74件中 21 - 30件表示
  • 山崎雅人

    山崎雅人から見た松井大輔松井大輔

    京都大宅SSSでサッカーをはじめる。大宅中学校卒業、このころの同級生に松井大輔がいる。久御山高校を卒業後、2000年に国士舘大学に進学。大学の同級生に相馬崇人、村山祐介、北一真、冨士祐樹、鈴木弘大、原島喬らがいる。2003年、大学4年時にユニバーシアード代表に選ばれ、背番号10を背負いエースストライカーとして活躍。2005年夏季ユニバーシアードでは5得点をあげチーム得点王、日本の金メダル連覇に貢献する。山崎雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 第78回全国高等学校サッカー選手権大会

    第78回全国高等学校サッカー選手権大会から見た松井大輔松井大輔

    松井大輔(鹿児島実→京都→ル・マン→サンテティエンヌ→グルノーブル→トム・トムスク→ディジョン→PFCスラヴィア・ソフィア→レヒア・グダニスク→磐田)第78回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木和裕

    鈴木和裕から見た松井大輔松井大輔

    京都に所属していた松井大輔は、「自分を叱ってくれる人」として鈴木のことを非常に尊敬している、と雑誌のインタビューで答えていた。鈴木和裕 フレッシュアイペディアより)

  • 駒井善成

    駒井善成から見た松井大輔松井大輔

    駒井と同じ京都府京都市山科区出身のサッカー選手に、元日本代表の松井大輔がいる。駒井善成 フレッシュアイペディアより)

  • 角田誠

    角田誠から見た松井大輔松井大輔

    2002年、黒部光昭、朴智星、松井大輔らの攻撃的なサッカーの中で、守備に貢献しチームはシーズン最高のリーグ5位となり、同年度の天皇杯初優勝に貢献した。角田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 杜威

    杜威から見た松井大輔松井大輔

    セルティック移籍直後は移籍時期が重なっていた中村俊輔と写真などが入れ替わって掲載されることが良くあった(なお中村はスペイン移籍時には同じセルティックの水野晃樹と2007年のアジアカップでは松井大輔と写真を間違われている。)。杜威 フレッシュアイペディアより)

  • アレクシス・ロマオ

    アレクシス・ロマオから見た松井大輔松井大輔

    トゥールーズFCの下部組織でプレーした後、2004年にに移籍した。2007年7月27日、グルノーブル・フット38に入団。2008-09シーズンにリーグ・アンデビューを果たす。2009-10シーズンは松井大輔とともにプレーした。アレクシス・ロマオ フレッシュアイペディアより)

  • サン=テティエンヌ

    サン=テティエンヌから見た松井大輔松井大輔

    ASサンテティエンヌ - サン=テティエンヌを本拠地とするサッカークラブチームで、リーグ・アン最多10回の優勝を誇る名門である。08-09シーズンには日本代表の松井大輔が所属していた。サン=テティエンヌ フレッシュアイペディアより)

  • 美尾敦

    美尾敦から見た松井大輔松井大輔

    2002年に京都パープルサンガに期限付き移籍、翌年完全移籍。京都に移籍してから2年半はほとんど出場機会がなかったが、2004年シーズン途中に柱谷幸一監督が就任すると一変。柱谷の初采配となった大宮戦で崔龍洙の決勝点をアシスト。続く鳥栖戦ではスコアレスで試合が進む中、終了間際に立て続けに2得点を決め、チームを勝利に導いた。この2試合は途中出場であった。ポジションの重なる松井大輔がオリンピック代表選出や海外移籍のためスタメンの座も手に入れた。また、この時期に京都に移籍した三上卓哉との左サイドでの連携も京都の武器となった。2006年シーズンはJ1初得点も記録したが、控えに回ることが多かった。そして2008年に7季ぶりに甲府へ復帰したものの、2009年から出場機会が半減、シーズン終了後に戦力外通告を受け、退団。美尾敦 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見た松井大輔松井大輔

    2000年からは京都パープルサンガのヘッドコーチとなったが、前任の加茂周が解任されたのを受けてセカンドステージから監督に昇格、この年はチームのJ2降格を食い止めることは出来なかったものの翌2001年はJ2優勝を果たし、さらにJ1に復帰した2002年には朴智星や松井大輔を率い、天皇杯で優勝するというセンセーショナルな結果を残した。しかし2003年は退団した朴智星の穴を埋めきれず、開幕から10試合で2勝8敗の不振のため解任された。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「松井大輔」のニューストピックワード