55件中 11 - 20件表示
  • 東海東京証券

    東海東京証券から見た浜銀TT証券

    2008年(平成20年)5月 - 横浜銀行と提携して浜銀TT証券を設立。(横浜支店を除く神奈川県内6支店を譲渡。その後、2012年に横浜支店を浜銀TT側の本店と統合)東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見た三井住友海上火災保険

    その後、セントラルファイナンス(現:セディナ)と同様に、中部地区に強い人脈を持ってグループからの独立志向を一層強め、2004年(平成16年)5月に、三井住友海上火災保険との資本提携および業務提携がなされ、同社が東海東京証券の大株主(議決権の10%弱)となった。東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見た地方銀行

    2007年(平成19年)7月 - 山口フィナンシャルグループと提携して地方銀行と証券会社の共同出資による日本初の証券会社であるワイエム証券を設立。(下関と広島の2支店を譲渡)東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見たトヨタファイナンシャルサービス証券

    2010年(平成22年)4月1日には、本社を東京・日本橋の日本橋フロントから、名古屋市のミッドランドスクエアに移転した。同月5日には、トヨタファイナンシャルサービス証券株式会社を吸収合併。5月6日には、福岡支店における証券業について会社分割を実施し、西日本シティTT証券株式会社に承継させて、西日本シティ銀行との合弁会社とした。東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見た東海銀行

    2000年(平成12年)10月、東京証券(元々は日興證券系)と東海丸万証券(旧東海銀行系)が合併して発足した。かつては東海銀行(その後UFJ銀行、現:三菱東京UFJ銀行)が筆頭株主(議決権の12.6%強)であったが、UFJホールディングス発足後は系列証券会社が弱かった旧三和銀行が証券業務で主導権を握るべくグループ証券会社統合に組み入れなかったことから、2003年(平成15年)11月に、自己株式の買取を行ったため、同銀行との資本関係は大幅に希薄となっている(議決権の4%強)。東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見た西日本シティ銀行

    2010年(平成22年)4月1日には、本社を東京・日本橋の日本橋フロントから、名古屋市のミッドランドスクエアに移転した。同月5日には、トヨタファイナンシャルサービス証券株式会社を吸収合併。5月6日には、福岡支店における証券業について会社分割を実施し、西日本シティTT証券株式会社に承継させて、西日本シティ銀行との合弁会社とした。東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見たワイエム証券

    2007年(平成19年)7月 - 山口フィナンシャルグループと提携して地方銀行と証券会社の共同出資による日本初の証券会社であるワイエム証券を設立。(下関と広島の2支店を譲渡)東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見たホームページ

    自社のホームページ内に女性向け投資情報サイト「乙女のお財布」を設けており、女性投資家の応援にも力を入れている。東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見た名古屋証券取引所

    1990年(平成2年) - 東京証券が、名古屋証券取引所第1部に上場。丸万証券が、東京証券取引所第1部・大阪証券取引所第1部に指定換え。東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

  • 東海東京証券

    東海東京証券から見た下関市

    2007年(平成19年)7月 - 山口フィナンシャルグループと提携して地方銀行と証券会社の共同出資による日本初の証券会社であるワイエム証券を設立。(下関と広島の2支店を譲渡)東海東京証券 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「東海東京フィナンシャル・ホールディングス」のニューストピックワード