前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た松岡正海松岡正海

    第1回中山競馬第7日目第5競走(サラ系3歳以上混合未勝利戦、芝1600m、15頭立て)で、4番人気のマイネクイーン(牝3歳、松岡正海騎乗)が1着となり、同馬を管理する斎藤誠調教師(美浦)は現役168人目となるJRA通算100勝を達成した。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • コスモバルク

    コスモバルクから見た松岡正海松岡正海

    陣営の意向により騎手が松岡正海に替わり(後述)、迎えた第27回ジャパンカップでは陣営のリクエスト通り逃げずに2番手からレースを進めたが、直線で後退し13着に敗れた。ジャパンカップのあとはビッグレッドファーム明和に戻り調整が進められ、続く第52回有馬記念では5 - 6番手の好位に付けるも直線では後退し10着に敗れた。コスモバルク フレッシュアイペディアより)

  • ドリームパスポート

    ドリームパスポートから見た松岡正海松岡正海

    2008年、リフレッシュ放牧を終え、1月10日に稲葉隆一厩舎へ入厩した。転厩初戦は1月27日のアメリカジョッキークラブカップとなり、8人目の鞍上となる松岡正海が初騎乗して出走。しかし、4コーナーで早めに先頭に立つものの、最後まで粘れず5着に敗れた。続いて京都記念に出走。内から伸びてくるが届かず4着だった。その後の大阪杯でも同様に内で伸びきれず4着だった。そして迎えた大一番の天皇賞(春)では9着に終わった。ドリームパスポート フレッシュアイペディアより)

  • エスポワールシチー

    エスポワールシチーから見た松岡正海松岡正海

    続くマーチステークスでは松岡正海が2008年11月の錦秋ステークス以来の騎乗となったが、他馬が逃げる中で3番手に控え、直線で抜け出し勝利。1番人気で初重賞制覇となった。鞍上の松岡も「乗っているだけだった」と馬をたたえた。エスポワールシチー フレッシュアイペディアより)

  • 坂井千明

    坂井千明から見た松岡正海松岡正海

    同塾の門下生として指導を受けた松岡正海、吉田隼人、石橋脩、津村明秀らが頭角を現してきている。また大西直宏とともに、国際馬事学校で講師を務めていたこともある。坂井千明 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間寛志

    佐久間寛志から見た松岡正海松岡正海

    競馬学校を19期生として卒業。同期には石橋脩、長谷川浩大、松岡正海、南田雅昭らがいる。佐久間寛志 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦美帆

    杉浦美帆から見た松岡正海松岡正海

    あまりの勝てなさに、2007年4月8日放送終了直前に福原直英アナウンサーから「杉浦さんは取材自粛してください」と言われた。2007年夏には同番組の企画で西山牧場にて馬の世話を体験。自身のプロフィールでは寝藁上げを特技として挙げている。また、この番組での出会いをきっかけとして中央競馬騎手の松岡正海との交際が始まった。杉浦美帆 フレッシュアイペディアより)

  • 9頭落馬事故

    9頭落馬事故から見た松岡正海松岡正海

    松岡正海 - 口腔内裂傷、左側胸部打撲9頭落馬事故 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤士津八

    加藤士津八から見た松岡正海松岡正海

    2003年、競馬学校騎手課程を卒業しJRAの騎手免許を取得する。同期には石橋脩、長谷川浩大、松岡正海、佐久間寛志、南田雅昭らがいる。デビュー時の所属は国枝栄厩舎。現役親子騎手として話題となった。JRA初騎乗は、3月1日第3回中山2日目の12Rで6番人気のダンシングスナークに騎乗して7着だった。3月8日、第1回中京1日目の8Rで4番人気だったエグジジェで勝利しJRA初勝利を挙げる。8月31日、重賞初騎乗となった第39回新潟記念は、16番人気のクロンヌドールで17着という結果だった。デビュー年は合計7勝を挙げた。加藤士津八 フレッシュアイペディアより)

  • みんなのウマ倶楽部

    みんなのウマ倶楽部から見た松岡正海松岡正海

    ほしのが命名した、ハシッテホシーノが出走レース毎に勝利すればほしのが何かを行うという企画。2008年10月12日の1戦目の2歳新馬戦(騎乗:三浦皇成)こそ2着という結果に終わったものの、2008年10月25日の2戦目の2歳未勝利戦(騎乗:松岡正海)で初勝利。勝利の際には公約としてほしのが水着姿になる事を宣言していた為、同年11月1日の放送で水着姿を披露。番組前半は白、後半は黒のビキニ姿で進行した。その後、2009年1月24日の放送内でおぎやはぎがほしのと木下のコスプレを提案し2人は承諾。その後、翌週1月31日の3戦目の3歳500万下(騎乗:松岡)で2連勝を飾った為、2人は番組終盤にコスプレ姿を披露した。その後の放送では、ハシッテホシーノがオークス出走権を獲得したため、ほしのが学校系コスプレを披露し、またその後の放送では、オークスで5着以内に入った場合、バニーガールコスプレをする予定だったが、ハシッテホシーノが目標の順位内に入っていなかったため、ほしのが乗馬服を披露した。ちなみに過去3回の露出系のコスプレの公約はおぎやはぎが提案するもののアンタッチャブルとの出演ローテーションの兼ね合い上、見ることが出来ていない。みんなのウマ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「松岡正海」のニューストピックワード