85件中 51 - 60件表示
  • 松岡正海

    松岡正海から見た鎖骨

    2011年からは落馬負傷による戦線離脱が相次いでいる。8月28日に左腓骨、11月19日には右鎖骨を骨折。明け2012年には1月5日に京都金杯をマイネルラクリマで制覇し1年ぶりの重賞勝ちとなった直後の京都競馬第12競走で競走中に落馬。検査の結果左足関節内果骨折、左手関節捻挫と診断された。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たJBCスプリント

    地方競馬での騎乗にも積極的で、2008年11月3日、公営園田競馬場で開催されたJBCスプリントをバンブーエールで制覇し、交流Jpn競走初勝利を挙げた。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たユニコーンステークス

    ユニコーンステークス(バーディバーディ)松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た競馬最強の法則

    独身時代はキャバクラ好きとして知られ、『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)誌上でターザン山本と対談した際には「(キャバクラは)わが国の宝ですから!(笑)」とまで語っていた。当時はそのこともあり金遣いも荒く、年間数千万円の収入があるにも関わらず、しばしば担当の税理士から「もう少し稼がないと税金が払えなくなる」と注意されていたという。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た函館競馬場

    デビュー年は11勝にとどまったが、2年目の2004年は28勝と勝利数が上昇。夏には北海道競馬に参戦し、函館競馬で初の特別競走勝ちを収めるなどの活躍をした。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た優馬

    競馬評論家のなかでは清水成駿のファンで、『1馬』(現・優馬)で「今日のスーパーショット」を連載していたころからの愛読者だという。清水が東京スポーツに移籍してからも同紙の「馬単三国志」を愛読している。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たプリサイスマシーン

    日本復帰後はプリサイスマシーン、 マイネルレーニア、 サンツェッペリン、 アイルラヴァゲインと重賞勝ちを積み重ね、勝負強さを際立たせた。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たみんなのウマ倶楽部

    タレントのほしのあきが名付け親で有名なハシッテホシーノの主戦騎手に指名されたことがきっかけでみんなのウマ倶楽部のレギュラー、木下優樹菜と知合い、「G1で勝ったら、インタビューで(木下の口癖である)『チョリース!』を披露する。」と約束。その後、上述の通りマイネルキッツで勝利したため約束を実行に移す。しかし、伝統の天皇賞ゆえその行為には批判の声もあった。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た中山競馬場

    2003年3月1日の中山競馬第12競走でプラチナウィンクに騎乗しデビュー(14着)。同年3月23日の中山競馬第12競走でデュエットシチーに騎乗し初勝利を挙げる。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見た若手騎手限定競走

    2013年5月26日に、日本ダービー80周年の記念競走として開催された「ホープフルジョッキーズ(若手騎手限定競走)」に騎乗した。これは杉原誠人の落馬負傷により急遽騎乗したものだが、若手騎手ではない騎手が騎乗するのは、2009年の赤木高太郎以来2例目。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「松岡正海」のニューストピックワード

  • 美しすぎて眩しすぎる

  • transcosmos WHITE BASE(トランスコスモス ホワイトベース)

  • イクメン力全国ランキング2020