85件中 41 - 50件表示
  • 松岡正海

    松岡正海から見たアイルラヴァゲイン

    日本復帰後はプリサイスマシーン、 マイネルレーニア、 サンツェッペリン、 アイルラヴァゲインと重賞勝ちを積み重ね、勝負強さを際立たせた。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たKKベストセラーズ

    独身時代はキャバクラ好きとして知られ、『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)誌上でターザン山本と対談した際には「(キャバクラは)わが国の宝ですから!(笑)」とまで語っていた。当時はそのこともあり金遣いも荒く、年間数千万円の収入があるにも関わらず、しばしば担当の税理士から「もう少し稼がないと税金が払えなくなる」と注意されていたという。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た日経賞

    翌2009年5月3日の天皇賞・春では、前走の日経賞でアルナスラインの2着にもってきたマイネルキッツに引き続き騎乗し、12番人気という低評価を覆し、前走敗れたアルナスラインに競り勝った。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た東京盃

    2009年9月30日には、大井競馬場で行われた第43回東京盃でふたたびバンブーエールで勝利した。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た主戦騎手

    第27回ジャパンカップより、五十嵐冬樹に代わりコスモバルクの主戦騎手を任され、2008年には同馬とともにシンガポールに遠征し、5月18日にシンガポールで初騎乗を迎え、高岡秀行厩舎所属のアストラトレスに騎乗して11着だった。なおこの日はシンガポール航空国際カップを含め3戦騎乗したが未勝利だった。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たダイヤモンドステークス

    その後2005年のダイヤモンドステークスでウイングランツに騎乗し重賞初制覇。美浦所属の2003年デビュー組のなかで一番乗りでの重賞初制覇であった(栗東所属も含めると、前年の長谷川浩大(福島記念優勝)に次いで2人目)。そしてこの年の桜花賞でGI初騎乗を果たすなど、グレード競走にも徐々に名を連ねるようになり、最終的に49勝をマークした。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た南関東公営競馬

    地方競馬場では、とくに南関東公営競馬では交流競走以外に条件競走・特別競走・地元重賞を問わず、地元馬にも多く騎乗している。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た地方競馬

    地方競馬での騎乗にも積極的で、2008年11月3日、公営園田競馬場で開催されたJBCスプリントをバンブーエールで制覇し、交流Jpn競走初勝利を挙げた。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た野球

    野球をプレーした経験があり、2006年5月22日に行われたJRA騎手東西対抗野球大会では、投手として完投勝利しMVPを受賞した。また、2008年4月23日のラジオ日本ジャイアンツナイター(対横浜戦・東京ドーム)にゲスト出演したこともある。好きな球団は横浜ベイスターズ。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た腓骨

    2011年からは落馬負傷による戦線離脱が相次いでいる。8月28日に左腓骨、11月19日には右鎖骨を骨折。明け2012年には1月5日に京都金杯をマイネルラクリマで制覇し1年ぶりの重賞勝ちとなった直後の京都競馬第12競走で競走中に落馬。検査の結果左足関節内果骨折、左手関節捻挫と診断された。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「松岡正海」のニューストピックワード

  • 美しすぎて眩しすぎる

  • transcosmos WHITE BASE(トランスコスモス ホワイトベース)

  • イクメン力全国ランキング2020