74件中 41 - 50件表示
  • 期限付き移籍

    期限付き移籍から見た松井大輔松井大輔

    セレッソ大阪からスペイン・マジョルカへ移籍した大久保嘉人や京都パープルサンガからフランス・ルマンへ移籍した松井大輔、FC東京からイタリア・チェゼーナへ移籍した長友佑都など、海外のクラブに移籍する選手が、移籍最初のシーズンは完全移籍ではなくレンタル契約で移籍し、実績を挙げれば完全移籍に移行する事例も多い。期限付き移籍 フレッシュアイペディアより)

  • トゥーロン国際大会

    トゥーロン国際大会から見た松井大輔松井大輔

    日本は2000年に初参加。2002年には松井大輔、山瀬功治、阿部勇樹らの活躍で3位となり、中山悟志がアレッサンドロ・ペッリコーリ(イタリア)と共に3得点で得点王となった。2008年には本田圭佑、岡崎慎司、李忠成、森本貴幸らを擁し、グループリーグでオランダや地元フランスを破って決勝トーナメントに進出。しかし準決勝でイタリアにPK戦の末敗れ、3位決定戦でもコートジボワールにPK戦で敗れている。トゥーロン国際大会 フレッシュアイペディアより)

  • シュート!

    シュート!から見た松井大輔松井大輔

    平松の得意技ダブルヒールに憧れたプロサッカー選手松井大輔は、実際にフランスリーグの公式戦で試み、成功した。シュート! フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見た松井大輔松井大輔

    2004年 - 9月、松井大輔がフランスサッカーリーグ2部(リーグ・ドゥ)のル・マンUCに入団、その後の活躍を『le soleil du Mans(ル・マンの太陽)』と称賛される。同年、同リーグのグルノーブル・フット38を日本のインデックス社が買収。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・アンツ

    フレデリック・アンツから見た松井大輔松井大輔

    練習にダンスを取り入れる、試合と同時刻の夜間に練習するなど、従来の発想に囚われないユニークな指導法が彼の特徴である。選手に対して時に辛辣なコメントを放ち、さらには下部リーグでプレーさせる等厳しさを見せるが、松井大輔がル・マン残留の条件として彼の続投を挙げるなど、選手からの信頼も大きいことが窺い知れる。フレデリック・アンツ フレッシュアイペディアより)

  • フランスアマチュア選手権

    フランスアマチュア選手権から見た松井大輔松井大輔

    18チームで構成されるグループにおいて、互いの本拠地で試合を行い(ホーム&アウェイ方式)順位を決定する。グループはAからDまで4つ存在し、アマチュアクラブとプロクラブ2軍の計72チームが所属する。選手は規定により全員がアマチュアであり、プロ選手の保有は認められていない。グルノーブル・フット38が経営難のためにリーグ・ドゥから2段階降格した際、所属していた松井大輔が移籍したのは、前述の理由からである。フランスアマチュア選手権 フレッシュアイペディアより)

  • やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜から見た松井大輔松井大輔

    2010年6月2日に番組DVDを2本同時発売する。内容は「フリーキック研究所」の傑作選、矢部とJリーガーが激突したフリーキック、ペナルティーキック対決、「松井大輔のおしゃれシュート」など、この番組の特徴の一つである選手の技術解説を重視した内容になっている。やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜 フレッシュアイペディアより)

  • GAG少年楽団

    GAG少年楽団から見た松井大輔松井大輔

    ムーディ勝山・松井大輔に似ている。GAG少年楽団 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た松井大輔松井大輔

    西村昭宏監督の指向する攻撃的サッカーで挑んだが、大久保嘉人、阿部勇樹、松井大輔、今野泰幸、茂庭照幸といった既にJリーグの各クラブで主力の位置にあった選手を怪我で欠いた事もあって、グループリーグ突破は成らなかった。この年代は1999年のFIFA U-17世界選手権の出場を逃し、ワールドユースでいきなり世界と戦うことになった事から「強化の谷間」という意味で「谷間の世代」と呼ばれていたが、前3大会で果たした決勝トーナメント進出を逃したことで、「実力的な谷間」という意味が付きまとう様になった。しかし、この年代からは多くの日本代表選手を輩出し中核を担っている。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た松井大輔松井大輔

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示

「松井大輔」のニューストピックワード