97件中 21 - 30件表示
  • 松原仁

    松原仁から見た政治家

    松原 仁(まつばら じん、1956年7月31日 - )は、日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た終戦の日

    毎年欠かさず、8月15日もしくはその前後の日に靖国神社に参拝。神社敷地内にあるラダ・ビノード・パールの顕彰碑に花を捧げている。国家公安委員長を務めていた2012年にも参拝を行い、これが2009年の政権交代以来、初の民主党現職閣僚による終戦の日の靖国参拝となった(羽田雄一郎国交相も同日に参拝しているが、時間差で松原が第1号である)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た早稲田大学

    東京都板橋区生まれ。東京都立豊島高等学校、早稲田大学商学部卒業。大学在学中は早稲田大学雄弁会に所属していた。大学卒業後、松下政経塾に入塾(第2期生)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た南京事件 (1937年)

    南京大虐殺」や「従軍慰安婦」の旧日本軍による「組織的・計画的な強制連行」を否定している。2007年5月25日の衆議院外務委員会では45分の質問時間の大半を「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」問題の完全否定の主張に費やした。また、12月7日の衆議院外務委員会でも元日本兵の証言とするものを紹介し、改めて「南京大虐殺」を否定した。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見たチャンドラ・ボース

    2008年8月にはインドを訪問し、元国防相のジョージ・フェルナンデス、極東国際軍事裁判で日本を擁護したラダ・ビノード・パール、チャンドラ・ボースなど、インドの政財界の要人たちとその遺族に面会している。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た松下政経塾

    東京都板橋区生まれ。東京都立豊島高等学校、早稲田大学商学部卒業。大学在学中は早稲田大学雄弁会に所属していた。大学卒業後、松下政経塾に入塾(第2期生)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た補欠選挙

    1996年、東京都議会議員を任期途中で辞職し、第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で東京都第3区から出馬したが、次点で落選したが早大及び政経塾の後輩新党さきがけ現職宇佐美登を凌駕。1998年、新井将敬衆議院議員の急死に伴い実施された東京都第4区の補欠選挙に出馬したが、再び落選。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た国民新党

    同年10月、野田第3次改造内閣発足に伴い、就任後9ヶ月で退任。松原自身は、退任にあたっての記者会見で悔しさをにじませた。同年の第46回衆議院議員総選挙では民主党公認、国民新党推薦で出馬。与党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、再び石原に2,016票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、5選。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た人権救済機関設置法案

    2012年9月19日 人権救済機関設置法案の閣議決定がなされた。これについて松原は「自由に意見を述べられた一議員のときは慎重に議論すべき問題と発言してきたが、内閣の一員としては閣議決定されたことは受け止めていきたい」と述べ閣議決定を容認する姿勢を示した。一方で「自民党政権時代から何回か出されてはつぶされてきた経緯を見て、内容にさまざまな意見があると認識している」とも語っている。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件に関して、菅内閣の対応を批判すると共に「今回の問題はある意味で日本の外交的敗北だ。検察だけでなく、領土問題に甘い対応をとり、中国側につけ込むすきを与えてきたこれまでの自民党政権にも大きな責任がある」と発言した。松原仁 フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示

「松原仁」のニューストピックワード