前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示
  • 松岡正海

    松岡正海から見たほしのあきほしの あき

    タレントのほしのあきが名付け親で有名なハシッテホシーノの主戦騎手に指名されたことがきっかけでみんなのウマ倶楽部のレギュラー、木下優樹菜と知合い、「G1で勝ったら、インタビューで(木下の口癖である)『チョリース!』を披露する。」と約束。その後、上述の通りマイネルキッツで勝利したため約束を実行に移す。しかし、伝統の天皇賞に於いてのその行為に批判の声があった。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た杉浦美帆

    2009年12月に杉浦美帆(タレント。『馬三郎』で競馬予想を掲載していた)と結婚。2011年5月4日に第1子となる長女が誕生した。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た木下優樹菜木下 優樹菜

    タレントのほしのあきが名付け親で有名なハシッテホシーノの主戦騎手に指名されたことがきっかけでみんなのウマ倶楽部のレギュラー、木下優樹菜と知合い、「G1で勝ったら、インタビューで(木下の口癖である)『チョリース!』を披露する。」と約束。その後、上述の通りマイネルキッツで勝利したため約束を実行に移す。しかし、伝統の天皇賞に於いてのその行為に批判の声があった。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た長谷川浩大 (競馬)

    その後2005年のダイヤモンドステークスでウイングランツに騎乗し重賞初制覇。美浦所属の2003年デビュー組のなかで一番乗りでの重賞初制覇であった(栗東所属も含めると、前年の長谷川浩大(福島記念優勝)に次いで2人目)。そしてこの年の桜花賞でGI初騎乗を果たすなど、グレード競走にも徐々に名を連ねるようになり、最終的に49勝をマークした。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た田原成貴

    一方、田原成貴は、松岡について注目する若手騎手としつつも「いい意味でのヤンチャとただ荒々しいことを取り違えているんじゃないかと疑いたくなるほどもつれた場面で危険な乗り方をしているレースがある」との懸念も表明している。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た相沢郁

    松岡 正海(まつおか まさみ、1984年7月18日 - )はJRA(日本中央競馬会)の騎手。美浦の前田禎厩舎所属でデビューし、2005年10月に同調教師が死去し厩舎解散になったあとは相沢郁厩舎に所属している。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た藤田伸二

    週刊Gallopや自著「藤田伸二の男ラム」で、藤田伸二が「最近の若い騎手は覇気がない」と言いつつも「正海はいいね」と発言したことがある。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たサンツェッペリン

    日本復帰後はプリサイスマシーン、 マイネルレーニア、 サンツェッペリン、 アイルラヴァゲインと重賞勝ちを積み重ね、勝負強さを際立たせた。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たシンガポール航空

    第27回ジャパンカップより、五十嵐冬樹に代わりコスモバルクの主戦騎手を任され、2008年には同馬とともにシンガポールに遠征し、5月18日にシンガポールで初騎乗を迎え、高岡秀行厩舎所属のアストラトレスに騎乗して11着だった。なおこの日はシンガポール航空国際カップを含め3戦騎乗したが未勝利だった。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たマイネルキッツ

    翌2009年5月3日の天皇賞・春では、前走の日経賞でアルナスラインの2着にもってきたマイネルキッツに引き続き騎乗し、12番人気という低評価を覆し、前走敗れたアルナスラインに競り勝った。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示

「松岡正海」のニューストピックワード