47件中 11 - 20件表示
  • アーネストリー

    アーネストリーから見た松岡正海松岡正海

    休養を挟んで10月10日の夕刊フジ杯大原ステークスに1番人気で出走。降級後初となる同レースでは、2番手から直線で抜け出すとアクシオンに3馬身1/2の差をつけて快勝し、オープンへ復帰した。次走のアルゼンチン共和国杯では騎乗停止中の主戦・佐藤哲に替わり松岡正海が手綱を取った。レースでは2番手追走後、直線で一旦は逃げるミヤビランベリに並びかけるも、突き放され2着に終わった。重賞初連対を果たしたが、佐々木は「ここを勝ってジャパンカップへいきたかった」と述べている。アーネストリー フレッシュアイペディアより)

  • 金杯 (競馬)

    金杯 (競馬)から見た松岡正海松岡正海

    ドウカンヤシマが1984年に金杯(東)、1987年に金杯(西)を制し、中央競馬の金杯の両競走制覇を成し遂げている。東西金杯をともに勝利した競走馬はこの1頭のみ。また、騎手では柴田善臣と松岡正海が東西金杯を制している。金杯 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 重政豊

    重政豊から見た松岡正海松岡正海

    競馬サークルとのかかわりも深く2009年に行われた松岡正海の結婚式で持ちネタを披露している。重政豊 フレッシュアイペディアより)

  • サウンドオブハート

    サウンドオブハートから見た松岡正海松岡正海

    新潟の新馬戦をデビュー勝ち、つづく芙蓉ステークスも勝ち上がり2連勝で阪神JFに駒を進める。ここ2戦の騎乗を務めた松岡正海の負傷に伴い武豊に乗り替わり、初コース・初輸送等の不安材料がある中、押し出される格好で1番人気となるが結果は3着に終わる。サウンドオブハート フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦美帆

    杉浦美帆から見た松岡正海松岡正海

    2007年1月7日から9月2日まで『スーパー競馬』(フジテレビ)のリポーターを務めた。2007年夏にはこの番組の企画で西山牧場にて馬の世話を体験。自身のプロフィールでは寝藁上げを特技として挙げている。また、この番組での出会いをきっかけとして中央競馬騎手の松岡正海との交際が始まった。杉浦美帆 フレッシュアイペディアより)

  • サンツェッペリン

    サンツェッペリンから見た松岡正海松岡正海

    2006年6月24日、福島競馬場の新馬戦(ダート1000m)でデビューしたが6着に敗れた。中1週で今度は芝1200mに出走したが11着であった。なお、この2戦は後に皐月賞で叩き合いを繰り広げたヴィクトリーに騎乗する田中勝春が鞍上だった。その後サンツェッペリンは3ヶ月の休養に入り、休み明けの未勝利では、以後のパートナーとなる松岡正海に乗り替わって初勝利を挙げた。サンツェッペリン フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間寛志

    佐久間寛志から見た松岡正海松岡正海

    競馬学校を19期生として卒業。同期には石橋脩、長谷川浩大、松岡正海、南田雅昭らがいる。佐久間寛志 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井千明

    坂井千明から見た松岡正海松岡正海

    騎手引退後は競馬評論家として活動を行う傍ら、若手騎手の勉強会、通称「千明塾」を主宰し、騎乗のポイントから営業の方法まで、幅広い指導を行っている。同塾の門下生には松岡正海、石橋脩、吉田隼人、丹内祐次、津村明秀らがいる。また大西直宏とともに、国際馬事学校で講師を務めていたこともある。坂井千明 フレッシュアイペディアより)

  • ジョッキーマスターズ

    ジョッキーマスターズから見た松岡正海松岡正海

    馬場取締委員を日本騎手クラブ会長の柴田善臣が務め、パドックでのひき馬役には松岡正海・小林淳一・佐藤哲三・伊藤工真・内田博幸・北村宏司・石橋脩・田中博康の各騎手が担当した。誘導馬には日本馬として初めてジャパンカップを制したカツラギエースに騎乗した西浦勝一が騎乗。現役騎手からは柴田善臣、横山典弘、田中勝春、蛯名正義、武士沢友治が誘導馬に騎乗した。ウィナーズサークルでのスターター役は小島太が務めた。ジョッキーマスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 黛弘人

    黛弘人から見た松岡正海松岡正海

    松岡正海らとともに「ノビーズ」という音楽バンドを結成している。黛弘人 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示