49件中 11 - 20件表示
  • 下地亜記子

    下地亜記子から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    松原のぶえ「春待さくら草」「泣きぼくろ」「雪挽歌」下地亜記子 フレッシュアイペディアより)

  • 桟橋

    桟橋から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    なみだの桟橋 - 1977年シングル発売の、演歌歌手・森昌子の楽曲。10年後の1987年、松原のぶえもカバー・シングルとしてリリースした。桟橋 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤恒夫

    斉藤恒夫から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    松原のぶえ「なみだの桟橋」(原曲は1977年にシングル発売された森昌子のカバー)斉藤恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • なみだの桟橋

    なみだの桟橋から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    松原のぶえ - 森昌子のシングル発売から丁度10年後の1987年5月21日に、松原自身カバー・シングルとしてリリース。編曲は斉藤恒夫が担当。当時森は歌手業を引退した時期だったが、松原の方から「この楽曲をシングルで歌わせて欲しい」と強い要望を受けた際、森と作曲者・市川昭介の二人は快く快諾したという。のち松原は、1987年末の「第38回NHK紅白歌合戦」(3年連続3回目の出場)でも歌唱披露した。なみだの桟橋 フレッシュアイペディアより)

  • 北川大介

    北川大介から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    2016年、2014年に死去した作曲家・中川博之の『愛をありがとう』を各レコード会社競作でリリース(北川大介、マヒナスターズの松平直樹&桜井まり、松原のぶえ、ジェロ、佐々木秀実、純烈など)。北川大介 フレッシュアイペディアより)

  • かもめはかもめ

    かもめはかもめから見た松原のぶえ松原 のぶえ

    松原のぶえ(2009年、オムニバスアルバム『エンカのチカラ GOLD 70'S』収録)かもめはかもめ フレッシュアイペディアより)

  • 悲愴感

    悲愴感から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    9月10日 - 同日放送の『はねるのトびら』において、演歌歌手の松原のぶえ、島倉千代子、小林幸子とコラボレーションし、「悲愴感」の2番を披露した。悲愴感 フレッシュアイペディアより)

  • 杉紀彦

    杉紀彦から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    『なみだの桟橋』- のち松原のぶえがカバー・シングルで発売杉紀彦 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤忠政

    後藤忠政から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    2008年10月、前月の後藤の誕生日を祝って開いたゴルフコンペに細川たかし、小林旭、角川博、松原のぶえ、中条きよし、須之内美帆子、益子梨恵らが参加していたことが報じられた。これを受けNHKが細川、小林、角川、松原、中条の5人について、数カ月間番組への出演を見合わせた。事態を重く見た山口組執行部は、病気を理由に本部の定例会を欠席しながらゴルフコンペを開いたとして、後藤を山口組から除籍し引退させた。後藤忠政 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回NHK紅白歌合戦

    第36回NHK紅白歌合戦から見た松原のぶえ松原 のぶえ

    「フレッシュ紅白」をスローガンに掲げ、原則として同年に発売された新曲(ただし、菅原洋一のみ1976年発売の「歓びの日に」を歌唱)を披露させる構成を採り、安全地帯(「悲しみにさよなら」)、原田知世(「早春物語」)、吉川晃司(「にくまれそうなNEWフェイス」)ら、それまでの紅白のカラーとは一線を画した出場者人選が為された。松原のぶえは苦節7年にして念願の紅白初出場。デビュー作である「おんなの出船」を熱唱した。第36回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「松原のぶえ」のニューストピックワード