92件中 21 - 30件表示
  • ゼロ金利政策

    ゼロ金利政策から見た東亜燃料工業東燃ゼネラル石油

    1999年(平成11年)末には、アメリカのITバブルの波及で日本にも急速な景況改善が見えてきた。翌春にはITバブルは崩壊したが、しばらく日本経済の小康状態が続いたことなどから、2000年(平成12年)8月11日の金融政策決定会合でゼロ金利政策は解除が決定された。解除案の採決では9人の政策委員の内賛成7、反対2という結果だった(反対したのは元東亜燃料工業社長の中原伸之と東大教授の植田和男)。日銀がデフレ懸念は払拭されたとしていた一方で、政府や日銀の外部では時期尚早という見解が大半であった。金融政策決定会合では政府代表が議会の延期を求める事態となり、解除を前に市場は一時混乱した。ゼロ金利政策 フレッシュアイペディアより)

  • 中原伸之

    中原伸之から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    東京都出身。麻布高校を経て、東京大学経済学部卒業後、1959年ハーバード大学大学院修士課程修了(MA in Economics)。同年、父・延平が社長を務めていた東亜燃料工業に入社し、自身も1986年から代表取締役社長を務めた。中原伸之 フレッシュアイペディアより)

  • 緑が丘町 (三木市)

    緑が丘町 (三木市)から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    町内にはないが、1998年まではゼネラルや、2006年10月31日まではコスモ石油が立地していた。緑が丘町 (三木市) フレッシュアイペディアより)

  • 東燃

    東燃から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    東燃 フレッシュアイペディアより)

  • NUC (企業)

    NUC (企業)から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    ポリエチレンやエラストマーなどを製造する化学メーカーで、かつては東燃化学(東燃ゼネラル石油グループ)が50%、ユニオンカーバイド(ダウ・ケミカル100%子会社)も50%と対等出資による合弁企業であったが、2013年7月に東燃ゼネラル石油グループの完全子会社となり、2014年1月に日本ユニカー株式会社から現社名に変更した。NUC (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 無我利道場

    無我利道場から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    1973年、東亜燃料工業(後の東燃ゼネラル石油)による石油備蓄基地を宇検村の技手久島に建設する計画が持ち上がり、村を二分する対立が勃発した。1975年、ヒッピーYがこの問題に関心を持ち、基地反対派のリーダーであったNとHの勧めで村内の集落に入植することになった。そこへ仲間のヒッピー達も入植し共同生活を始め、この共同体(コミューン)を「無我利道場」と命名した。「無我利」という漢字は当て字で、「憤る(むづかる)」を意味する奄美方言の「ムガル・ムガリ」が由来であるが、転用されて「偏屈者」も指す。無我利道場 フレッシュアイペディアより)

  • MOCマーケティング

    MOCマーケティングから見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    MOCマーケティング合同会社(えむおーしーまーけてぃんぐ)は、かつて存在した石油卸売会社。東燃ゼネラル石油(現・JXTGエネルギー)の子会社であった。MOCマーケティング フレッシュアイペディアより)

  • 八城政基

    八城政基から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    1964年(昭和39年) - エッソ石油株式会社(のちエクソンモービル有限会社→EMGマーケティング合同会社→東燃ゼネラル石油株式会社。現・JXTGエネルギー株式会社)取締役八城政基 フレッシュアイペディアより)

  • 極東石油工業

    極東石油工業から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    極東石油工業合同会社(きよくとうせきゆこうぎよう)は、かつて存在した東燃ゼネラル石油グループ(現・JXTGグループ)の企業。京葉工業地域に製油所を持ち、東燃ゼネラル石油(現・JXTGエネルギー)の子会社であるEMGマーケティング(後に東燃ゼネラル石油に吸収合併)にガソリン等の燃料油を、隣接する三井化学市原工場にナフサ等の石油化学原料を供給していた。極東石油工業 フレッシュアイペディアより)

  • 東亜丸 (飯野海運)

    東亜丸 (飯野海運)から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    アメリカ軍の徴傭解除後、飯野海運ではスタンダード・ヴァキュームおよび東亜燃料工業と提携し、両社向けの原油輸送にあたることとなった。「東亜丸」がこの輸送に起用されることとなり、昭和25年11月20日に神戸を出港してサウジアラビアのに向かった。その後も「東亜丸」は1956年(昭和31年)までの間にペルシア湾との間を30航海、北アメリカとの間を5航海行い、日本を介さない三国間輸送も9航海行った。「東亜丸」は昭和31年9月に系列会社の内外海運に売却され、以後も飯野海運の傭船として石油輸送を行っていたが、1962年(昭和37年)10月にアラビア船主に売却、以後の消息は不明である。東亜丸 (飯野海運) フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示