267件中 71 - 80件表示
  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た日本国有鉄道

    東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、)は、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つである。略称はJR東海(ジェイアールとうかい)、英語略称はJR Central。コーポレートカラーはオレンジ色。乗車券などには「海」の略号が使われる。本社は愛知県名古屋市。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た新幹線メンテナンス東海

    運輸系の制服の腕章には会社名「CENTRAL JAPAN RAILWAY COMPANY」と「STATION STAFF(駅係員)」「TRAIN CREW(乗務員)」「FIELD STAFF(内勤業務者・指令員等)」「SUPERVISOR(助役等)」「STATION MASTER(駅長)」「TRAIN CREW MANAGER(運輸区長、運輸所長)」といった職名(一般用の夏服は腕章ではなく名札の下)、また優等用制服であればシンボルであるリンドウの刺繍が施されている。その下に主任以上には、職名に応じたリンドウを形取った階級章も施される(主任は2つ、助役等は3つ、駅長・運輸区所長等は4つ)。 なお、関連会社である新幹線メンテナンス東海、東海交通事業、関西新幹線サービック各社のうち、運輸部門に携わる社員は類似した制服を着用しているが、会社名と職名に関わる部分は省略しているか、各社独自のものを着用している。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見たJR

    営業エリアは東海道新幹線および12線区ある東海地方の在来線であり、営業キロ数は四国旅客鉄道(JR四国)に次いで短い。鉄道部門の収益のうち約85%を東海道新幹線が占めており、在来線の運輸収入は東海道新幹線の1割にも満たない。全収益に占める割合・設立経緯に加え、本社があり人口の多い名古屋近郊地域(愛知県・岐阜県・三重県)ではマイカー普及率が全国でも上位クラスにあるのに加えて並行私鉄(名古屋鉄道・近畿日本鉄道)との競合や優等列車はその多くがJR他社に直通しなければならないことから、在来線に関しては採算のとりにくい環境にある。新幹線に関しても、首都圏や関西圏など在来線基準でJR他社エリアに属する地域も経由するため、品川駅などの新駅建設などの際には自由に身動きが取れないことも多い。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た私鉄

    営業エリアは東海道新幹線および12線区ある東海地方の在来線であり、営業キロ数は四国旅客鉄道(JR四国)に次いで短い。鉄道部門の収益のうち約85%を東海道新幹線が占めており、在来線の運輸収入は東海道新幹線の1割にも満たない。全収益に占める割合・設立経緯に加え、本社があり人口の多い名古屋近郊地域(愛知県・岐阜県・三重県)ではマイカー普及率が全国でも上位クラスにあるのに加えて並行私鉄(名古屋鉄道・近畿日本鉄道)との競合や優等列車はその多くがJR他社に直通しなければならないことから、在来線に関しては採算のとりにくい環境にある。新幹線に関しても、首都圏や関西圏など在来線基準でJR他社エリアに属する地域も経由するため、品川駅などの新駅建設などの際には自由に身動きが取れないことも多い。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た鉄道事業者

    東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、)は、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つである。略称はJR東海(ジェイアールとうかい)、英語略称はJR Central。コーポレートカラーはオレンジ色。乗車券などには「海」の略号が使われる。本社は愛知県名古屋市。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た名古屋港

    その他の事業では1999年に開業した名古屋駅直上のJRセントラルタワーズが代表的である。「世界一高い駅ビル」としてギネス・ワールド・レコーズにも掲載された。名古屋マリオットアソシアホテル・ジェイアール名古屋タカシマヤ・オフィスが入居する超高層ビルで、名古屋のランドマークとなっている。近年では須田寛(元社長、現相談役)の提唱による鉄道博物館の計画も発表され、2008年4月15日に当時の社長の松本正之が記者会見で名古屋港金城ふ頭に建設することを発表し、「リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜」として2011年3月14日に開館した。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見たエクスプレス予約

    2006年度の旅客運輸収入は1兆1,470億円で、うち32.5%がJR東日本、22.3%がJR西日本の窓口(旅行代理店含む)で発売されたものである。JR各社間の取り決めでは自社区間の乗車券類を他社の窓口で売った場合に発売額の5%を手数料として支払うことになっており、JR東海は年間約300億円の手数料をJR他社に支払っている。JR東日本が大多数の駅を抱えている首都圏とJR西日本が大多数の駅を抱えている京阪神圏を結んでいる東海道新幹線で、会員制(年会費が必要)の新幹線予約サービス「エクスプレス予約」やその姉妹サービスの「プラスEX」の利用を促進する背景には、こうした事情もある。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見たのぞみ (列車)

    またJR西日本とは発足当時から東海道新幹線と山陽新幹線で一体的な運行を行っていることからか、前述の「エクスプレス予約」拡大のほか、700系以降の新幹線車両の共同開発、東海 - 中国・九州地区との新幹線割引券(のぞみ早特往復きっぷ)の発売など、協業の度合いが強まっている。JR西日本とは寝台電車(285系)も共同開発している。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た品川駅

    営業エリアは東海道新幹線および12線区ある東海地方の在来線であり、営業キロ数は四国旅客鉄道(JR四国)に次いで短い。鉄道部門の収益のうち約85%を東海道新幹線が占めており、在来線の運輸収入は東海道新幹線の1割にも満たない。全収益に占める割合・設立経緯に加え、本社があり人口の多い名古屋近郊地域(愛知県・岐阜県・三重県)ではマイカー普及率が全国でも上位クラスにあるのに加えて並行私鉄(名古屋鉄道・近畿日本鉄道)との競合や優等列車はその多くがJR他社に直通しなければならないことから、在来線に関しては採算のとりにくい環境にある。新幹線に関しても、首都圏や関西圏など在来線基準でJR他社エリアに属する地域も経由するため、品川駅などの新駅建設などの際には自由に身動きが取れないことも多い。東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た出雲 (列車)

    サンライズ出雲(一部はJR西日本)東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

267件中 71 - 80件表示

「東海旅客鉄道」のニューストピックワード