193件中 41 - 50件表示
  • 東野幸治

    東野幸治から見た玉袋筋太郎

    『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務とされていた吉本新喜劇の補強メンバーとして出向を命じられる。当初は吉本新喜劇行きをどうしても受け入れる事ができず、芸人を引退し植木屋への転職を考えていた。しかし、今田らの熱心な説得により芸人引退を思い止まり、新喜劇入りも受け入れる事になる。その吉本新喜劇では主に主役として出演する。今田同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出。NSC出身ではないため、4期生で数ヶ月先輩である今田などには敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一には、東野の方が数ヶ月先輩ではあるものの同期として接し(ただし、初対面の時木村は自分が東野より数ヶ月後輩という事を知っていたが、東野に「木村さん」と言われたのをきっかけに「東野」と呼び捨てになったと言う)、5期生の辻本茂雄に対しては先輩として振舞っている。ただし最近では、約2年後輩の石田靖や、約3年後輩の松村邦洋に対して『ほぼ同期』『40歳を超えたら(2〜3年程度の芸歴差なら)同期と同じ』といった発言もしている。同い年には吉田ヒロ(NSC2期生で2年数ヶ月先輩だが、芸能界デビューはほぼ同時期である)や月亭方正(1年数ヶ月後輩)や雨上がり決死隊・蛍原徹や安尾信乃助(共に2年数ヶ月後輩)や極楽とんぼ・山本圭壱(3年数ヶ月後輩)や川畑泰史(4年数ヶ月後輩)、他の事務所では前述の松村邦洋やさまぁ〜ず、浅草キッド・玉袋筋太郎、中山秀征などがいる。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見たさまぁ〜ず

    『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務とされていた吉本新喜劇の補強メンバーとして出向を命じられる。当初は吉本新喜劇行きをどうしても受け入れる事ができず、芸人を引退し植木屋への転職を考えていた。しかし、今田らの熱心な説得により芸人引退を思い止まり、新喜劇入りも受け入れる事になる。その吉本新喜劇では主に主役として出演する。今田同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出。NSC出身ではないため、4期生で数ヶ月先輩である今田などには敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一には、東野の方が数ヶ月先輩ではあるものの同期として接し(ただし、初対面の時木村は自分が東野より数ヶ月後輩という事を知っていたが、東野に「木村さん」と言われたのをきっかけに「東野」と呼び捨てになったと言う)、5期生の辻本茂雄に対しては先輩として振舞っている。ただし最近では、約2年後輩の石田靖や、約3年後輩の松村邦洋に対して『ほぼ同期』『40歳を超えたら(2〜3年程度の芸歴差なら)同期と同じ』といった発言もしている。同い年には吉田ヒロ(NSC2期生で2年数ヶ月先輩だが、芸能界デビューはほぼ同時期である)や月亭方正(1年数ヶ月後輩)や雨上がり決死隊・蛍原徹や安尾信乃助(共に2年数ヶ月後輩)や極楽とんぼ・山本圭壱(3年数ヶ月後輩)や川畑泰史(4年数ヶ月後輩)、他の事務所では前述の松村邦洋やさまぁ〜ず、浅草キッド・玉袋筋太郎、中山秀征などがいる。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た浜田雅功

    ジョージア エメラルドマウンテンブレンド(2010年、日本コカ・コーラ) - 浜田率いる「王道派」のメンバーとして出演。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た日影の忍者勝彦オールスターズ

    メンバーとして参加したRe:Japan、エキセントリック少年ボウイオールスターズ(ニイハオ役)、日影の忍者勝彦オールスターズ(アメ入道役)も参照。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た圭・修

    また、同時期に夕方の帯番組として放送されていた圭・修が司会を務める『素敵!KEI-SHU5』では、白いランニングにトレパン姿の「セニョール東野」というキャラクターで各地をリポートするVTR企画も担当(このセニョールのキャラは、当時の舞台上でのネタで演じられていたものだった)。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た山本圭壱

    『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務とされていた吉本新喜劇の補強メンバーとして出向を命じられる。当初は吉本新喜劇行きをどうしても受け入れる事ができず、芸人を引退し植木屋への転職を考えていた。しかし、今田らの熱心な説得により芸人引退を思い止まり、新喜劇入りも受け入れる事になる。その吉本新喜劇では主に主役として出演する。今田同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出。NSC出身ではないため、4期生で数ヶ月先輩である今田などには敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一には、東野の方が数ヶ月先輩ではあるものの同期として接し(ただし、初対面の時木村は自分が東野より数ヶ月後輩という事を知っていたが、東野に「木村さん」と言われたのをきっかけに「東野」と呼び捨てになったと言う)、5期生の辻本茂雄に対しては先輩として振舞っている。ただし最近では、約2年後輩の石田靖や、約3年後輩の松村邦洋に対して『ほぼ同期』『40歳を超えたら(2〜3年程度の芸歴差なら)同期と同じ』といった発言もしている。同い年には吉田ヒロ(NSC2期生で2年数ヶ月先輩だが、芸能界デビューはほぼ同時期である)や月亭方正(1年数ヶ月後輩)や雨上がり決死隊・蛍原徹や安尾信乃助(共に2年数ヶ月後輩)や極楽とんぼ・山本圭壱(3年数ヶ月後輩)や川畑泰史(4年数ヶ月後輩)、他の事務所では前述の松村邦洋やさまぁ〜ず、浅草キッド・玉袋筋太郎、中山秀征などがいる。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た浅草キッド

