74件中 31 - 40件表示
  • 奥大介

    奥大介から見た松井大輔松井大輔

    Jアミーゴス(鈴木政一監督 鈴木秀人 田中誠 山西尊裕 井原正巳 久藤清一 服部年宏 名波浩 平野孝 熊林親吾 三浦文丈 高原直泰 中山雅史 武田修宏 川口信男 都築龍太 下田崇 森岡隆三 中田英寿 山田暢久 中田浩二 西紀寛 小野伸二 松井大輔 平瀬智行 柳沢敦)奥大介 フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2011

    AFCアジアカップ2011から見た松井大輔松井大輔

    日本はアルベルト・ザッケローニが新監督として就任したばかりだったこともあり、前年の2010 FIFAワールドカップに出場したメンバーを軸に、経験の浅い若手を加えたチームで出場。大会序盤はなかなか調子が上がらず、途中で松井大輔、香川真司といった主力選手が怪我で離脱するというアクシデントに見舞われながらも、準々決勝で開催国カタールに3-2で逆転勝利を収めると、準決勝では韓国にPK戦までもつれる接戦を勝ち抜き決勝進出を果たす。決勝戦では延長後半4分に李忠成が代表初ゴールとなるボレーシュートを決めてオーストラリアを1-0で破った。AFCアジアカップ2011 フレッシュアイペディアより)

  • 5月11日

    5月11日から見た松井大輔松井大輔

    1981年 - 松井大輔、サッカー選手5月11日 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤大介

    斉藤大介から見た松井大輔松井大輔

    2002年も序盤は途中出場の1試合のみの出場(その試合も本来はベンチ外で、当日に他の選手の負傷によって急遽ベンチ入りしたもの)にとどまっていたが、転機が訪れたのはリーグ戦中断中に行われたこの年のナビスコカップ予選リーグであった。当時、ボランチのレギュラーであった朴智星が2002 FIFAワールドカップで韓国代表に合流するためチームを離れたことによりレギュラーに抜擢され、展開力と正確なロングパスで彼の穴を埋める活躍を見せる。ワールドカップ終了後に朴が合流した後は、黒部光昭、松井大輔らと組む3トップの一角として起用され、京都のチーム力アップに貢献した。この年チームは過去最高の年間5位、天皇杯初制覇を達成した。斉藤大介 フレッシュアイペディアより)

  • ジェルヴィーニョ

    ジェルヴィーニョから見た松井大輔松井大輔

    2007年7月2日、フランスのル・マンUCと3年契約を結び、2007-08シーズンは同郷のロマリッチらとともにプレーした。2008年5月にはフランスのASモナコ、パリ・サンジェルマンFC、オリンピック・マルセイユ、イングランドのアーセナルFCがジェルヴィーニョの動向を追っていると報道された。この報道によるとアーセナルは長い間ジェルヴィーニョを評価し続け、ベルギーでプレーしていた2006-07シーズンにもオファーが出されたとされた。ル・マンUCでは2シーズンで59試合に出場し9得点を記録した。また、日本代表の松井大輔とも同僚であった。ジェルヴィーニョ フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルクス闘莉王

    田中マルクス闘莉王から見た松井大輔松井大輔

    他スポーツでは卓球もかなり上手である。松井大輔の証言によれば、2010FIFAワールドカップの大会期間中に選手同士で何度も卓球大会を開催し、その中で闘莉王が圧倒的に強かったと語った。田中マルクス闘莉王 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見た松井大輔松井大輔

    いじられキャラ。『やべっちFC』にてゲスト出演していた中山雅史に駒吉と呼ばれるなど、クラブや代表のチームメートからネタにされた逸話も多い。また、2014年からジュビロで同じチームとなった松井大輔は、入団会見で「チームの中で1年間駒野をずっといじっていこうかなと思っています。」と話している。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 星島沙也加

    星島沙也加から見た松井大輔松井大輔

    2015年1月、メーテレ「新春ドラゴンズ祭2015お年玉争奪!男気ガチバトル」でゲスト出演。2月には「シーピープラス2015」イベントでSIRUIイメージモデルを務める。同年6月13日に開催された「HAIR OF THE YEAR2015」では、サロンモデルを務め、審査員特別賞 GAMO賞を受賞。同年11月1日、グラドルチアーズ(グラチア)の新メンバーとして加入し、グラチアとしてJ2応援、松井大輔選手にインタビューを行った。星島沙也加 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た松井大輔松井大輔

    ドイツに乗り込み、木梨JAPAN(木梨、松井大輔、パトリック・エムボマ)が、当時フランクフルトに所属していた高原直泰、稲本潤一組とサッカーボウリングで対戦。最初の対決で111-109と僅差で高原・稲本チームが勝利し、サドンデスでは普通のボウリングで3フレーム限定の対決を行ない、こちらも24-14で高原・稲本チームが勝利。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 田原豊

    田原豊から見た松井大輔松井大輔

    鹿児島実業高校では松井大輔の1年後輩。のちに京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)でもチームメイトとなった。松井はフランス移籍後も、田原が出た試合を必ず見ていたという。その松井がフランスのル・マンへ移籍が決定し、京都での最後の試合で田原がゴールを決めた。また松井は試合後のセレモニーでそのことに触れ、田原に今後の京都サンガを託す旨のコメントを残した。田原豊 フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示

「松井大輔」のニューストピックワード