319件中 31 - 40件表示
  • 久屋大通公園

    久屋大通公園から見た松坂屋松坂屋

    名古屋の繁華街・栄地区に位置する、北は外堀通、南は若宮大通へと約2kmにわたる都市公園で、名古屋市のシンボルロード。年間を通じてここで催し物が数多く開かれている。中心地にそびえる名古屋テレビ塔を始め、周辺にはオアシス21、愛知芸術文化センター、NHK名古屋放送局などがあり、また、松坂屋名古屋本店、丸栄本店、名古屋三越といった「名古屋の3M」と呼ばれる有名百貨店群もこの至近に店を構えている。また、名古屋城や大須商店街といったその他の有名スポットも比較的近くにある。久屋大通公園 フレッシュアイペディアより)

  • 高槻市

    高槻市から見た松坂屋松坂屋

    特に高槻駅周辺は百貨店が2軒(西武百貨店・松坂屋)、映画館(アレックスシネマ)を備えたショッピングセンター(平和堂)があるなど、大阪府三島地域最大級の商業集積地となっている。飲食店や服飾関係の店舗も多く、周辺の自治体から多くの若者が集まるエリアとして近年関西でも注目を集めている。上場企業の本社数は3。高槻市 フレッシュアイペディアより)

  • 興和

    興和から見た松坂屋松坂屋

    丸栄 - 松坂屋と並ぶ戦前からの名古屋の老舗百貨店。前身の一つ・十一屋が服部家の分家筋・後藤家による創業であり、現在も筆頭株主。興和 フレッシュアイペディアより)

  • すすきの

    すすきのから見た松坂屋松坂屋

    1960年代後半には札幌オリンピックの開催が決定したため、札幌は好景気に沸いた。1970年前後はすすきのの中央を貫く札幌駅前通が拡幅され、地下鉄南北線や地下街ポールタウンが整備された。1974年にはすすきの地区初の百貨店、松坂屋札幌店が開店、すすきの地区も商業地区へ変貌を遂げた。その後もすすきのには多くのビルが建設され、そこに多くのクラブやバー、キャバレーなどが入居した。代表的だったのは、1971年に開店したキャバレー「札幌クラブハイツ」(2013年2月28日に閉店)と翌年開店のマンモスキャバレー「エンペラー」(2006年9月閉店)、1974年開店した東京資本のグランドキャバレー「ミカド」(1987年春撤退・跡地はキリンビール園)などである。2009年12月現在、新宿歌舞伎町の「歌舞伎町クラブハイツ」(2009年2月閉店、経営会社は同一)が閉店した為、300坪超のキャバレーは前述の「札幌クラブハイツ」のみと思われる。1970年代後半からはディスコブームに乗って多くのディスコが誕生した。これに伴いナイトクラブは衰退した。すすきの フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋駅

    名古屋駅から見た松坂屋松坂屋

    2012年現在、名古屋駅の東側一帯では新たな再開発計画が進行している。まずJR東海は、かつて松坂屋名古屋駅店(2010年8月閉店)やホテルアソシア名古屋ターミナルなどが入居していた名古屋ターミナルビル跡地に地上46階・高さ220mの新たな駅ビルを建設し、日本郵政と名工建設は、名古屋中央郵便局名古屋駅前分室跡地に地上40階・高さ200mの超高層ビルを建設する予定である。2012年3月現在、それぞれ着工に向けた準備が進められている。両ビルはJRセントラルタワーズ2階から延伸予定の歩行者用デッキを挟んで千鳥状に配置される予定で、両ビルを合わせた延べ床面積は約44万平方メートルとなり、JRセントラルタワーズ(約41万平方メートル)を上回る規模となる。名古屋駅 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た松坂屋松坂屋

    そのなかで、 松坂屋が森ビルと共同で松坂屋銀座店と隣の街区を合わせて大規模な再開発をする計画が浮上。また、ほぼ同時期に歌舞伎座でも建て直しに伴う一部高層化の計画が発覚し、再び「銀座ルール」の見直しがされることとなった。2006年に施行された新ルールでは、昭和通りより西の銀座中心部では一切の例外を禁止して建物の高さを56mに抑え、今まで規定のなかった屋上広告についても最大で10mまでとした。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラ

    ゴジラから見た松坂屋松坂屋

    『ゴジラ』(1954年)でゴジラが銀座を破壊した際、松坂屋を無断で炎上させたために「縁起でもない」とクレームが付いた。それ以降、実在する建物を破壊する際には所有者の許可を取るようになった。しかし、ゴジラに破壊された建物はその後、業績が好調になっていたりするため「ぜひとも次のゴジラ映画でウチを破壊してほしい」というオファーが東宝に来た事がある。また、シリーズを通じて一度も四国地方には上陸していない。ゴジラ フレッシュアイペディアより)

  • 中部日本放送

    中部日本放送から見た松坂屋松坂屋

    1965年3月29日 -「0時半です松坂屋ですカトレヤミュージックです」の冒頭アナウンスで知られる松坂屋提供の長寿ラジオ音楽番組『カトレヤミュージック』が放送開始。初代パーソナリティーは日比英一アナウンサーほか。のち、岸佳弘、荒川戦一、島津靖雄、小堀勝啓、多田しげお、中西直輝、森合康行各アナウンサーなど歴代、CBCのアナウンサーが司会を担当( - 2008年3月30日終了)。中部日本放送 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラ (1954年の映画)

    ゴジラ (1954年の映画)から見た松坂屋松坂屋

    2度目の東京上陸後のルートは、「芝浦岸壁 - 札の辻 - 田町駅前 - 新橋 - 銀座尾張町 - 銀座4丁目(松坂屋) - 数寄屋橋 - 国会議事堂 - 平河町 - 上野 - 浅草 - 隅田川 - 勝鬨橋 - 東京湾」(ただし上野から浅草を経て隅田川まで達する場面は劇中には無く、テレビの実況アナウンサーの台詞で処理されている)。ゴジラ (1954年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤財閥

    伊藤財閥から見た松坂屋松坂屋

    織田信長の家臣であった伊藤蘭丸祐道が、1611年(慶長16年)、清洲越しにより新しく誕生した城下町名古屋に移り、名を源左衛門と改め、呉服小間物商伊藤屋を創業したのが、始まりである。その後、伊藤屋は、1768年に江戸に進出し、上野の松坂屋を買収して屋号をいとう松坂屋と改めた。これが現在の松坂屋の源流であり、1910年には第15代伊藤次郎左衞門祐民株式会社化し近代百貨店になった。1924年に全館土足入場可能な百貨店を銀座に開店した。松坂屋に名称が統一されたのは、1925年である。かつては進取の気風に満ち、三越を凌いで日本一の売上を誇る流通業であった時期もあった。伊藤財閥 フレッシュアイペディアより)

319件中 31 - 40件表示