松岡正海 ニュース&Wiki etc.

松岡 正海(まつおか まさみ、1984年7月18日 - )はJRA(日本中央競馬会)の騎手。美浦の前田禎厩舎所属でデビューし、2005年10月に同調教師が死去し厩舎解散になったあとは相沢郁厩舎に所属している。 (出典:Wikipedia)

「松岡正海」Q&A

  • Q&A

    2016年10月23日(日)東京7Rは、ショウナンアンセム(内田博幸)やクリーンファ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月23日 03:50

  • Q&A

    2016年10月23日(日)東京5Rは、ルノンキュール(戸崎圭太)やサンヘレナ(松岡…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月23日 03:47

  • Q&A

    2016年10月23日(日)東京4R「メイクデビュー東京」は、ロジブリランテ(戸崎圭…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月23日 03:45

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「松岡正海」のつながり調べ

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た松岡正海

    2009年3月28日の日経賞(中山競馬場)では、アルナスラインの2着に入った。2009年5月3日、松岡正海騎手の進言により出走した第139回天皇賞では18頭中単勝12番人気という低評価であったが、レースは1番人気アサクサキングス、2番人気スクリーンヒーローのGI馬が失速して馬群に沈むなか、最後の直線入口で先頭に立つと、追いすがるアルナスラインをクビ差抑えて初の重賞勝利をGI競走初出走初勝利という結果で飾った。なお、重賞未勝利馬が同レースを制すのは1980年のニチドウタロー以来29年ぶり。この日のために国枝調教師は、マイネルキッツの遠征による負担を軽減させるため、4月中旬から京都競馬場に近い栗東トレーニングセンターに滞在させていた。その後、宝塚記念に出走したが、ドリームジャーニーの7着に敗れた。(マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーカプチーノ

    ジョーカプチーノから見た松岡正海

    続く2月28日に小倉競馬場で行われた自己条件の萌黄賞(500万下)では、中舘が同じく出走馬であるコリコパットに騎乗するために新たに藤岡康太を鞍上に迎えて4番人気に支持された。レースではスタートから逃げの体勢で進み、最後の直線に入ってもリードを保ち2着のブライドルアップに1馬身半差をつけて勝利してオープン馬となった。オープン初戦は、重賞競走初挑戦となる3月21日のファルコンステークスに引き続き藤岡康太が騎乗して4番人気で出走した。レースではこれまでのレーススタイルだった逃げの戦法をとらずに中団からレースを進め最後の直線で伸び脚を見せてカツヨトワイニングに半馬身差をつけて勝利し、2連勝で重賞競走初勝利を挙げた。続く4月11日に行われたニュージーランドトロフィーでは松岡正海が初騎乗して3番人気に支持されたがレースではクロッカスステークスで対戦したサンカルロに再び敗れて連勝が2で止まったものの3着に入り、NHKマイルカップへの優先出走権を獲得した。(ジョーカプチーノ フレッシュアイペディアより)

「松岡正海」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「松岡正海」のニューストピックワード