45件中 31 - 40件表示
  • レオアクティブ

    レオアクティブから見た松岡正海松岡正海

    6月中山のスプリント戦でデビュー。松岡正海騎乗で馬っ気を出しながらも最速の上がりで3着。連闘で臨んだ同条件の未勝利戦で初勝利を挙げた。この勝利はアドマイヤムーン産駒のJRA初勝利となった。レオアクティブ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田豊 (競馬)

    吉田豊 (競馬)から見た松岡正海松岡正海

    藤田伸二、松岡正海、元騎手の大西直宏らとは麻雀を打つ間柄である。関西への遠征時、自らの騎乗馬に藤田の伸二と書かれた腹帯を借りて着用していることがある。メジロドーベルのエリザベス女王杯時など(藤田の著書『競馬番長のぶっちゃけ話』より)。吉田豊 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 京成杯

    京成杯から見た松岡正海松岡正海

    2008年 - 松岡正海が騎手として6人目の連覇。京成杯 フレッシュアイペディアより)

  • アーネストリー

    アーネストリーから見た松岡正海松岡正海

    休養を挟んで10月10日の夕刊フジ杯大原ステークスに1番人気で出走。降級後初となる同レースでは、2番手から直線で抜け出すとアクシオンに3馬身1/2の差をつけて快勝し、オープンへ復帰した。次走のアルゼンチン共和国杯では騎乗停止中の主戦・佐藤哲に替わり松岡正海が手綱を取った。レースでは2番手追走後、直線で一旦は逃げるミヤビランベリに並びかけるも、突き放され2着に終わった。重賞初連対を果たしたが、佐々木は「ここを勝ってジャパンカップへいきたかった」と述べている。アーネストリー フレッシュアイペディアより)

  • トランセンド (競走馬)

    トランセンド (競走馬)から見た松岡正海松岡正海

    2009年から新設された重賞競走の(格付けなし)のレパードステークスでは、内田博幸がイギリスで騎乗停止となっていたため、松岡正海に乗り替わりとなった。スーニ、シルクメビウスなどダートで実績のある馬が出走していたが、1番人気に支持された。レースでは2番手追走から直線で抜け出しスーニに3馬身差をつけて勝利した。早い時計が出にくい良馬場だったが、勝ち時計は前走と同じタイム(レコードタイ)だった。同じ舞台で行われるエルムステークスでも1番人気に推されたが、伸びきれず4着に敗れた。続く武蔵野ステークスでは初めて後方に控え、直線でじりじりと伸びてきたが6着に敗れた。安田師は「芝とダートの切れ目を気にした」とコメント。レース後はジャパンカップダートには進まず、休養に入った。トランセンド (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 後藤 浩輝

    後藤浩輝から見た松岡正海松岡正海

    2009年フジテレビ系の『みんなのケイバ』でも同年の抱負として「若い芽を潰す」というスローガンを残している。これは三浦皇成や松岡正海らの台頭に危機感を抱いての発言であるとされている。後藤浩輝 フレッシュアイペディアより)

  • 四位洋文

    四位洋文から見た松岡正海松岡正海

    横山典弘と仲が良くサラブレや週刊Gallopで対談を行っている。また若手に対して面倒見がよく慕われており、1000勝達成時のセレモニーでは松岡正海・藤岡佑介の両騎手が看板持ちを務めた。四位洋文 フレッシュアイペディアより)

  • グランリーオ

    グランリーオから見た松岡正海松岡正海

    安田記念を除外されたグランリーオは、翌週6月12日のエプソムカップ(G3)へ出走した。レースは松岡正海を背に前走に続き逃げの手に出るが、ゴール前でスズノマーチに交わされクビ差の2着に敗れた。重賞でも差の無い競馬を見せたグランリーオには、以後蛯名正義やランフランコ・デットーリなどの名手が跨り度々人気の中心となるが、これ以降の5戦で馬券対象となることは無かった。グランリーオ フレッシュアイペディアより)

  • 石橋脩

    石橋脩から見た松岡正海松岡正海

    この年は長谷川浩大や松岡正海といった若手の中でも乗れる騎手がデビューした年であり、石橋は25勝を挙げ関東新人騎手賞を受賞した。石橋脩 フレッシュアイペディアより)

  • 松山弘平

    松山弘平から見た松岡正海松岡正海

    8月11日、園田競馬場で条件クラスの交流競走に騎乗するとともに、「修行のため」として岩田康誠を介して当日の平場競走3鞍に騎乗した。関東では松岡正海らJRAの若手騎手が南関東で何度もエキストラ騎乗をしているが、園田競馬場では元兵庫県競馬所属の小牧、岩田、赤木をのぞくと初めて。松山弘平 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「松岡正海」のニューストピックワード