    『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務とされていた吉本新喜劇の補強メンバーとして出向を命じられる。当初は吉本新喜劇行きをどうしても受け入れる事ができず、芸人を引退し植木屋への転職を考えていた。しかし、今田らの熱心な説得により芸人引退を思い止まり、新喜劇入りも受け入れる事になる。その吉本新喜劇では主に主役として出演する。今田同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出。NSC出身ではないため、4期生で数ヶ月先輩である今田などには敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一には、東野の方が数ヶ月先輩ではあるものの同期として接し(ただし、初対面の時木村は自分が東野より数ヶ月後輩という事を知っていたが、東野に「木村さん」と言われたのをきっかけに「東野」と呼び捨てになったと言う)、5期生の辻本茂雄に対しては先輩として振舞っている。ただし最近では、約2年後輩の石田靖や、約3年後輩の松村邦洋に対して『ほぼ同期』『40歳を超えたら(2〜3年程度の芸歴差なら)同期と同じ』といった発言もしている。同い年には吉田ヒロ(NSC2期生で2年数ヶ月先輩だが、芸能界デビューはほぼ同時期である)や月亭方正(1年数ヶ月後輩)や雨上がり決死隊・蛍原徹や安尾信乃助(共に2年数ヶ月後輩)や極楽とんぼ・山本圭壱(3年数ヶ月後輩)や川畑泰史(4年数ヶ月後輩)、他の事務所では前述の松村邦洋やさまぁ〜ず、浅草キッド・玉袋筋太郎、中山秀征などがいる。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た大学受験

    1985年、高校3年生の時に吉本興業の新人オーディションを受け合格し、そのまま芸人となる。当時、お笑いブームが終わりダウンタウンという新しい世代の芸人を中心に吉本興業が新たなムーブメントを起そうとしていて、そのオーディションの一環でダウンタウンが2丁目劇場で公開録音していた「心斎橋お笑い探検隊」(ラジオ大阪)というラジオ番組に出演する。番組に出演すると豪華商品がもらえると友達に誘われたのがきっかけであるが、もらえたのはボールペンであった。なお、同じオーディションをリットン調査団も受けていた。一時期、大学に通う友人に乗せられ大学受験を決意し芸人を休業するも受験に失敗し、その後は芸人活動に本腰を入れる。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た芸能界

    『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務とされていた吉本新喜劇の補強メンバーとして出向を命じられる。当初は吉本新喜劇行きをどうしても受け入れる事ができず、芸人を引退し植木屋への転職を考えていた。しかし、今田らの熱心な説得により芸人引退を思い止まり、新喜劇入りも受け入れる事になる。その吉本新喜劇では主に主役として出演する。今田同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出。NSC出身ではないため、4期生で数ヶ月先輩である今田などには敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一には、東野の方が数ヶ月先輩ではあるものの同期として接し(ただし、初対面の時木村は自分が東野より数ヶ月後輩という事を知っていたが、東野に「木村さん」と言われたのをきっかけに「東野」と呼び捨てになったと言う)、5期生の辻本茂雄に対しては先輩として振舞っている。ただし最近では、約2年後輩の石田靖や、約3年後輩の松村邦洋に対して『ほぼ同期』『40歳を超えたら(2〜3年程度の芸歴差なら)同期と同じ』といった発言もしている。同い年には吉田ヒロ(NSC2期生で2年数ヶ月先輩だが、芸能界デビューはほぼ同時期である)や月亭方正(1年数ヶ月後輩)や雨上がり決死隊・蛍原徹や安尾信乃助(共に2年数ヶ月後輩)や極楽とんぼ・山本圭壱(3年数ヶ月後輩)や川畑泰史(4年数ヶ月後輩)、他の事務所では前述の松村邦洋やさまぁ〜ず、浅草キッド・玉袋筋太郎、中山秀征などがいる。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た吉本新喜劇

    『4時ですよ〜だ』の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務とされていた吉本新喜劇の補強メンバーとして出向を命じられる。当初は吉本新喜劇行きをどうしても受け入れる事ができず、芸人を引退し植木屋への転職を考えていた。しかし、今田らの熱心な説得により芸人引退を思い止まり、新喜劇入りも受け入れる事になる。その吉本新喜劇では主に主役として出演する。今田同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出。NSC出身ではないため、4期生で数ヶ月先輩である今田などには敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一には、東野の方が数ヶ月先輩ではあるものの同期として接し(ただし、初対面の時木村は自分が東野より数ヶ月後輩という事を知っていたが、東野に「木村さん」と言われたのをきっかけに「東野」と呼び捨てになったと言う)、5期生の辻本茂雄に対しては先輩として振舞っている。ただし最近では、約2年後輩の石田靖や、約3年後輩の松村邦洋に対して『ほぼ同期』『40歳を超えたら(2〜3年程度の芸歴差なら)同期と同じ』といった発言もしている。同い年には吉田ヒロ(NSC2期生で2年数ヶ月先輩だが、芸能界デビューはほぼ同時期である)や月亭方正(1年数ヶ月後輩)や雨上がり決死隊・蛍原徹や安尾信乃助(共に2年数ヶ月後輩)や極楽とんぼ・山本圭壱(3年数ヶ月後輩)や川畑泰史(4年数ヶ月後輩)、他の事務所では前述の松村邦洋やさまぁ〜ず、浅草キッド・玉袋筋太郎、中山秀征などがいる。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

193件中 41 - 50件表示

「東野幸治」のニューストピックワード