615件中 21 - 30件表示
  • 岡崎市

    岡崎市から見た東名高速道路

    岡崎市は愛知県の中央部にあり、中央高地に連なる美濃三河高原と岡崎平野の接点に位置する。中京圏の中心都市名古屋市から約35キロメートルの距離にあり、市内を東西に国道1号、南北に国道248号及び国道473号が通っている。また東名高速道路の岡崎インターチェンジや、2016年2月13日に開通した新東名高速道路の岡崎東インターチェンジといった広域交通網の拠点のほか、主要地方道等の愛知県道も多くあり、市内各所で渋滞が発生している。鉄道は市内を東西に抜ける東海道本線及び名鉄名古屋本線と、岡崎駅から豊田市、瀬戸市方面へ結び、春日井市で中央本線と接続する愛知環状鉄道線の計3路線、17駅が設置されている。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た国際石油開発帝石

    黒田直樹(元資源エネルギー庁長官、国際石油開発帝石代表取締役会長)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見たユニチカ

    戦後、モータリゼーションの流れに押され名鉄岡崎市内線、挙母線が廃線となるが、その後国鉄岡多線が開通し、トヨタ自動車の自動車輸送やユニチカ岡崎工場向けの原料輸送が行われた。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見たアピタ

    北野北口 - アピタ - 矢作橋駅 - 岡崎げんき館前 - 市民病院 - 中央総合公園岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た三菱自動車工業

    1970年(昭和45年)に三菱自動車工業が北野町に大規模な開発センター兼工場を設置するなど、岡崎市にも工業化の波が押し寄せてきた。それに伴い、康生地区への大型商業施設の進出も激化した。1971年(昭和46年)4月10日には「岡崎ショッピングセンター・レオ」(核店舗は松坂屋岡崎店)が、1972年(昭和47年)10月5日には「セントラルパークビル・セルビ」が、1973年(昭和48年)4月には「名鉄サンリバー」が完成。1977年(昭和52年)7月5日には「岡崎シビコ」(核店舗はジャスコ岡崎店)が開店した。その後、商業の中心地は康生から移り分散したものの、今日にいたる間に西三河地方屈指の商圏が形成され、同地方随一の商業都市として発展した。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た松坂屋

    鈴木正雄(実業家、元松坂屋社長・会長)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た西武百貨店

    イオンモール岡崎(イオン岡崎南店・岡崎西武岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た丸善

    小柳津要人(実業家、元丸善社長)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見たテレビ東京

    森田京之介(テレビ東京アナウンサー)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た名古屋鉄道

    明治の世になると、廃藩置県により岡崎藩が岡崎県となり、岡崎県、次いで額田県の県庁が置かれた。8世紀から伝わる伝統の三河木綿を引き継いだ水車動力のガラ紡、官営愛知紡績所が操業し、国鉄東海道本線、名鉄岡崎市内線、挙母線、名古屋本線が開通し、岡崎の近代化を一層促進した。岡崎は西三河の中心都市として栄え、西三河中から学生が集まる愛知県立第二中学校(現・愛知県立岡崎高等学校)、愛知第二師範学校(現・愛知教育大学)、岡崎町立高等女学校(現・愛知県立岡崎北高等学校)なども置かれた。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

615件中 21 - 30件表示