72件中 41 - 50件表示
  • 松岡正海

    松岡正海から見た腓骨

    2011年からは落馬負傷による戦線離脱が相次いでいる。8月28日に左腓骨、11月19日には右鎖骨を骨折。明け2012年には1月5日に京都金杯をマイネルラクリマで制覇し1年ぶりの重賞勝ちとなった直後の京都競馬第12競走で競走中に落馬。検査の結果左足関節内果骨折、左手関節捻挫と診断された。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た函館競馬場

    デビュー年は11勝にとどまったが、2年目の2004年は28勝と勝利数が上昇。夏には北海道競馬に参戦し、函館競馬で初の特別競走勝ちを収めるなどの活躍をした。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たプリサイスマシーン

    日本復帰後はプリサイスマシーン、 マイネルレーニア、 サンツェッペリン、 アイルラヴァゲインと重賞勝ちを積み重ね、勝負強さを際立たせた。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たみんなのウマ倶楽部

    タレントのほしのあきが名付け親で有名なハシッテホシーノの主戦騎手に指名されたことがきっかけでみんなのウマ倶楽部のレギュラー、木下優樹菜と知合い、「G1で勝ったら、インタビューで(木下の口癖である)『チョリース!』を披露する。」と約束。その後、上述の通りマイネルキッツで勝利したため約束を実行に移す。しかし、伝統の天皇賞に於いてのその行為に批判の声があった。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た中山競馬場

    2003年3月1日の中山競馬第12競走でプラチナウィンクに騎乗しデビュー(14着)。同年3月23日の中山競馬第12競走でデュエットシチーに騎乗し初勝利を挙げる。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た着差 (競馬)

    サンツェッペリンで2着に入った皐月賞では、わずかハナ差で敗れたことに相当悔しがり、検量室前で思わずヘルメットを叩きつけた。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たバンド (音楽)

    JRA騎手の黛弘人、調教助手の南田雅昭、西塚信人とはバンド仲間であり、「ノビーズ」というバンド名でライブ活動を行っている。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た完投

    野球をプレーした経験があり、2006年5月22日に行われたJRA騎手東西対抗野球大会では、投手として完投勝利しMVPを受賞した。また、2008年4月23日のラジオ日本ジャイアンツナイター(対横浜戦・東京ドーム)にゲスト出演したこともある。好きな球団は横浜ベイスターズ。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た東京スポーツ

    競馬評論家のなかでは清水成駿のファンで、『1馬』(現・優馬)で「今日のスーパーショット」を連載していたころからの愛読者だという。清水が東京スポーツに移籍してからも同紙の「馬単三国志」を愛読している。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た福島記念

    その後2005年のダイヤモンドステークスでウイングランツに騎乗し重賞初制覇。美浦所属の2003年デビュー組のなかで一番乗りでの重賞初制覇であった(栗東所属も含めると、前年の長谷川浩大(福島記念優勝)に次いで2人目)。そしてこの年の桜花賞でGI初騎乗を果たすなど、グレード競走にも徐々に名を連ねるようになり、最終的に49勝をマークした。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「松岡正海」のニューストピックワード