92件中 31 - 40件表示
  • JXTGエネルギー和歌山製油所

    JXTGエネルギー和歌山製油所から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    JXTGエネルギー和歌山製油所(ジェイエックスティージーエネルギーわかやませいゆじょ)は、和歌山県有田市にあるJXTGエネルギーの製油所である。東燃ゼネラル石油時代は和歌山工場という事業所だった。JXTGエネルギー和歌山製油所 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タム4000形貨車

    国鉄タム4000形貨車から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    落成当時の所有者は、三井物産、成沢精油所、昭和石油、出光興産、ゼネラル物産、大協石油、東京貿易、歴世砿油、日本石油であった。国鉄タム4000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • スタンダード・オイル

    スタンダード・オイルから見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    東燃ゼネラル石油(現:JXTGエネルギー) - 旧東燃は前者(エッソ)、旧ゼネラル石油は後者(モービル)と提携スタンダード・オイル フレッシュアイペディアより)

  • JXTGエネルギー麻里布製油所

    JXTGエネルギー麻里布製油所から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    2017年(平成29年)4月1日 - JXエネルギーが東燃ゼネラル石油を吸収合併しJXTGエネルギーに商号変更。JXTGエネルギー麻里布製油所 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タラ1形貨車

    国鉄タラ1形貨車から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    落成時の所有者は、中野興業、日本石油の2社だけであったが、その後中野興業所有車は石油配給、帝国石油、共同企業、日本原油輸送→日本石油運送(その後日本石油輸送へ改名)、出光興産、栄企業、東亜燃料工業、日本鉱業(その後共同石油へ改名)へ名義変更が行われた。国鉄タラ1形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 松本高等学校 (旧制)

    松本高等学校 (旧制)から見た東燃東燃ゼネラル石油

    降旗三七男 - 東亜燃料工業社長松本高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 淺川組

    淺川組から見た東亜燃料工業東燃ゼネラル石油

    昭和16年(1941) 東亜燃料工業和歌山工場建設工事受注淺川組 フレッシュアイペディアより)

  • モービル (ブランド)

    モービル (ブランド)から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    日本では、モービル石油、エクソンモービル日本法人、EMGマーケティング、東燃ゼネラル石油を経て、2017年4月時点ではJXTGエネルギーが運営するブランドのひとつとなっている。JXTGエネルギーは旧・ジャパンエナジーを吸収合併後、同社のJOMOブランドを新日本石油が社名変更する前の日石三菱時代に発足したENEOSブランドに一本化した経緯があるが、旧・東燃ゼネラルの他のブランドであるゼネラル・Essoを含め、今後はどれかひとつに統合するとしている。。また、エッソ石油との統合まで概ねエッソの1.5倍の店舗数を有していたが統合後の新規出店や既存店のリニューアルオープンはエッソブランドでの出店であったため2017年7月時点で1004店舗でありエッソの6割程度となっていた。モービル (ブランド) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ3000形貨車

    国鉄タキ3000形貨車から見たゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    本形式の所有者は、米国陸軍輸送隊、日本石油輸送、日本陸運産業、JXエネルギー、出光興産、九州石油、ゼネラル石油、内外輸送、日本化学肥料、日本陸運産業、三井物流、三菱石油である。国鉄タキ3000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ2100形貨車

    国鉄タキ2100形貨車から見た東燃ゼネラル石油東燃ゼネラル石油

    落成時の所有者はゼネラル物産、出光興産、日本石油、三菱石油、日本石油運送(現在の日本石油輸送)、日本漁網船具、シェル石油、歴世砿油、丸善海運、昭和石油、アジア石油、日本陸運産業の12社であった。国鉄タキ2100形貨車 フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示