関東御分国となり、三河守を務めた、季範の養子で頼朝の弟の源範頼が、上地八幡宮を創建した。鎌倉街道沿いの明大寺の地には矢作東宿(矢作宿)が設置され栄えた。また、滝山寺は初代将軍源頼朝の従兄弟が住職を務めるなどし、幕府の庇護を受けた。13世紀に藤原季範の玄孫にあたる足利氏宗家第三代足利義氏が、承久の乱の恩賞として額田郡を領有し、鎌倉幕府の三河守護等として矢作東宿に拠点を構えて以降、足利氏や、足利氏系氏族、足利氏家臣などが代々三河守護を務めた。足利氏系の細川氏及び仁木氏が現在の市内細川町及び仁木町にそれぞれ置かれたほか、吉良氏、一色氏、今川氏といった足利氏支流が西三河に分立されて足利氏の第二の拠点となった。1335年に中先代の乱の混乱の中足利直義が足利千寿王や成良親王とともに矢作に逃れ、1336年の矢作川の戦いでは、三河の足利一族が矢作東宿に集まった。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た新里亮

    新里亮(サッカー選手)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た宮市剛

    宮市剛(サッカー選手)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た石井綾

    石井綾(サッカー選手)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た本多忠勝

    歴代岡崎藩主は全て名門譜代大名から選ばれ、老中を務めた水野忠之や松平康福、本多忠民など、江戸幕府の要職者を輩出した。歴代藩主が幕閣に入ったことや臨時課役による出費で、岡崎藩の財政は悪く、第6代藩主の水野忠辰が幽閉されるなど度々藩政の混乱を招いた。幕末に岡崎藩主を務めた本多忠民は、徳川家康の側近徳川四天王であった岡崎出身の本多忠勝系本多氏宗家第15代であったが、戊辰戦争で徳川方には付かず明治新政府軍に与したため、脱藩浪士との対立が起きた。最後の藩主となった次の本多忠直は、明治維新後岡崎藩知事を務めた。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た太田一夫

    太田一夫(元衆議院議員)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た木村克美

    木村克美(分子科学者)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た足利義康

    古代の物部氏に代わり、中世になると藤原氏の勢力が当地でも伸長した。11世紀の平安時代後期に藤原南家の藤原季綱が三河守になると、一部の領土等を譲り受けた兄弟の藤原季兼が岡崎に移り住み、開発領主として荘園開発を進め勢力を伸ばした。額田冠者を名乗った季兼の子藤原季範の三女由良御前は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の母であり、季範の養女(実孫)は、足利氏宗家初代当主足利義康の妻である。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

615件中 111 - 120件表示