前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 松木謙公

    松木謙公から見た河村たかし

    2003年の衆院選、2005年の衆院選はいずれも北海道12区で武部勤に敗れたが、比例復活で当選する。2009年の衆院選で初めて武部を破り小選挙区で初当選したが、武部も比例復活した。北海道12区で、中選挙区時代に武部のライバルだった鈴木宗男率いる新党大地や、鈴木の秘書経験者で青山学院大学の同級生でもある釧路市長の蝦名大也や、河村たかしが率いる減税日本、大村秀章が率いる日本一愛知の会から支援を受けている。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た鳩山由紀夫

    菅内閣不信任決議案の採決に先立って開催された民主党代議士会において、菅直人と鳩山由紀夫の間で菅が早期退陣するかのような言葉のやり取りがあり、小沢一郎が小沢グループの会合で「退陣の言質を取った」として自主投票とすることに決定した。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た小沢一郎

    菅内閣不信任決議案の採決に先立って開催された民主党代議士会において、菅直人と鳩山由紀夫の間で菅が早期退陣するかのような言葉のやり取りがあり、小沢一郎が小沢グループの会合で「退陣の言質を取った」として自主投票とすることに決定した。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た渡部恒三

    松木がタウン誌『神楽坂まちの手帖』に寄せた随想の「我が師・藤波孝生を想う」によれば、政界入りのきっかけは「藤波先生のところで人生勉強をさせてもらいなさい」という父の助言に従ったことである。議員転身の際、藤波は初代後援会長をつとめている(2代目は渡部恒三)。松木は藤波を政治の師匠と仰いでいる。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た三井辨雄

    2011年8月30日の衆議院本会議における内閣総理大臣指名選挙で民主党代表の野田佳彦が指名を受けたが、松木はその1日前の民主党代表選挙にて小沢が推していた海江田万里に票を投じ、海江田は一票を得ている。2011年12月28日、新党の設立を届け出た。2012年1月6日、新党大地・真民主代表代行兼幹事長に就任。2012年、第46回衆議院議員総選挙では新党大地から出馬するも小選挙区(北海道12区)で敗北、比例復活もならず落選。2013年、第23回参議院議員通常選挙でも新党大地から比例代表として出馬したが、落選。その後、選挙の責任をとって幹事長を辞任、その後新党大地も離党し無所属となった。2014年の第47回衆議院議員総選挙に際して、同区を地盤とする民主党の支部長三井辨雄が松木を後継指名し不出馬を表明するなどし、第42回以来の北海道2区での立候補を模索していたが、11月21日に維新の党が公認すると発表した。投開票の結果、自民党の吉川貴盛に敗れたが、比例復活で当選。現在でも小沢との良好な関係は続いており、2015年、2016年の元日に小沢の私邸で開催された新年会にも出席している。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た武部勤

    2003年の衆院選、2005年の衆院選はいずれも北海道12区で武部勤に敗れたが、比例復活で当選する。2009年の衆院選で初めて武部を破り小選挙区で初当選したが、武部も比例復活した。北海道12区で、中選挙区時代に武部のライバルだった鈴木宗男率いる新党大地や、鈴木の秘書経験者で青山学院大学の同級生でもある釧路市長の蝦名大也や、河村たかしが率いる減税日本、大村秀章が率いる日本一愛知の会から支援を受けている。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た中島正純

    結局、松木以外のグループの所属議員は採決で反対票を投じたか、棄権したが、グループの中で一貫して不信任案賛成を主張し、グループの主導的な立場だった松木は賛成票を投じた。松木のほかに賛成票を投じた与党系議員は、既に離党届を提出していた横粂勝仁と政党支部支出問題で1年前に離党して無所属になっていた中島正純の2人だけであった。グループ内の投票行動が一致しなかったことについて「小沢さんは小沢さん、僕は僕」「信任できないから賛成した。俺が言いたいことはそれだけだ」と述べた。同日、松木に対して民主党執行部から除籍処分が下された。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た細野豪志

    2010年9月に発足した菅改造内閣で農林水産大臣政務官に就任したが、菅政権の政策方針に対する不満を理由として、翌2011年2月23日に内閣総理大臣補佐官の細野豪志へ農林水産大臣政務官職の辞職願を提出し、24日に受理された。松木の辞任は、いわゆる菅おろしの嚆矢のひとつとなり、同年6月2日の菅内閣不信任決議案の採決に際して賛成票を投じ、同日中に民主党を除籍された(後述)。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た菅直人

    菅内閣不信任決議案の採決に先立って開催された民主党代議士会において、菅直人と鳩山由紀夫の間で菅が早期退陣するかのような言葉のやり取りがあり、小沢一郎が小沢グループの会合で「退陣の言質を取った」として自主投票とすることに決定した。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

  • 松木謙公

    松木謙公から見た野田佳彦

    2011年8月30日の衆議院本会議における内閣総理大臣指名選挙で民主党代表の野田佳彦が指名を受けたが、松木はその1日前の民主党代表選挙にて小沢が推していた海江田万里に票を投じ、海江田は一票を得ている。2011年12月28日、新党の設立を届け出た。2012年1月6日、新党大地・真民主代表代行兼幹事長に就任。2012年、第46回衆議院議員総選挙では新党大地から出馬するも小選挙区(北海道12区)で敗北、比例復活もならず落選。2013年、第23回参議院議員通常選挙でも新党大地から比例代表として出馬したが、落選。その後、選挙の責任をとって幹事長を辞任、その後新党大地も離党し無所属となった。2014年の第47回衆議院議員総選挙に際して、同区を地盤とする民主党の支部長三井辨雄が松木を後継指名し不出馬を表明するなどし、第42回以来の北海道2区での立候補を模索していたが、11月21日に維新の党が公認すると発表した。投開票の結果、自民党の吉川貴盛に敗れたが、比例復活で当選。現在でも小沢との良好な関係は続いており、2015年、2016年の元日に小沢の私邸で開催された新年会にも出席している。松木謙公 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「松木謙公」のニューストピックワード

  • トミカ50周年コラボプロジェクト(https://t.co/bQbAY1aaeB)

  • エヴァンゲリオン京都基地

  • Go To トラベルキャンペーン