174件中 61 - 70件表示
  • 松坂屋

    松坂屋から見た心斎橋

    1966年、京阪天満橋駅の地下化に伴って建設された駅ビルに、ゑびす屋以来の日本橋(現・高島屋東別館のビル)から移転してきた。1996年、長堀鶴見緑地線の京橋 - 心斎橋間の開通により、多くの人が心斎橋に流れた。これを受け、若者向けに改装し増客を図ろうという方針がとられたが、心斎橋や梅田、隣の京橋に比べて場所としての魅力が少なく、若者客の獲得は失敗に終わったとされる。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見たファストファッション

    2010年4月29日には、新規テナントとして、ファストファッションチェーン店FOREVER 21が、本館の1-5階に出店、続く同年10月22日の改装オープン時には、大丸各店で展開しているヤングレディスファッション売場「ufufu girls(うふふガールズ)」が、松坂屋での第1弾として、本館の1,2階に開設された(その後、第2弾として2012年3月2日に、名古屋店の南館2階にも開設された)。また同年11月20日には、本館6階に家電量販店のラオックスが開店した。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た2009年

    JRAエクセル伊勢佐木(場外勝馬投票券発売所)に賃貸している西館は営業を継続。なお2009年1月1日をもって「株式会社横浜松坂屋」は松坂屋本体に吸収合併された。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た名古屋観光ホテル

    三越や高島屋などを凌ぎ日本一の売上を誇る百貨店であった時期も存在する。現在の三菱東京UFJ銀行(旧東海銀行)の前身の一つである伊藤銀行や「名古屋の帝国ホテル」と呼ばれた名古屋観光ホテル、名古屋商工会議所など各企業・団体の設立にも関連した、近代の名古屋における有名企業である。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見たヨドバシカメラ

    なお、松坂屋の再出店計画の断念を受けて、松坂屋に代わる新ビルへの入居テナント(1階 - 14階の商業スペースの核テナント)としてジェイアール名古屋高島屋を出店(約3万2000平方メートルを増床)させる方針であることを2010年5月19日に発表したほか、のちに大型家電量販店ヨドバシカメラ(1万6000平方メートル)や、大型書店三省堂書店(3000平方メートル、セントラルタワーズから移転)なども誘致する方針を示した。飲食店に関しては、JRセントラルタワーズよりもカジュアルで専門性・話題性のある飲食店を配置することとした。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見たH&M

    店舗面積86,758m²。旧本店。松坂屋の旗艦店で、大丸との経営統合後は本店の呼称は使われなくなった(これは大丸心斎橋店も同じ)。本館・南館・北館の3館で構成され、北館はかつて阪急東宝グループの映画館エンゼル東宝が入っていた共同ビルのため、現在でも店舗設置者に阪急阪神東宝グループが含まれる。2011年春から大規模改装工事が行われ、翌2012年4月28日に第1期分が完了した。南館では2011年9月14日、4階に「松坂屋写真室」がオープンし、証明写真や出張撮影を含む各種記念写真を取り扱っている。さらに、翌2012年3月2日に、銀座店と大丸各店で展開されているヤングレディスファッション売場「ufufu girls(うふふガールズ)」を2階に開設、また4月21日にH&Mが「国内最大の店舗面積」を唱って、1階と地下1階に出店した。なお、本館・南館・北館の外観はそれぞれ異なっており、南館はさらに、先にオープンした久屋大通沿いと、増床による大津通沿い(新・南館)で外観が全く異なっている(新・南館の外観は本館・大津通沿いの外観に似せてデザインされた)。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た三省堂書店

    なお、松坂屋の再出店計画の断念を受けて、松坂屋に代わる新ビルへの入居テナント(1階 - 14階の商業スペースの核テナント)としてジェイアール名古屋高島屋を出店(約3万2000平方メートルを増床)させる方針であることを2010年5月19日に発表したほか、のちに大型家電量販店ヨドバシカメラ(1万6000平方メートル)や、大型書店三省堂書店(3000平方メートル、セントラルタワーズから移転)なども誘致する方針を示した。飲食店に関しては、JRセントラルタワーズよりもカジュアルで専門性・話題性のある飲食店を配置することとした。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見た東海銀行

    三越や高島屋などを凌ぎ日本一の売上を誇る百貨店であった時期も存在する。現在の三菱東京UFJ銀行(旧東海銀行)の前身の一つである伊藤銀行や「名古屋の帝国ホテル」と呼ばれた名古屋観光ホテル、名古屋商工会議所など各企業・団体の設立にも関連した、近代の名古屋における有名企業である。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見たジェイアール名古屋タカシマヤ

    名古屋市内の主要百貨店として、名鉄百貨店本店・丸栄・名古屋三越(栄店、星ヶ丘店)・ジェイアール名古屋タカシマヤと共に4M1Tと並び称される。長年にわたって市内の百貨店で最も売上の多い店舗として君臨したが、2011年3月の月間売上高において初めてジェイアール名古屋タカシマヤに逆転を許した。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂屋

    松坂屋から見たタキヒヨー

    創業時より松坂屋(伊藤家)やタキヒヨー(滝家)の支援を受けており、その関係で1968年に松坂屋と共同配送を開始。商品券の交換など、元来松坂屋とは友好関係を築いていた。松坂屋 フレッシュアイペディアより)

174件中 61 - 70件表示

「松坂屋」のニューストピックワード