3223件中 11 - 20件表示
  • 名古屋鉄道の車両形式

    名古屋鉄道の車両形式から見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    1990年代以降は、それらに加えて経済情勢の変化やJR東海の攻勢により、一層の合理化・効率化を余儀なくされた。利用率の高い路線は異端車両を整理し、利用率が低い路線では縮小・廃止が行われ、その種類は21世紀初頭と比べても激減している。特に非電化・600V区間の路線を全廃したことにより、前述の特徴ある車両が姿を消し、加えて2006年に名鉄が発表した車両置換計画が完了すれば、残る車両を大分類すると特急車(特別車)・一般通勤車(18.5m級3扉車)・地下鉄直通車(20m4扉車)の3種となり、他の大手私鉄と違った希有な車種が見られるわけではなくなるが、特急車の一部特別車(特別車 + 一般車)固定編成は、名鉄の独自性が最もよく顕れていると言える。名古屋鉄道の車両形式 フレッシュアイペディアより)

  • チャオ御岳スノーリゾート

    チャオ御岳スノーリゾートから見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    JR東海:中央本線木曽福島駅-おんたけ交通:チャオスノーリゾート線チャオ御岳スノーリゾート フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄特急史

    近鉄特急史から見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    JRとなった今では、JR東海の東海道新幹線や在来線である関西本線・紀勢本線・参宮線と伊勢鉄道伊勢線を通って名古屋駅 - 鳥羽駅間を結ぶ快速列車「みえ」、さらにJR西日本が「アーバンネットワーク」の一環として運行する「大和路快速」・「みやこ路快速」位のものとなっているが、かつてはもっと多くの路線でそれを行っていた。その概略を系統ごとに示すと下記のようになる。近鉄特急史 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアール東海商事

    ジェイアール東海商事から見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    ジェイアール東海商事株式会社(ジェイアールとうかいしょうじ、)は、愛知県名古屋市中村区に本社を置く東海旅客鉄道(JR東海)の子会社(連結子会社)。ジェイアール東海商事 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急ロマンスカー

    小田急ロマンスカーから見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    小田急ロマンスカー(おだきゅうロマンスカー、ODAKYU ROMANCECAR)は、小田急電鉄が運行する特急列車および特急車両の総称である。列車により箱根登山線や東京地下鉄(東京メトロ)千代田線へ直通、もしくは東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線と直通運転する。また、「ロマンスカー」は小田急電鉄の登録商標である(ロマンスカーの記事も参照)。小田急ロマンスカー フレッシュアイペディアより)

  • 台湾高速鉄道

    台湾高速鉄道から見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    車輌など日本の新幹線技術(JR東海・JR西日本共同)を投入したため、日本のみならず台湾においても「台湾新幹線」と呼ばれることもある(高雄捷運の日本語車内放送等)。日本の新幹線とシステムは一部異なるが、車両が700系の改良型の700T型である点などから、日本の新幹線とほとんど同じに見える(後述の「特徴」を参照)。台湾高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事業者

    鉄道事業者から見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道(東証一部、名証一部)鉄道事業者 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道と政治

    鉄道と政治から見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    1995年に「ふじかわ」が特急化される際に所要時間短縮を目的とした停車駅の整理が行われ、身延駅以北については速達便以外はほぼ現状維持なのに対しそれ以南については途中停車駅を清水駅・富士駅・富士宮駅に絞り、その他の急行停車駅は特急化の際は全列車通過が検討されていた。しかし山梨県内で唯一全通過とされた内船駅のある南部町と町営バスで接続していた富沢町がそれを知るや通過反対運動を展開。当時の小沢介三南部町長が東海旅客鉄道に出向き停車の陳情を行うなどした結果、方針を改め内船駅についても速達便を除き停車することになった。その後内船駅は1999年に無人化されたが停車は維持され、2006年のダイヤ改正で停車駅の整理が行われた際全列車が停車となった。なお、南部町と富沢町は2003年に合併し南部町(新)となっている。鉄道と政治 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎重工業車両カンパニー

    川崎重工業車両カンパニーから見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    工場から直接鉄道車両専用のトレーラーを使って鉄道事業者の受け取り設備まで道路輸送、地元警察の許可を得て真夜中に各事業者の車両基地まで運搬される。東海旅客鉄道(JR東海)発注の新幹線車両の鳥飼車両基地への輸送、山陽電気鉄道・神戸電鉄・京阪電気鉄道・大阪市交通局への新造車輸送がこの方法で行われている。川崎重工業車両カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 通勤形車両 (鉄道)

    通勤形車両 (鉄道)から見た東海旅客鉄道東海旅客鉄道

    なお、東海旅客鉄道(JR東海)や四国旅客鉄道(JR四国)には2017年現在、4ドアの通勤形車両が存在しない(4ドアに限定すればJR北海道も含まれる)。ともに線路容量が新型車両などにより増加したことにより混雑が緩和されたことが一因とされる。JR東海の場合、国鉄末期に中央西線名古屋駅 - 中津川駅間での混雑緩和のために103系が導入されていた。同系列の置き換えはともに近郊形車両であるが、3扉ロングシートの211系5000番台および3扉転換クロスシートの313系が使用されている。これは名古屋都市圏での高速化・高規格ダイヤ化に伴うものであるが、103系の運用離脱に伴いJR東海では現在営業車両として正式な「通勤形車両」(4ドアロングシート車)というのは存在していない。電化区間が予讃線高松駅 - 伊予市駅間および土讃線多度津駅 - 琴平駅間と想定される都市圏としては高松都市圏および松山都市圏で、電車化による速達化・フリークェンシー化に伴う混雑緩和を行っているが、同社でも4扉ロングシートの車両は存在していない。なお、気動車では両社とも国鉄時代から3扉ロングシートのキハ35系が配置されていたが、JR発足後早期に淘汰されている。通勤形車両 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

3223件中 11 - 20件表示

「東海旅客鉄道」のニューストピックワード