前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 第52回世界卓球選手権個人戦

    第52回世界卓球選手権個人戦から見た松平健太松平健太

    1回戦で大会第9シードの水谷隼(世界ランク10位)がシルーチェク(131位)に、2回戦で第8シードで北京五輪シングルス金メダリストの馬琳(8位)が松平健太(58位)に敗れるなどの波乱があった。第52回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第49回世界卓球選手権個人戦

    第49回世界卓球選手権個人戦から見た松平健太松平健太

    日本からは男子シングルスに韓陽、松下浩二、岸川聖也、水谷隼、松平健太の5名、女子シングルスに福原愛、平野早矢香、福岡春菜、樋浦令子、藤井寛子の5名、男子ダブルスに岸川聖也、水谷隼組、高木和卓、松平健太組、女子ダブルスに福原愛、藤沼亜衣組、平野早矢香、石川佳純組、混合ダブルスに水谷隼、福岡春菜組、岸川聖也、福原愛組、韓陽、藤沼亜衣組、高木和卓、平野早矢香組、松平健太、石川佳純組が出場した。第49回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 石川佳純

    石川佳純から見た松平健太松平健太

    2010年1月、全日本選手権ジュニア女子の部で優勝し、史上初の4連覇を達成。松平健太とのペアで優勝した混合ダブルスと合わせて、2冠を果たした。5月の世界選手権(団体)で4勝(2敗)を挙げ、日本女子の5大会連続銅メダルに貢献。メダルをかけた準々決勝の韓国戦は3番手として出場し、世界ランク16位の唐汭序をゲームカウント0-2から3ゲームを奪って大逆転した。7月のITTFプロツアー・モロッコオープンではでシングルス初優勝。8月の全国高等学校総体(インターハイ)では女子シングルスを制し、女子で史上初の3連覇を成し遂げた。同年12月の第8回世界ジュニア卓球選手権の女子団体では中国の8連覇を阻止し初優勝をした、シングルスダブルスでも準優勝し活躍。ジュニア大会ではあるが、世界タイトルイベントでの日本女子団体種目優勝は1971年世界卓球選手権(名古屋大会)女子団体優勝以来、39年ぶり。石川佳純 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回世界卓球選手権個人戦

    第50回世界卓球選手権個人戦から見た松平健太松平健太

    日本からは男子シングルスに韓陽、水谷隼、吉田海偉、大矢英俊、松平賢二、松平健太、丹羽孝希の7名、女子シングルスに福原愛、藤沼亜衣、田勢美貴江、平野早矢香、福岡春菜、石川佳純、石垣優香の7名、男子ダブルスに水谷隼、岸川聖也組、松平健太、丹羽孝希組、松平賢二、上田仁組、女子ダブルスに福原愛、平野早矢香組、藤井寛子、石川佳純組、樋浦令子、藤沼亜衣組、混合ダブルスに田勢邦史、田勢美貴江組、水谷隼、平野早矢香組、岸川聖也、石川佳純組、松平健太、福原愛組、松平賢二、若宮三紗子組、上田仁、福岡春菜組、丹羽孝希、森薗美咲組が選ばれた。混合ダブルスの田勢、田勢組は世界選手権日本代表としては初の夫婦によるダブルスであった。第50回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回世界卓球選手権個人戦

    第51回世界卓球選手権個人戦から見た松平健太松平健太

    日本代表枠は5名から7名(2011年1月の世界ランキングで最大2名までが推薦されるため)であった。男子は世界ランク上位の水谷隼、松平健太がまず内定、2010年12月20日から22日に羽曳野市総合スポーツセンター(はびきのコロセアム)で行われた男子日本代表選手選考会で優勝した松平賢二が3人目に内定、その後、岸川聖也、張一博(馬龍に勝利したことが高く評価された。)、丹羽孝希が代表に選ばれた。第51回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 松平賢二

    松平賢二から見た松平健太松平健太

    松平 賢二(まつだいら けんじ、1989年4月6日 - )は、石川県七尾市出身の卓球選手。松平兄弟の次男。現在は協和発酵キリンに所属している。兄に松平敏史、2009年の第50回世界卓球選手権個人戦に弟の松平健太と共に出場した。松平賢二 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年アジア競技大会における卓球競技

    2014年アジア競技大会における卓球競技から見た松平健太松平健太

    男子代表は水谷隼、丹羽孝希、松平健太、岸川聖也、村松雄斗2014年アジア競技大会における卓球競技 フレッシュアイペディアより)

  • 青森山田中学高等学校

    青森山田中学高等学校から見た松平健太松平健太

    青森山田高校卓球部は、総監督を吉田安夫がつとめ、全国高等学校総合体育大会卓球競技大会で男子団体が17回、女子団体が4回全国優勝するなどの実績を残した。出身者には、水谷隼や松平健太、福原愛、丹羽孝希などがいる。青森山田中学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田安夫

    吉田安夫から見た松平健太松平健太

    吉田 安夫(よしだ やすお)は卓球指導者。埼玉県立熊谷商業高等学校、埼玉工業大学深谷高等学校、青森山田高等学校の卓球部で監督を務め、インターハイ優勝を何度も果たし全国優勝回数は100回以上を数える。渡辺武弘、斎藤清、岩崎清信、渋谷浩、吉田海偉、水谷隼、松平健太など全日本代表選手も多く輩出しており2006年1月に行われた第6回日本卓球人賞の指導者賞を受賞している。現在は青森山田高等学校で総監督をしている。吉田安夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第52回世界卓球選手権団体戦

    第52回世界卓球選手権団体戦から見た松平健太松平健太

    男子代表は水谷隼(11位)、丹羽孝希(15位)、松平健太(17位)、岸川聖也(22位)、塩野真人(26位)の5名。第52回世界卓球選手権団体戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「松平健太」のニューストピックワード