162件中 61 - 70件表示
  • 松平 健

    松平健から見たケーブルテレビ局

    ジャパンケーブルネット(2012年 - )JCNグループケーブルテレビ局の「JCNチャンネル」で放送。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た太陽にほえろ!

    太陽にほえろ! 81話「おやじバンザイ」(1973年、日本テレビ・東宝)小野役松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見たタレント

    私生活では演劇『風と共に去りぬ』の縁で1990年(平成2年)に大地真央と結婚したが、2004年(平成16年)に離婚。その後、2005年(平成17年)10月12日に14歳年下の元タレント・女優の松本友里と再婚。2006年(平成18年)10月31日に長男が誕生した。しかし2010年(平成22年)11月15日、松本が自宅で自殺。ショックを受けながらも、松平は千秋楽まで舞台を務めた。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た大河ドラマ

    1978年(昭和53年)に『暴れん坊将軍』の主役徳川吉宗に抜擢される。同作は2008年(平成20年)まで放送回数832回を数える長寿番組となり、時代劇スターとして認知され、彼の代表作となった。前後して出演した大河ドラマの『草燃える』では北条義時、『峠の群像』では石野七郎次、『元禄繚乱』では色部又四郎、『利家とまつ』では柴田勝家、『義経』では武蔵坊弁慶を演じており、同ドラマの常連俳優のひとりである。徳川吉宗や上記以外にも高杉晋作・斎藤道三・平清盛・大友宗麟・大石内蔵助・遠山景元・徳川家康など歴史上の人物をドラマ化したもので主演している。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た歌手

    松平 健(まつだいら けん、1953年11月28日 - )は、日本の俳優・歌手。本名は鈴木 末七(すずき すえしち)。愛称はマツケン、ケン様。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜

    37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜(2012年4月 - 6月、関西テレビ)佐伯毅彦役松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見たオリエンタル (食品メーカー)

    マツケンマハラジャ / マツケンカレー(2011年) - オリエンタルからコラボ製品「マツケンカレー」が期間限定発売松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た富士写真フイルム

    富士フイルム:フジカラー(2004年)松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見たナゴヤドーム

    2007年(平成19年)5月18日、ナゴヤドームの中日ドラゴンズ - 読売ジャイアンツ戦で始球式を務めた。7月に秋元康とのコラボレーションによるシングル『マツケン・パラパラ』を“KEN MATSUDAIRA”名義で発売。今回は、その名の通り「パラパラ」がテーマ。熱い夏を吹き飛ばすアッパー系のナンバーで、松平はロンゲのウィッグにゴージャスな白いスーツという姿で、パラパラの振り付けにも果敢に挑戦した。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た宝映テレビプロダクション

    愛知県立豊橋工業高等学校中退後、寿司職人となる。その後、石原裕次郎に憧れて俳優を志し、1970年(昭和45年)に上京。石原プロモーションに入社を直訴するもかなわず、宝映テレビプロダクションに入団。当初の芸名は松本二郎を名乗り、同僚に稲川淳二がいた。デビューは1972年(昭和47年)の『マドモアゼル通り』で、この時期に松平健に改名した。1974年(昭和49年)に勝新太郎のプロダクションに入り、勝の付き人を経験する傍ら、1972年(昭和47年)に勝主演の『座頭市物語』に出演した。1976年(昭和51年)に昼ドラマ『人間の條件』(フジテレビ系)において、初の主人公・梶役を演じた。松平健 フレッシュアイペディアより)

162件中 61 - 70件表示

「松平健」のニューストピックワード