162件中 81 - 90件表示
  • 松平 健

    松平健から見たマツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ

    2005年(平成17年)2月19日、ニューヨーク・タイムズ紙に日本での『マツケンサンバII』ブームに関する記事が、松平のコメントつきで掲載された。3月8日には東京ドームでマツケンサンバのコンサートも行い、南原清隆や香取慎吾(“カツケン”名義)と共演した。4月から『バニラ気分!』内で『マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ』で、バラエティ番組にも本格的に進出した。8月、地元・豊橋市の「豊橋ふるさと大使」に就任。9月14日には『マツケンサンバII』の続編に当たる『マツケンサンバIII』が発売され、初登場オリコンシングル部門17位を記録。17日には愛・地球博(愛知万博)の会場内で、『マツケンサンバIII』を披露、10,000人の観客は総立ちとなった。12月31日には『年忘れにっぽんの歌』に出演し、20分間にわたって『マツケンサンバI・II・III』をメドレーで熱唱した。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た神宮外苑花火大会

    2004年(平成16年)6月には『新説!歴史将軍』(フジテレビ系)に出演して、バラエティ番組の初司会を務めた。同年夏、舞台公演の終わりに華美な衣装で熱唱する『マツケンサンバ』のパフォーマンスが、大地真央との離婚取材に訪れたはずの芸能マスコミから注目を浴びた。それまで同曲のCDは公演会場でのみ売られていたが、この評判を受け『マツケンサンバII』が7月7日に全国発売された。それ以降、松平の愛称として『マツケン』という呼称が浸透するようになる。『マツケンサンバII』はオリコンシングル部門で初登場17位を記録(最高位は3位)。8月の『神宮外苑花火大会』では歌と踊りを披露して、25,000人の観客は総立ちとなった。秋には宝塚歌劇団の運動会の入場行進でも踊られた。12月31日の『第55回NHK紅白歌合戦』及び『第46回日本レコード大賞』に『マツケンサンバII』で出場し、両者ともに出場したすべての男性歌手で最も高い視聴率を記録した。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た燃えよドラゴンズ!

    2008年(平成20年)4月に、地元中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ! 2008」を熱唱。「暴れん坊将軍」にちなみ、2008年版の歌詞には「天下を取る」など勇ましいフレーズが含まれている。カップリング曲として新曲「マツケン燃えドラ盆おどり」も収録。「マツケンサンバII」の振付師、真島茂樹が振り付けを担当し、ナゴヤドームで観客が一緒になって踊れるような曲となっている。4月12日付のオリコンデイリーランクで10位になった。同年、自らがプロデュースしている美人美脚ユニット「Luxis」をデビューさせ、プロデューサーとしても活動している。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た座頭市

    愛知県立豊橋工業高等学校中退後、寿司職人となる。その後、石原裕次郎に憧れて俳優を志し、1970年(昭和45年)に上京。石原プロモーションに入社を直訴するもかなわず、宝映テレビプロダクションに入団。当初の芸名は松本二郎を名乗り、同僚に稲川淳二がいた。デビューは1972年(昭和47年)の『マドモアゼル通り』で、この時期に松平健に改名した。1974年(昭和49年)に勝新太郎のプロダクションに入り、勝の付き人を経験する傍ら、1972年(昭和47年)に勝主演の『座頭市物語』に出演した。1976年(昭和51年)に昼ドラマ『人間の條件』(フジテレビ系)において、初の主人公・梶役を演じた。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た利家とまつ〜加賀百万石物語〜

    1978年(昭和53年)に『暴れん坊将軍』の主役徳川吉宗に抜擢される。同作は2008年(平成20年)まで放送回数832回を数える長寿番組となり、時代劇スターとして認知され、彼の代表作となった。前後して出演した大河ドラマの『草燃える』では北条義時、『峠の群像』では石野七郎次、『元禄繚乱』では色部又四郎、『利家とまつ』では柴田勝家、『義経』では武蔵坊弁慶を演じており、同ドラマの常連俳優のひとりである。徳川吉宗や上記以外にも高杉晋作・斎藤道三・平清盛・大友宗麟・大石内蔵助・遠山景元・徳川家康など歴史上の人物をドラマ化したもので主演している。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た草燃える

