1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た松平健太松平健太

    新人賞 : 松平健太(卓球)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のスポーツ

    1991年のスポーツから見た松平健太松平健太

    4月11日 - 松平健太(石川県、卓球)1991年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽孝希

    丹羽孝希から見た松平健太松平健太

    2011年11月にバーレーンで開催された第9回世界ジュニア選手権大会の男子シングルスで優勝した。これは、2006年の松平健太選手につぐ日本選手2人目である。丹羽孝希 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村真晴

    吉村真晴から見た松平健太松平健太

    2012年1月に開催された平成23年度全日本卓球選手権大会では、準決勝で松平健太を破り決勝進出を決めると、決勝では前年のジャパントップ12で敗れた水谷と対戦、ファイナルゲームに縺れ込む死闘の末にゲームカウント4-3で勝利し、高校生として2人目の全日本王者に輝いた。吉村真晴 フレッシュアイペディアより)

  • 青森山田中学高等学校

    青森山田中学高等学校から見た松平健太松平健太

    松平健太(卓球男子世界ジュニア選手権単優勝)青森山田中学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 丁寧 (卓球選手)

    丁寧 (卓球選手)から見た松平健太松平健太

    左シェークハンドということから同じ中国の郭躍(グオ・ユエ)と比較されがちだが、両ハンドドライブを攻撃の軸とする郭躍に対し、丁寧は打点の速いショート気味のバックで相手の打球をブロックしつつフォアハンドドライブを決定打とするオールラウンダーでプレースタイルは相反するところが多い。試合中、流れの変化を誘う目的で日本の松平健太も多用するしゃがみ込みサーブを使用することがあるが、中国選手との対戦では相手が慣れているためかレシーブエースを決められることが多く使うことが少ない。丁寧 (卓球選手) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た松平健太松平健太

    男子ダブルス優勝: 松平健太(早稲田大学)、丹羽孝希(青森山田高校)(初優勝)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年

    1991年から見た松平健太松平健太

    4月11日 - 松平健太、卓球選手1991年 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のスポーツ

    2013年のスポーツから見た松平健太松平健太

    男子ダブルス優勝: 松平健太(早稲田大学)&丹羽孝希(青森山田高等学校)2013年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た松平健太松平健太

    混合ダブルス優勝: 松平健太(青森山田高)、石川佳純(ミキハウスJSC)2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「松平健太」のニューストピックワード