51件中 21 - 30件表示
  • その時歴史が動いた

    その時歴史が動いたから見た松平定知松平定知

    毎回、番組の佳境の時に司会の松平定知アナウンサーが発する「そして皆さん、いよいよ今日のその時がやってまいります……」のフレーズが1つの特徴である。そして最後は「今夜もご覧頂きありがとうございました」の決めセリフで締め、エンディングとなる。エンディングでは「その時」のその後の影響、人間模様などをテーマ曲にのせて感動的に取り上げる。その時歴史が動いた フレッシュアイペディアより)

  • 第41回NHK紅白歌合戦

    第41回NHK紅白歌合戦から見た松平定知松平定知

    総合司会:松平定知(東京アナウンス室)第41回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 久松定武

    久松定武から見た松平定知松平定知

    香淳皇后は従妹にあたり、1953年(昭和28年)の第8回国民体育大会と1966年(昭和41年)の第17回全国植樹祭で愛媛県に来県した際には、ともに県知事として応接している。また、松平定知も遠戚にあたる。久松定武 フレッシュアイペディアより)

  • ファンロード

    ファンロードから見た松平定知松平定知

    「不公平」の意。横書きの不の字が木偏のように見えた事が由来。本誌の誤植か松平定知によるタクシー運転手暴行事件からと思われがちだが、実際はラジオ出演者の誤読が発端である。ファンロード フレッシュアイペディアより)

  • NHKアーカイブス

    NHKアーカイブスから見た松平定知松平定知

    この年は2つのシリーズを編成した。ひとつは、毎月第3日曜日に放送された『NHKスペシャル 新・シルクロード』(21:00 - 22:00)の放送に合わせた「特選アーカイブス・シルクロード」である。これは新・シルクロードで放送された番組の舞台を、1980年の『シルクロード-絲綢之路-』と比較してもらうという意味合いを込めて放送した。このときの進行役は松平定知であった。なお放送前年の2004年には、デジタルリマスターのために、日本と中国の共同取材で撮影したネガフィルムを再度、中国から全巻借り出してハイビジョンに変換する作業が行われた。NHKアーカイブス フレッシュアイペディアより)

  • ひるのプレゼント

    ひるのプレゼントから見た松平定知松平定知

    初代司会は飯窪長彦、山川静夫で、彼らが隔週交代で担当していた。その後、生方恵一、松平定知、宮川泰夫ら当時の若手有望株のNHKアナウンサーたちが司会を務めるようになった。テーマ曲は宮川泰が担当(CD『懐かしのNHKテレビ主題曲集』にも収録されている。一時期キーボードを使ったデジタル風の曲を用いていたが、不評だったために元に戻した)。松原敏春、喰始らが構成を、滝大作が演出を担当。ひるのプレゼント フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た松平定知松平定知

    松平定知(東京アナウンス室):伍代夏子の曲紹介。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年のテレビ (日本)

    1990年のテレビ (日本)から見た松平定知松平定知

    『第41回NHK紅白歌合戦』放送。テーマは「21世紀に伝える日本の歌・世界の歌」で、当時紅白史上最多となった58組の歌手が出場。紅組司会は女優の三田佳子、白組司会は俳優の西田敏行、総合司会は松平定知(当時NHKアナウンサー)がそれぞれ務めた。平均視聴率51.5%(2部。関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、前年より4.4%上昇、久々に50%台に回復した。1990年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た松平定知松平定知

    最終回の可能性があったこともあり(後述)、両組司会人選にあたりNHK内で局アナウンサーを推す声が多く、杉浦圭子(前回の総合司会)・松平定知の起用が当初最有力視されていた。しかし実際は三田佳子(前回の審査員。夫が当時NHKプロデューサーの高橋康夫。スタッフは高橋を介して三田に紅組司会の打診をしたという。また『大河ドラマ』の主演経験者が紅白の司会に起用されるのは史上初)・武田鉄矢が選出された。なお、白組司会起用が予想された松平が総合司会、紅組司会起用が予想された杉浦が進行役をそれぞれ担当した。第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 蒼穹の昴

    蒼穹の昴から見た松平定知松平定知

    語り:松平定知(日本語版)蒼穹の昴 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「松平定知」のニューストピックワード

  • フィリピン中央銀行

  • 東京マーケット・サマリー

  • 米国とユーロ圏の3月以降の株価反発のうち、半分近くと5分の1は金融政策の結果