194件中 51 - 60件表示
  • クマムシ (お笑いコンビ)

    クマムシ (お笑いコンビ)から見た松井珠理奈松井珠理奈

    ネタは「アイドルソング漫才」と称して、「もしも女の子に生まれ変わったら」などのテーマで歌ネタを披露し、その中で様々な温かく感じるものを長谷川が「あったかいんだからぁ〜」と歌い、佐藤がそれに突っ込むというスタイルのものなどがある。なお、このネタについては長谷川は「こぶじまだいこ」を名乗り、この名前については佐藤が長谷川を「コブダイの親分みたいだよ」と表現していることに由来する。このネタが出来たきっかけは、この前にやっていたヴィジュアル系の歌をネタにした漫才の続編を作ろうとしていたところ、アイドルソングにした方が長谷川の見た目とのギャップが生じて面白そうと思ったことだった。最初、本来は魚をモチーフにした歌ネタがメインだったが、それらを繋ぐ「あったかいんだからぁ?」と言うフレーズの方がライブでウケて、事務所ライブの観客投票で3位になるほど良い評価を得た。最初は2人ともこの客の反応が良くわからなかったが、結局このネタを続けていくことになった。なお「あったかいんだからぁ?」と言うネタを思い付いたきっかけは、長谷川が薬局で棚卸しのアルバイト中、コーンスープのパッケージに書いてあった「あったか〜い」と言う文字を見つけたことからという。そして、2014年9月25日放送の『アメトーーク!・ザキヤマ&フジモンがパクリたい-1GP』(テレビ朝日)でこのネタを披露したところ話題となり、直後に着ボイス化が決定、後にこの着ボイスがデイリーランキング1位も獲得した。このネタについては、柏木由紀、松井珠理奈らAKB48グループのメンバーもハマっていたり、BIGBANGがライブで披露したり、SEKAI NO OWARIがこの歌を演奏したり、きゃりーぱみゅぱみゅやSHU-Iのジンソクがインスタグラムでこの歌を公開するなど、お笑い界の枠を超えて音楽界にもファンが広がっているという話題もある。「あったかいんだからぁ?」で売れてからは、長谷川が「あったかい方」、佐藤が「冷たい方」などとも言われているという。クマムシ (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た松井珠理奈松井珠理奈

    特別賞:松井珠理奈(豆腐プロレス・“ハリウッド”JURINA)プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

    鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなものから見た松井珠理奈松井珠理奈

    「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」(すずかけのきのみちで きみのほほえみをゆめにみる といってしまったらぼくたちのかんけいはどうかわってしまうのか ぼくなりになんにちかかんがえたうえでのややきはずかしいけつろんのようなもの)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、織田哲郎により作曲されている。2013年12月11日にAKB48のメジャー34作目のシングルとしてキングレコードから発売された。公式略称は鈴懸なんちゃら。楽曲のセンターポジションは松井珠理奈が務めた。鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの フレッシュアイペディアより)

  • 熊崎晴香

    熊崎晴香から見た松井珠理奈松井珠理奈

    SKE48の憧れの先輩は松井珠理奈熊崎晴香 フレッシュアイペディアより)

  • アイドルはウーニャニャの件

    アイドルはウーニャニャの件から見た松井珠理奈松井珠理奈

    ニャーKB with ツチノコパンダ(ニャーケービー ウィズ ツチノコパンダ)は、AKB48グループのメンバーにより結成された7人組のアイドルユニット。島崎遥香、松井珠理奈と宮脇咲良の3人が「トリプルセンター」を務める。アイドルはウーニャニャの件 フレッシュアイペディアより)

  • 意外にマンゴー

    意外にマンゴーから見た松井珠理奈松井珠理奈

    松井珠理奈のアイデアを具現化したこのシーンでは、先輩・中堅・後輩の3チームに分かれ、SKE48の楽曲「強き者よ」を踊る。「先輩メンバーから若手メンバーへ、SKE48の歴史を絶えず受け継いでいく」との思いが込められている。意外にマンゴー フレッシュアイペディアより)

  • 青空片想い

    青空片想いから見た松井珠理奈松井珠理奈

    「青空片想い」(あおぞらかたおもい)は、日本の女性アイドルグループ・SKE48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は島崎貴光が担当した。2010年3月24日に、SKE48の2作目のシングルとして日本クラウン (CROWN GOLD) から発売された。楽曲のセンターポジションは松井珠理奈が務めた。青空片想い フレッシュアイペディアより)

  • ごめんね、SUMMER

    ごめんね、SUMMERから見た松井珠理奈松井珠理奈

    「ごめんね、SUMMER」(ごめんね サマー)は、日本の女性アイドルグループ・SKE48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は俊龍が担当した。2010年7月7日に、SKE48の3作目のシングルとして日本クラウン(CROWN GOLD)から発売された。楽曲のセンターポジションは松井珠理奈と松井玲奈が務めた。ごめんね、SUMMER フレッシュアイペディアより)

  • オキドキ

    オキドキから見た松井珠理奈松井珠理奈

    「オキドキ」は、日本の女性アイドルグループ・SKE48の楽曲。作詞は秋元康、作曲はYUMAが担当した。2011年11月9日に、SKE48の7作目のシングルとしてavex traxから発売された。楽曲のセンターポジションは松井珠理奈が務めた。オキドキ フレッシュアイペディアより)

  • 片想いFinally

    片想いFinallyから見た松井珠理奈松井珠理奈

    「片想いFinally」(かたおもいファイナリー)は、日本の女性アイドルグループ・SKE48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は井上ヨシマサが担当した。2012年1月25日に、SKE48の8作目のシングルとしてavex traxから発売された。楽曲のセンターポジションは松井珠理奈と松井玲奈が務めた。片想いFinally フレッシュアイペディアより)

194件中 51 - 60件表示

「松井珠理奈」のニューストピックワード