1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 松井大輔

    松井大輔から見たリーグ・アン2006-2007

    2006-07シーズンは、初戦のニース戦でアシストを記録したもののサッカー選手の職業病とも言える腰痛に苦しめられ、2007年1月にはトロワ戦で2得点を記録したものの、シーズン後半は6試合連続で欠場した。しかし腰の状態が上向き、よりゴールの位置に近いセカンドトップ気味のポジションに配されてからは、最後の4試合では2ゴール1アシストを記録した。一方、選出を有力視されていた2006年ドイツW杯メンバーに落選。更にはケガなどにも苦しんだリーグ・アン2年目のシーズンではあったが、「今までで一番、プレーについて考え、自分のプレーについて研究したシーズンだった」と本人は振り返った。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たリーグ・ドゥ

    2004年のアテネオリンピックではU-23日本代表の背番号10を背負った。同年9月1日に京都からフランス2部リーグ・ドゥのル・マンUCに2005年6月までの契約でレンタル移籍。松井の加入後、ル・マンは2部の中位から一気に1部昇格圏の2位にまで浮上し、その中心となって活躍した松井は、『le soleil du Mans(ル・マンの太陽)』と呼ばれた。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たスポルティング・リスボン

    グルノーブルの2部降格決定後は1部リーグでのプレーを目指して移籍先を模索。欧州の相当数のクラブが獲得に興味を持ったと報じられる中、松井自身はフランス1部への移籍にプライオリティを置いていた。また、ポルトガル・スーペル・リーガの強豪スポルティング・リスボンと移籍寸前まで交渉が進んだが破談。移籍期間終了間際になってロシア・プレミアリーグのFCトム・トムスクに2010年末までの期限付きで加入することが発表された。ロシア移籍後、欠場も多く目立った活躍もないままレンタル期間を終え、Jリーグの複数のクラブから獲得オファーを受けるも、海外でのプレーを希望する本人の希望もあり、グルノーブルへ復帰した。しかし、チームは2部リーグでも最下位となり、3部リーグへ降格。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見た第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    2002年、黒部光昭、朴智星らと共に破壊力抜群の攻撃的なサッカーを展開し、クラブ初タイトルとなる同年度の天皇杯優勝に貢献する。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見た腰痛

    2006-07シーズンは、初戦のニース戦でアシストを記録したもののサッカー選手の職業病とも言える腰痛に苦しめられ、2007年1月にはトロワ戦で2得点を記録したものの、シーズン後半は6試合連続で欠場した。しかし腰の状態が上向き、よりゴールの位置に近いセカンドトップ気味のポジションに配されてからは、最後の4試合では2ゴール1アシストを記録した。一方、選出を有力視されていた2006年ドイツW杯メンバーに落選。更にはケガなどにも苦しんだリーグ・アン2年目のシーズンではあったが、「今までで一番、プレーについて考え、自分のプレーについて研究したシーズンだった」と本人は振り返った。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たMyojo

    私生活では、タッキー&翼の今井翼と仲が良く、その縁で2005年9月号のアイドル雑誌『Myojo』に今井と共に登場し、女子中高生からも人気を集める。また、2010年6月11日放送のミュージックステーションで、試合前に聞く「勝ち歌」に今井翼のソロ曲「BACKBORN」と答えている。今井はワールドカップ南アフリカ大会期間中には松井の日本代表ユニホーム型キーホルダーを愛用して応援していた。この他、Dragon Ashとも親交がある。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たRCストラスブール

    レンタル期間終了後、2005年7月にル・マンに完全移籍。1部リーグリーグ・アンでのデビュー戦となった2005-06シーズン初戦の対リヨン戦で先制ゴールをアシスト、第12節の対RCストラスブール戦では鮮やかなミドルシュートを決めて初ゴールを記録。サイドアタッカーとしてル・マンの攻撃陣を牽引し続ける。日本代表でも11月16日のアンゴラ戦で代表Aマッチ初得点を記録し、チームの勝利に貢献した。2006年1月にはトロワAC戦での2ゴールなどが認められた形で、日本人初、ル・マンUCのチーム史上初である月間MVPを受賞する。このシーズンには、リーグ・アンのアシストランキングで3位の8アシストを記録するなど、チームの残留に大きく貢献する。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見たサッカーアンゴラ代表

    レンタル期間終了後、2005年7月にル・マンに完全移籍。1部リーグリーグ・アンでのデビュー戦となった2005-06シーズン初戦の対リヨン戦で先制ゴールをアシスト、第12節の対RCストラスブール戦では鮮やかなミドルシュートを決めて初ゴールを記録。サイドアタッカーとしてル・マンの攻撃陣を牽引し続ける。日本代表でも11月16日のアンゴラ戦で代表Aマッチ初得点を記録し、チームの勝利に貢献した。2006年1月にはトロワAC戦での2ゴールなどが認められた形で、日本人初、ル・マンUCのチーム史上初である月間MVPを受賞する。このシーズンには、リーグ・アンのアシストランキングで3位の8アシストを記録するなど、チームの残留に大きく貢献する。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 松井大輔

    松井大輔から見た京都府

    松井 大輔(まつい だいすけ、1981年5月11日 - )は、京都府京都市出身のプロサッカー選手。ブルガリアプロサッカーリーグ・PFCスラヴィア・ソフィア所属。ポジションはMF(SH, OH)、FW(WG)。妻は女優の加藤ローサ。元日本代表。松井大輔 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「松井大輔」のニューストピックワード