48件中 11 - 20件表示
  • 横峯良郎

    横峯良郎から見た松木謙公松木謙公

    2011年12月28日、「一身上の都合」を理由に民主党執行部に離党届を提出した。同日午後、横峯の秘書が国会内の民主党幹事長室を訪れ、樽床伸二幹事長代行に手渡した。同日午前中に離党届を提出した内山晃ら9人の民主党議員の動きとの関係はないという。同日元衆議院議員鈴木宗男が新たに届け出た新党新党大地・真民主に松木謙公・平山誠らとともに参加の意向を示し、同党所属となった。「新党大地・真民主」は2012年11月28日、第46回衆議院総選挙に際して「新党大地」に党名を変更。横峯は引き続き同党所属となったが、総選挙後の2012年12月28日、平山誠が新党大地を離党したため、参議院会派「新党大地」は横峯の1議席となり会派構成要件を喪失。2013年1月10日、参議院会派「新党大地」は会派解散を届出、横峯は会派に属さない議員となった。横峯良郎 フレッシュアイペディアより)

  • 池田真紀 (政治家)

    池田真紀 (政治家)から見た松木謙公松木謙公

    しかし、2014年12月の第47回衆議院議員総選挙において、民主党の 北海道2区の候補者選考が混乱した。混乱の原因は、それまで同区で出馬を続けてきた三井辨雄が不出馬を表明すると同時に維新の党の松木謙公を指名したことに端を発する。この後継指名を受けて松木は維新の党の公認候補となり、維新の党と選挙区調整をしていた民主党本部は民主党候補の公認擁立を見送った。ただし、民主党北海道連合会はこの動きに反発、急遽札幌市会議員候補だった池田を無所属で民主党北海道連推薦の候補として擁立する運びとなった。池田真紀 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 北海道通信社

    北海道通信社から見た松木謙公松木謙公

    副社長・松木謙公は前衆議院議員(網走・宗谷両管内からなる北海道第12区)。北海道通信社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤波孝生

    藤波孝生から見た松木謙公松木謙公

    松木謙公(元秘書、のちの衆議院議員)藤波孝生 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷毎彦

    小谷毎彦から見た松木謙公松木謙公

    衆議院北海道第12区(宗谷・網走両管内)の松木謙公衆院議員と関係が深く、武部勤と関係が深い自民党系の神田孝次と一騎討ちとなり、次期衆院選における同選挙区の前哨戦の代理戦争と報道された。小谷毎彦 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄及び北方問題に関する特別委員会

    沖縄及び北方問題に関する特別委員会から見た松木謙公松木謙公

    佐々木隆博、松木謙公(民進党・無所属クラブ)沖縄及び北方問題に関する特別委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 横粂勝仁

    横粂勝仁から見た松木謙公松木謙公

    2011年5月20日、民主党幹事長の岡田克也に会い、離党届を提出したが受け取りを断られたために持ち帰った。同月24日に記者会見を開き、離党の意向を公表するとともに、民主党の在り方について批判を展開した。離党届は受理されず、慰留され続け、6月2日、菅内閣不信任決議案の採決で松木謙公とともに賛成票を投じ、除籍された。その翌日、テレビ番組において「菅総理は、メドを付けたら辞めなくてはならず、メドを付けなければ辞めずに済む。自己矛盾した内閣。」と批判した。2011年7月、選挙区を神奈川11区から、菅直人の選出選挙区である東京18区に変更することを表明。横粂勝仁 フレッシュアイペディアより)

  • 三井辨雄

    三井辨雄から見た松木謙公松木謙公

    2014年の第47回衆議院議員総選挙には健康上の理由で出馬しない意向を示し、党を除名された松木謙公(維新の党)を後継候補として指名した。この選挙では三井らが支援した松木と党北海道連が推薦した池田真紀で事実上の民主分裂選挙となったが、松木が比例復活、池田は落選した。三井辨雄 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道第12区

    北海道第12区から見た松木謙公松木謙公

    自民党幹事長などを務めた武部勤の地盤だった選挙区である。第43回から45回は武部VS松木謙公の構図となっており、いずれも敗れたほうが比例で復活した。46回は武部が引退し息子の新を立て、松木が新党大地へ移籍と状況が変化した中で、新が初当選した。松木はこの選挙区に国替えして初めて比例復活もならず落選した。北海道第12区 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道第2区

    北海道第2区から見た松木謙公松木謙公

    2014年(平成26年)の選挙では三井が引退、後継にそれまで北海道12区から出馬していて2区からの出馬経験がある元民主党の松木謙公を指名し維新の党から出馬(前回出馬した高橋は東京17区へ国替え)したが、民主党北海道連が反発し推薦候補として池田真紀を無所属で擁立。その結果、野党票が分散し吉川が再び勝利した(松木は2位で比例復活、池田は3位で落選後、北海道5区に国替えした)。北海道第2区 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「松木謙公」のニューストピックワード