    1978年(昭和53年)に『暴れん坊将軍』の主役徳川吉宗に抜擢される。同作は2008年(平成20年)まで放送回数832回を数える長寿番組となり、時代劇スターとして認知され、彼の代表作となった。前後して出演した大河ドラマの『草燃える』では北条義時、『峠の群像』では石野七郎次、『元禄繚乱』では色部又四郎、『利家とまつ』では柴田勝家、『義経』では武蔵坊弁慶を演じており、同ドラマの常連俳優のひとりである。徳川吉宗や上記以外にも高杉晋作・斎藤道三・平清盛・大友宗麟・大石内蔵助・遠山景元・徳川家康など歴史上の人物をドラマ化したもので主演している。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見たにっぽんの歌

    2005年(平成17年)2月19日、ニューヨーク・タイムズ紙に日本での『マツケンサンバII』ブームに関する記事が、松平のコメントつきで掲載された。3月8日には東京ドームでマツケンサンバのコンサートも行い、南原清隆や香取慎吾(“カツケン”名義)と共演した。4月から『バニラ気分!』内で『マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ』で、バラエティ番組にも本格的に進出した。8月、地元・豊橋市の「豊橋ふるさと大使」に就任。9月14日には『マツケンサンバII』の続編に当たる『マツケンサンバIII』が発売され、初登場オリコンシングル部門17位を記録。17日には愛・地球博(愛知万博)の会場内で、『マツケンサンバIII』を披露、10,000人の観客は総立ちとなった。12月31日には『年忘れにっぽんの歌』に出演し、20分間にわたって『マツケンサンバI・II・III』をメドレーで熱唱した。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た峠の群像

    1978年(昭和53年)に『暴れん坊将軍』の主役徳川吉宗に抜擢される。同作は2008年(平成20年)まで放送回数832回を数える長寿番組となり、時代劇スターとして認知され、彼の代表作となった。前後して出演した大河ドラマの『草燃える』では北条義時、『峠の群像』では石野七郎次、『元禄繚乱』では色部又四郎、『利家とまつ』では柴田勝家、『義経』では武蔵坊弁慶を演じており、同ドラマの常連俳優のひとりである。徳川吉宗や上記以外にも高杉晋作・斎藤道三・平清盛・大友宗麟・大石内蔵助・遠山景元・徳川家康など歴史上の人物をドラマ化したもので主演している。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た第55回NHK紅白歌合戦

    2004年(平成16年)6月には『新説!歴史将軍』(フジテレビ系)に出演して、バラエティ番組の初司会を務めた。同年夏、舞台公演の終わりに華美な衣装で熱唱する『マツケンサンバ』のパフォーマンスが、大地真央との離婚取材に訪れたはずの芸能マスコミから注目を浴びた。それまで同曲のCDは公演会場でのみ売られていたが、この評判を受け『マツケンサンバII』が7月7日に全国発売された。それ以降、松平の愛称として『マツケン』という呼称が浸透するようになる。『マツケンサンバII』はオリコンシングル部門で初登場17位を記録(最高位は3位)。8月の『神宮外苑花火大会』では歌と踊りを披露して、25,000人の観客は総立ちとなった。秋には宝塚歌劇団の運動会の入場行進でも踊られた。12月31日の『第55回NHK紅白歌合戦』及び『第46回日本レコード大賞』に『マツケンサンバII』で出場し、両者ともに出場したすべての男性歌手で最も高い視聴率を記録した。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た第46回日本レコード大賞

    2004年(平成16年)6月には『新説!歴史将軍』(フジテレビ系)に出演して、バラエティ番組の初司会を務めた。同年夏、舞台公演の終わりに華美な衣装で熱唱する『マツケンサンバ』のパフォーマンスが、大地真央との離婚取材に訪れたはずの芸能マスコミから注目を浴びた。それまで同曲のCDは公演会場でのみ売られていたが、この評判を受け『マツケンサンバII』が7月7日に全国発売された。それ以降、松平の愛称として『マツケン』という呼称が浸透するようになる。『マツケンサンバII』はオリコンシングル部門で初登場17位を記録(最高位は3位)。8月の『神宮外苑花火大会』では歌と踊りを披露して、25,000人の観客は総立ちとなった。秋には宝塚歌劇団の運動会の入場行進でも踊られた。12月31日の『第55回NHK紅白歌合戦』及び『第46回日本レコード大賞』に『マツケンサンバII』で出場し、両者ともに出場したすべての男性歌手で最も高い視聴率を記録した。松平健 フレッシュアイペディアより)

162件中 81 - 90件表示

「松平健」のニューストピックワード