174件中 51 - 60件表示
  • 松坂屋

    松坂屋から見たエレベーター

    2004年本館建物が横浜市指定の横浜歴史的建造物に認定。エスカレーターの装飾やエレベーターのアナログ時計式階数表示機、食堂の窓などが昔のまま残され、横浜に唯一現存した戦前に建設されたデパート建築であったものの、建物の老朽化が著しくなったのに加え、売り上げの減少が続いていたことから、2008年10月26日をもって閉店(百貨店事業の終了)、解体。跡地には、新たな商業施設カトレヤプラザ伊勢佐木として、2012年2月8日開業した。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た京都市

    1745年、室町姉小路に開設。1749年、現在の新町六角通下ル(京都市中京区)に移転。この界隈が呉服の問屋街であることから、呉服を仕入れるために設けられた店舗であるといえる。現在の建物は1902年に建てられたもので、昔ながらのたたずまいを見ることが出来た。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た日本橋 (東京都中央区)

    店舗面積35,213m²。本館と南館で構成される。「松坂屋」の屋号の由来となった店舗で、東京において江戸時代から現在まで同一の場所で続く百貨店は、当上野店と日本橋の三越本店だけである。かつては千葉県市川市に分店(市川松坂屋)があったが、閉店後のギフトショップ開設を経て現在は「市川学生服プラザ」となっている。この他にも、閉店した横浜松坂屋の後継である「横浜営業所・学生服プラザ」での営業も行う。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た号外

    プロ野球・横浜大洋ホエールズ・横浜ベイスターズを長年応援し、1998年の日本シリーズ優勝時には大型のクジラの模型が飾られた。また、店頭では異例ともいえる「神奈川新聞」優勝号外の再発行・再配布が行われた。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た伊藤次郎左衞門祐民

    もともとこの百貨店の屋号は創業者・伊藤蘭丸祐道の苗字から採ったいとう屋であった。この伊藤蘭丸祐道の祖先は織田信長の小姓をしていたとされる。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た松阪市

    三重県にある「松阪市」と混同して、しばしば松阪屋と誤表記される(坂と阪の違い)。また、マークが松阪商人の三井家の家紋と酷似している事も一因である。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た総会屋

    1997年11月、1993年から相談役であった鈴木正雄は総会屋への利益供与事件で辞任する。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た多治見市

    多治見ギフトショップ(岐阜県多治見市): 名古屋店の運営。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見たエスカレーター

    2004年本館建物が横浜市指定の横浜歴史的建造物に認定。エスカレーターの装飾やエレベーターのアナログ時計式階数表示機、食堂の窓などが昔のまま残され、横浜に唯一現存した戦前に建設されたデパート建築であったものの、建物の老朽化が著しくなったのに加え、売り上げの減少が続いていたことから、2008年10月26日をもって閉店(百貨店事業の終了)、解体。跡地には、新たな商業施設カトレヤプラザ伊勢佐木として、2012年2月8日開業した。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見たクレジットカード

    さくらパンダ - 元は上野店のマスコットキャラクター。大丸松坂屋百貨店の発足後は、大丸京都店のマスコットであった「デッチーくん」とともに、同社のイメージキャラクターになった。また、同百貨店の提携クレジットカードのデザインにも採用されている。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

174件中 51 - 60件表示

「松坂屋」のニューストピックワード