296件中 91 - 100件表示
  • 殿様のフェロモン

    殿様のフェロモンから見た東野幸治東野幸治

    また、内容がバラエティよりもエロに傾いていったこともあり、最終回のエンディングではMCのひとりであった女優の常盤貴子が「もうバラエティに出る事はない」と発言していた。しかし1995年1月1日に、『殿様のフェラーリ』として1日だけ復活した際は、当時すでに多くの連続ドラマで活躍していたにもかかわらず、今田耕司、東野幸治らと共に再び司会を務めている。殿様のフェロモン フレッシュアイペディアより)

  • ウンナンのホントコ!

    ウンナンのホントコ!から見た東野幸治東野幸治

    東野幸治(ロマン東野シリーズ、トキワ荘担当)ウンナンのホントコ! フレッシュアイペディアより)

  • くらなり

    くらなりから見た東野幸治東野幸治

    中学時代に同級生とコンビを結成し初めて受けたオーディションで合格。MCを務める東野幸治からヒガシノリ賞を贈られた(『お笑いポポロ』より)。くらなり フレッシュアイペディアより)

  • Bコース

    Bコースから見た東野幸治東野幸治

    椿鬼奴に気に入られている(東野幸治曰く「しんじを降ろしてキュートンに入れたいんちゃう」)。Bコース フレッシュアイペディアより)

  • ぴったし カン・カン

    ぴったし カン・カンから見た東野幸治東野幸治

    番組終了から4年後の1990年5月、同じくTBSの『いきなり!クライマックス』で本番組の復刻企画が行われた。この回の企画には、番組終了時の出演者である吉田照美や藤村俊二が出演した。さらに5年後の1995年4月には『春の久米宏スペシャル カン・カンぴったし'95』と題しての単独スペシャルが放送されたが、萩本と坂上はこの特番には出演しなかった。での復活企画は、司会:永井美奈子、解答者:今田耕司、東野幸治、ゲスト:和田アキ子とオリジナルメンバーのいない状態で行われたが、2000年12月30日にTBSの『38時間テレビ(SAMBA・TV)』で行われた復活企画には、萩本と坂上がキャプテンとして、藤村が解答者として出演した。その他の出演者は司会:福留功男、スペシャルパーソナリティ:モーニング娘。、ゲスト:田村亮子。ぴったし カン・カン フレッシュアイペディアより)

  • しっぽまでアンコ!

    しっぽまでアンコ!から見た東野幸治東野幸治

    1989年4月から同時間帯で放送されていた『5時からテレビ』がわずか1か月で終了し、テーマトーク中心の内容からバラエティへと戻す形で本番組がスタートした。『素敵!KEI-SHU5』時代から司会を務めていた圭・修に東野幸治が加わり、さらに村上ショージや桂小枝などがレギュラーに加わった。一発ギャグ対決もあった。しっぽまでアンコ! フレッシュアイペディアより)

  • ラジオDEごめん

    ラジオDEごめんから見た東野幸治東野幸治

    東野幸治、金子恵実 - 1989年4月から同年9月まで担当。ラジオDEごめん フレッシュアイペディアより)

  • カタモミ女子

    カタモミ女子から見た東野幸治東野幸治

    2015年頃にはメンバーを8人に固定。3月にメンバー6人が卒業するが、平塚由佳、潮田ひかるが残留。その模様は2015年7月5日にフジテレビ「ザ・ノンフィクション」で取り上げられ、 東野幸治が2015年一番面白かったと絶賛した。カタモミ女子 フレッシュアイペディアより)

  • 見知らぬ関西新発見!みしらん

    見知らぬ関西新発見!みしらんから見た東野幸治東野幸治

    ABCテレビでは、2014年4月5日から、土曜日の9:30 - 11:00に関西ローカルで生放送番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』を開始。メインキャスター・東野幸治のアシスタントを、斎藤が務めることになった。見知らぬ関西新発見!みしらん フレッシュアイペディアより)

  • 吉田ヒロ

    吉田ヒロから見た東野幸治東野幸治

    吉本新喜劇入団後もダウンタウンファミリーとして、ダウンタウンの番組に今田耕司、東野幸治、木村祐一、130Rらと共にレギュラーで出演する事が多く、そのメンバーの中でも中高生の女子から圧倒的な人気を得ていた。観覧収録番組においては、1人1人が何かを発表する際、ヒロの順番になると黄色い声援が飛び交い、アイドルのような存在となっていた。ダウンタウンが東京での活動を増やして行く中で、特番時期の「ダウンタウンのごっつええ感じ」に上記のダウンタウンファミリーを総出演させる形で今田らと共に東京に進出。一発ギャグ(詳しくは後述)を披露する枠を用意されるなどしたが、今田らが若手芸人としてグングンと評価を上げて行く反面、大阪で絶大な人気を誇ったヒロのギャグは東京では理解されず、いつしかダウンタウンファミリーの中から1人だけレギュラーから外されてしまう。降板の理由としてはコント中心の番組の中で自慢の一発ギャグを活かし辛かったこと。その事から東京のフジテレビのプロデューサーやスタッフに気に入られず、たびたび罵声を浴びせられ、コントの出演シーンを大幅にカットされた。またダウンタウンの意向でテレフォンショッキングに出る調整をした際「10年早い」と発せられ却下された。1人だけ東京からの撤退を余儀なくされ、その後は大阪に戻りダウンタウン関連で大阪収録の番組や24時間テレビに出演するが、吉本新喜劇を活動の拠点とした。吉田ヒロ フレッシュアイペディアより)

296件中 91 - 100件表示

「東野幸治」のニューストピックワード