81件中 41 - 50件表示
  • 松井大輔

    松井大輔から見た長崎県立国見高等学校

    高校は地元の京都を離れ鹿児島実業高校に進学し、プレーとテクニックのレベルを上げていった。3年生時の全国高校選手権では2回戦で大久保嘉人擁する国見高校を、準々決勝では田中達也擁する帝京高校を破り、準優勝を経験。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見た日本中央競馬会

    JRA騎手の高田潤と仲が良く、シーズンオフ等で松井が日本に戻っている際には必ず一緒に食事に行くという。状況によってはそこに朴智星が合流することもある。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たル・マンFC

    2004年のアテネオリンピックではU-23日本代表の背番号10を背負った。同年9月1日に京都からフランス2部リーグ・ドゥのル・マンUCに2005年6月までの契約でレンタル移籍。松井の加入後、ル・マンは2部の中位から一気に1部昇格圏の2位にまで浮上し、その中心となって活躍した松井は、『le soleil du Mans (ル・マンの太陽) 』と呼ばれた。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見た横浜FC

    2018年1月22日 横浜FCへの完全移籍が発表された。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見た2010 FIFAワールドカップ

    2010年6月に南アフリカW杯日本代表メンバーに選出され、全4試合にスタメン出場。グループリーグ第1戦カメルーン戦においては決勝ゴールとなる本田圭佑のゴールを右サイドからのクロスでアシストするなど攻守に活躍し日本代表の決勝トーナメント進出に貢献。決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦でもバー直撃のミドルシュートを放つなど活躍し、PK戦で失敗した駒野友一を泣きながらに慰めるなどあらゆる面で主力選手としての役割を果たした。後に公表されたFIFAの技術研究グループが作成したW杯南アフリカ大会の報告書では、本田圭佑と共にドリブル技術が高いと評価された。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たFCトム・トムスク

    グルノーブルの2部降格決定後は1部リーグでのプレーを目指して移籍先を模索。欧州の相当数のクラブが獲得に興味を持ったと報じられる中、松井自身はフランス1部への移籍にプライオリティを置いていた。また、ポルトガル・スーペル・リーガの強豪スポルティングCPと移籍寸前まで交渉が進んだが破談。移籍期間終了間際になってロシア・プレミアリーグのFCトム・トムスクに2010年末までの期限付きで加入することが発表された。ロシア移籍後、欠場も多く目立った活躍もないままレンタル期間を終え、Jリーグの複数のクラブから獲得オファーを受けるも、海外でのプレーを希望する本人の希望もあり、グルノーブルへ復帰した。しかし、チームは2部リーグでも最下位となり、3部リーグへ降格。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見た期限付き移籍

    2004年のアテネオリンピックではU-23日本代表の背番号10を背負った。同年9月1日に京都からフランス2部リーグ・ドゥのル・マンUCに2005年6月までの契約でレンタル移籍。松井の加入後、ル・マンは2部の中位から一気に1部昇格圏の2位にまで浮上し、その中心となって活躍した松井は、『le soleil du Mans (ル・マンの太陽) 』と呼ばれた。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たU-23サッカー日本代表

    2004年のアテネオリンピックではU-23日本代表の背番号10を背負った。同年9月1日に京都からフランス2部リーグ・ドゥのル・マンUCに2005年6月までの契約でレンタル移籍。松井の加入後、ル・マンは2部の中位から一気に1部昇格圏の2位にまで浮上し、その中心となって活躍した松井は、『le soleil du Mans (ル・マンの太陽) 』と呼ばれた。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たリーグ・アン

    レンタル期間終了後、2005年7月にル・マンに完全移籍。1部リーグリーグ・アンでのデビュー戦となった2005-06シーズン初戦の対リヨン戦で先制ゴールをアシスト、第12節の対RCストラスブール戦では鮮やかなミドルシュートを決めて初ゴールを記録。サイドアタッカーとしてル・マンの攻撃陣を牽引し続ける。日本代表でも11月16日のアンゴラ戦で代表Aマッチ初得点を記録し、チームの勝利に貢献した。2006年1月にはトロワAC戦での2ゴールなどが認められた形で、日本人初、ル・マンUCのチーム史上初である月間MVPを受賞する。このシーズンには、リーグ・アンのアシストランキングで3位の8アシスト を記録するなど、チームの残留に大きく貢献する。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たアシスト (スポーツ)

    レンタル期間終了後、2005年7月にル・マンに完全移籍。1部リーグリーグ・アンでのデビュー戦となった2005-06シーズン初戦の対リヨン戦で先制ゴールをアシスト、第12節の対RCストラスブール戦では鮮やかなミドルシュートを決めて初ゴールを記録。サイドアタッカーとしてル・マンの攻撃陣を牽引し続ける。日本代表でも11月16日のアンゴラ戦で代表Aマッチ初得点を記録し、チームの勝利に貢献した。2006年1月にはトロワAC戦での2ゴールなどが認められた形で、日本人初、ル・マンUCのチーム史上初である月間MVPを受賞する。このシーズンには、リーグ・アンのアシストランキングで3位の8アシスト を記録するなど、チームの残留に大きく貢献する。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「松井大輔」のニューストピックワード