615件中 71 - 80件表示
  • 岡崎市

    岡崎市から見た足利直義

    鎌倉時代には三河は関東御分国となり、三河守を務めた、季範の養子で頼朝の弟の源範頼が、上地八幡宮を創建した。鎌倉街道沿いの明大寺の地には矢作東宿(矢作宿)が設置され栄えた。また、滝山寺は初代将軍源頼朝の従兄弟が住職を務めるなどし、幕府の庇護を受けた。13世紀に藤原季範の玄孫にあたる足利氏宗家第三代足利義氏が、承久の乱の恩賞として額田郡を領有し、鎌倉幕府の三河守護等として矢作東宿に拠点を構えて以降、足利氏や、足利氏系氏族、足利氏家臣などが代々三河守護を務めた。足利氏系の細川氏及び仁木氏が現在の市内細川町及び仁木町にそれぞれ置かれたほか、吉良氏、一色氏、今川氏といった足利氏支流が西三河に分立されて足利氏の第二の拠点となった。1335年に中先代の乱の混乱の中足利直義が足利千寿王や成良親王とともに矢作に逃れ、1336年の矢作川の戦いでは、三河の足利一族が矢作東宿に集まった。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た白井昭

    白井昭(実業家、元大井川鐵道副社長)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た北条早雲

    その後三河守護が置かれない状態となり、信光の後は、当初鴨田に分立されていた四代松平親忠が、井田野で挙母城主中条氏らを破り、鴨田の館跡に大樹寺を建立するなどした。五代松平長親は、三河に侵攻してきた今川氏親家臣の北条早雲を井田野で破ったとされる。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た近藤貞雄

    近藤貞雄(元プロ野球選手、監督)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た大宮龍男

    大宮龍男(元プロ野球選手、捕手)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た鈴木勝忠

    鈴木勝忠(日本文学研究者)岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た北原白秋

    作詞は北原白秋、作曲は山田耕筰であり、1937年6月29日に発表、1962年4月には条例によって正式に市歌と定められた。あまり歌われる機会はない。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た青山忠成

    足利氏族である細川氏、仁木氏、戸崎氏、また、鳥居氏、大久保氏、土井氏の発祥地、江戸幕府を開いた徳川家康や、その臣下で、半蔵門の由来となった忍者服部半蔵こと服部正成や、東京青山に名が残る老中青山忠成ら、多くの三河武士たちの生誕地として有名である。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た水野勝成

    1971年11月9日 親善都市提携 - 岡崎生まれの徳川家康と初代福山藩主・水野勝成の従兄弟関係と市制施行日がまったく同じ年月日でもある縁で締結。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎市

    岡崎市から見た物部守屋

    古墳時代には、当初安城周辺に比して小さな勢力しか存在しなかった。のちに大きな権力を有する豪族が現れ、4世紀後半には比較的大きな帆立貝形古墳である於新造古墳が西阿知和に作られ、4世紀末には、直径100メートル以上の、当時の三河地方では最大級となる甲山第1号墳が六供に作られた。また景行天皇皇子である五十狭城入彦皇子墓として宮内庁から治定されている和志山古墳などの前方後円墳も現れ、ヤマト王権勢力下となっていたことが伺われる。同じく景行天皇皇子であるヤマトタケルの東夷征伐に関わる伝承も、矢作神社の由緒など、市内に多く伝わる。飛鳥時代に入ると、6世紀に物部守屋の子・真福が願主となり三河最古寺院真福寺が築かれ、7世紀には物部氏氏寺とされる巨大古代寺院北野廃寺が建立された。また同時期に岩津古墳群も作られた。702年(大宝2年)には、持統天皇が壬申の乱の功労をねぎらうため村積山を訪れたが、同山山頂にも物部氏建立と伝わる村積神社が鎮座する。岡崎市 フレッシュアイペディアより)

615件中 71 - 80件表示