47件中 21 - 30件表示
  • うまッチ!

    うまッチ!から見た松岡正海松岡正海

    2006年1月7日から3回に分けて石橋脩騎手、松岡正海騎手、野球評論家の金村義明、フジテレビアナウンサー・青嶋達也がゲストとして登場。大井競馬場での馬券対決を放送。うまッチ! フレッシュアイペディアより)

  • みんなのウマ倶楽部

    みんなのウマ倶楽部から見た松岡正海松岡正海

    ほしのが命名した、ハシッテホシーノが出走レース毎に勝利すればほしのが何かを行うという企画。2008年10月12日の1戦目の2歳新馬戦(騎乗:三浦皇成)こそ2着という結果に終わったものの、2008年10月25日の2戦目の2歳未勝利戦(騎乗:松岡正海)で初勝利。勝利の際には公約としてほしのが水着姿になる事を宣言していた為、同年11月1日の放送で水着姿を披露。番組前半は白、後半は黒のビキニ姿で進行した。その後、2009年1月24日の放送内でおぎやはぎがほしのと木下のコスプレを提案し2人は承諾。その後、翌週1月31日の3戦目の3歳500万下(騎乗:松岡)で2連勝を飾った為、2人は番組終盤にコスプレ姿を披露した。その後の放送では、ハシッテホシーノがオークス出走権を獲得したため、ほしのが学校系コスプレを披露し、またその後の放送では、オークスで5着以内に入った場合、バニーガールコスプレをする予定だったが、ハシッテホシーノが目標の順位内に入っていなかったため、ほしのが乗馬服を披露した。ちなみに過去3回の露出系のコスプレの公約はおぎやはぎが提案するもののアンタッチャブルとの出演ローテーションの兼ね合い上、見ることが出来ていない。みんなのウマ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 相沢郁

    相沢郁から見た松岡正海松岡正海

    松岡正海(2005年-現在 騎手)相沢郁 フレッシュアイペディアより)

  • マイネルチャールズ

    マイネルチャールズから見た松岡正海松岡正海

    デビューは2007年10月20日で柴山雄一騎手が騎乗。スタートで出負けして、4着に敗れる。2戦目の未勝利戦では、柴山騎手が騎乗停止のために松岡正海騎手が騎乗。先行し、直線外から伸びてきたサトノプログレスとの一騎討ちになるが、再び伸び返して初勝利。続く12月の葉牡丹賞では2着に終わったが、ホープフルステークスではブラックシェルに一旦まくられながら直線内からしぶとく差し返して2勝目を挙げた。マイネルチャールズ フレッシュアイペディアより)

  • レオアクティブ

    レオアクティブから見た松岡正海松岡正海

    6月中山のスプリント戦でデビュー。松岡正海騎乗で馬っ気を出しながらも最速の上がりで3着。連闘で臨んだ同条件の未勝利戦で初勝利を挙げた。この勝利はアドマイヤムーン産駒のJRA初勝利となった。レオアクティブ フレッシュアイペディアより)

  • マイネイサベル

    マイネイサベルから見た松岡正海松岡正海

    新潟の芝1400mの新馬戦で松岡正海鞍上でデビューし、6番人気に支持され、直線抜け出してデビュー戦を飾った。続く重賞の新潟2歳ステークスも9番人気だったが直線差しきって重賞初制覇を飾った。しかし続くファンタジーステークスは2番人気に推されるも9着。阪神ジュベナイルフィリーズは6着に敗れる。マイネイサベル フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤工真

    伊藤工真から見た松岡正海松岡正海

    食事に非常に気を使っており、通常トレセンの独身寮では食堂で三食とも食事が提供されているにも関わらず、かつて独身寮で隣の部屋に住んでいた松岡正海によれば「自分の部屋で十六穀米を炊いて、食堂に持ち込んで食べている」とのこと(おかずは食堂のものを食べている)。松岡曰く「(独身寮でわざわざ自炊するのは)ジョッキーでは史上初ではないか」という。伊藤工真 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た松岡正海松岡正海

    11日 - 【JRA】中山競馬第4競走の第4コーナー付近で三浦皇成の騎乗馬が外側へ斜行した影響により、9頭が相次いで落馬するアクシデントが発生。これにより内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の負傷を負ったのを始め、蛯名正義、勝浦正樹、後藤浩輝、中舘英二、松岡正海の各騎手も落馬負傷し以後のレースが騎手変更に(馬は9頭とも異常なし)。これにより馬は第1位入線も失格となり、三浦は開催日4日間の騎乗停止処分を受けた。9頭の落馬はJRA史上最多記録となった。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 松山弘平

    松山弘平から見た松岡正海松岡正海

    8月11日、園田競馬場で条件クラスの交流競走に騎乗するとともに、「修行のため」として岩田康誠を介して当日の平場競走3鞍に騎乗した。関東では松岡正海らJRAの若手騎手が南関東で何度もエキストラ騎乗をしているが、園田競馬場では元兵庫県競馬所属の小牧、岩田、赤木をのぞくと初めて。松山弘平 フレッシュアイペディアより)

  • グランリーオ

    グランリーオから見た松岡正海松岡正海

    安田記念を除外されたグランリーオは、翌週6月12日のエプソムカップ(G3)へ出走した。レースは松岡正海を背に前走に続き逃げの手に出るが、ゴール前でスズノマーチに交わされクビ差の2着に敗れた。重賞でも差の無い競馬を見せたグランリーオには、以後蛯名正義やランフランコ・デットーリなどの名手が跨り度々人気の中心となるが、これ以降の5戦で馬券対象となることは無かった。グランリーオ フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示