58件中 31 - 40件表示
  • 東海林のり子

    東海林のり子から見た事件レポーター

    ワイドショー内でも特に事件レポーターとしても活躍。そのレポートぶりは、ナンシー関をして「(凄惨な事件の現場や被害者の葬儀会場にて)悲しそうな表情で、涙を流しているにもかかわらず、声は鼻声にならず普段通りである。素晴らしいプロ技だ」と言わしめたほど。「現場の東海林です」というフレーズでお馴染みだが、「現場の東海林がお伝えしました」というバージョンも存在する(こちらはバラエティ番組でのみ使用)。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見たTBSテレビ

    1989年(平成元年)、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件で宮崎勤が逮捕された直後に行われたコミックマーケット36において、「TBSの番組でコミックマーケットのレポートに訪れた東海林が、10万人を超える参加者を背に『ここに10万人の宮崎勤がいます!』と発言した」と語られることがある。しかし、実際にそのシーンを収めた動画は2017年現在確認されておらず、東海林本人も「言っていません、言うはずがありません」と明確に否定している。また、当時東海林がレポートを担当していたのはフジテレビのおはよう!ナイスデイである。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見たワイドショー

    大学卒業後の1957年、ニッポン放送入社。1971年(昭和46年)退社し、以後はフリーランスの芸能リポーターとして多くのワイドショーに出演。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見た東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

    1989年(平成元年)、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件で宮崎勤が逮捕された直後に行われたコミックマーケット36において、「TBSの番組でコミックマーケットのレポートに訪れた東海林が、10万人を超える参加者を背に『ここに10万人の宮崎勤がいます!』と発言した」と語られることがある。しかし、実際にそのシーンを収めた動画は2017年現在確認されておらず、東海林本人も「言っていません、言うはずがありません」と明確に否定している。また、当時東海林がレポートを担当していたのはフジテレビのおはよう!ナイスデイである。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見た3時のあなた

    3時のあなた(フジテレビ) ※この番組で事件レポーターとなり現在の地位を確立。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見たバンド (音楽)

    X JAPAN、LUNA SEA、GLAY、ペニシリンなど、音楽バンドの熱狂的なファンとしても知られ、ロック音楽への造詣も深い。インディーズのバンドのライブにも足繁く通っており、「ロックの母(ロッキンママ)」の異名も持っている。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見た小川宏ショー

    小川宏ショー(フジテレビ) ※この番組がテレビ初仕事である。最初はナレーター、のちにレポーターに。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見たバラエティ番組

    ワイドショー内でも特に事件レポーターとしても活躍。そのレポートぶりは、ナンシー関をして「(凄惨な事件の現場や被害者の葬儀会場にて)悲しそうな表情で、涙を流しているにもかかわらず、声は鼻声にならず普段通りである。素晴らしいプロ技だ」と言わしめたほど。「現場の東海林です」というフレーズでお馴染みだが、「現場の東海林がお伝えしました」というバージョンも存在する(こちらはバラエティ番組でのみ使用)。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見たストリーム (TBSラジオ)

    ストリーム水曜(TBSラジオ 元現場クイズ担当)東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

  • 東海林のり子

    東海林のり子から見た埼玉県立浦和第一女子高等学校

    東海林 のり子(しょうじ のりこ、旧姓:青羽 のり子(あおば のりこ)、1934年5月26日 - )は、日本の芸能リポーター。元ニッポン放送アナウンサー(ニッポン放送の第3期アナウンサー)。埼玉県浦和市(現在のさいたま市)生まれ。埼玉県立浦和第一女子高等学校、立教大学文学部英文学科卒業。東海林のり子 フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「東海林のり子」のニューストピックワード

  • 爆報!THEフライデー

  • J−WAVE

  • GENERATION TO GENERATION〜STORIES OF OKINAWA〜