97件中 61 - 70件表示
  • 松原仁

    松原仁から見た新進党

    1993年東京都議会議員選挙では自民党公認で再選を果たすも、直後に自民党を離党し、新生党に入党。無所属(鳩山邦夫直系)の中山義活と、東京都議会で会派「新生・友愛クラブ」を結成する。翌1994年の新生党解党により新進党結党に参加した。1995年東京都知事選挙では、同じく新進党に所属する古賀俊昭と共に大前研一を支援したが、大前は青島幸男に敗れた。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た商学部

    東京都板橋区生まれ。東京都立豊島高等学校、早稲田大学商学部卒業。大学在学中は早稲田大学雄弁会に所属していた。大学卒業後、松下政経塾に入塾(第2期生)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た日本

    松原 仁(まつばら じん、1956年7月31日 - )は、日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見たインド

    2008年8月にはインドを訪問し、元国防相のジョージ・フェルナンデス、極東国際軍事裁判で日本を擁護したラダ・ビノード・パール、チャンドラ・ボースなど、インドの政財界の要人たちとその遺族に面会している。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た比例復活

    2007年、新潟県中越沖地震党対策本部事務局次長に就任。2009年民主党代表選挙では、鳩山由紀夫幹事長の推薦人に名を連ねた。同年の第45回衆議院議員総選挙では、前回敗れた石原に4万票超の差をつけ、比例復活すら許さず4選を果たした。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た東京都第3区

    1996年、東京都議会議員を任期途中で辞職し、第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で東京都第3区から出馬したが、次点で落選したが早大及び政経塾の後輩新党さきがけ現職宇佐美登を凌駕。1998年、新井将敬衆議院議員の急死に伴い実施された東京都第4区の補欠選挙に出馬したが、再び落選。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た板橋区

    東京都板橋区生まれ。東京都立豊島高等学校、早稲田大学商学部卒業。大学在学中は早稲田大学雄弁会に所属していた。大学卒業後、松下政経塾に入塾(第2期生)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た税金党

    1985年、東京都議会議員選挙に新自由クラブ公認で大田区選挙区から出馬するが、落選。1989年東京都議会議員選挙に再度大田区選挙区から無所属(税金党推薦)で出馬し、初当選。当選後、自由民主党に入党。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た日本武道館

    永住外国人への地方参政権付与については賛成の立場を取っていた時期もあったが、現在は反対の立場である。民主党内で結成された永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会に参加している。2010年4月17日に東京の日本武道館にて開催された永住外国人への地方選挙権付与(外国人参政権)に反対する国民集会に参加し、同会場にて「欧州は選挙権付与が盛んだという議論があるが、日本では通用しない。私は明快に反対。党内できちんと発言することが必要だと認識している」と述べ、外国人参政権に反対することを表明した。また、「民主党内には同じ思いを持つ若手議員もおり、党の中できちっと発言していくことが必要だ」と述べ、民主党内に松原以外にも外国人参政権に反対する議員がいることを明かした。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松原仁

    松原仁から見た国土交通大臣

    毎年欠かさず、8月15日もしくはその前後の日に靖国神社に参拝。神社敷地内にあるラダ・ビノード・パールの顕彰碑に花を捧げている。国家公安委員長を務めていた2012年にも参拝を行い、これが2009年の政権交代以来、初の民主党現職閣僚による終戦の日の靖国参拝となった(羽田雄一郎国交相も同日に参拝しているが、時間差で松原が第1号である)。松原仁 フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「松原仁」のニューストピックワード