111件中 21 - 30件表示
  • サティアン

    サティアンから見た松本サリン事件松本サリン事件

    第7サティアン - 1993年2月から建造開始。9月からは内部にサリンプラントを建設していたが、サリン製造は果たせなかった。ただしサリンプラントで製造したものではないが、サリン製造の最終工程をサティアン3階で行ったことがあり、このサリンは滝本サリン事件、松本サリン事件に使用された。サティアン フレッシュアイペディアより)

  • 中村昇 (オウム真理教)

    中村昇 (オウム真理教)から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年6月27日に発生した松本サリン事件ではサリン噴霧の際に実行現場の警備役を担当した。中村昇 (オウム真理教) フレッシュアイペディアより)

  • 報道被害

    報道被害から見た松本サリン事件松本サリン事件

    また社会的注目度の高い犯罪を起こしたという「疑惑」を、大々的かつ継続的に報道された場合、無罪確定後や無実が確認された後も疑いの目を持たれ続ける事がある(ロス疑惑・松本サリン事件など)。また日本のマスコミは、「逮捕イコール有罪・犯罪者」的スタンスで報道することが多く、無罪判決や誤認逮捕が判明した場合でも、すでに失職や離婚等の被害を受けている例がある(三億円事件など)。報道被害 フレッシュアイペディアより)

  • 中川智正

    中川智正から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1993年10月からは教団の武装化路線の本格化と土谷正実によるサリン合成の成功に伴い、土谷とともに化学兵器製造に従事。池田大作サリン襲撃未遂事件、滝本太郎弁護士サリン襲撃事件、松本サリン事件に関わる。松本サリン事件ではサリン生成に従事した他、実行犯に加わった。中川は土谷や遠藤誠一と共にサリンやVXといった兵器の製造管理を任されていた(土谷正実も参照)。土谷と遠藤は対抗意識から仲が悪くなっており、中川が緩衝材の役割を果たしていた。中川智正 フレッシュアイペディアより)

  • 林泰男

    林泰男から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年6月の松本サリン事件にもサリン噴霧車の製造という形で関与している。林泰男 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年に自社さ連立による村山内閣で自治大臣・国家公安委員長として初入閣。1995年、オウム真理教によるテロ事件に破壊活動防止法を適用することを強硬に主張した。また、松本サリン事件で被疑者と疑われた通報者の河野義行に対して国家公安委員長として真っ先に謝罪に訪れた(長野県警は、現在に至るまで河野に謝罪していない)。村山首相は公安調査庁に破防法適用申請を認めたものの、公安審査委員会の審議により否決された。野中広務 フレッシュアイペディアより)

  • 長野サリン事件

    長野サリン事件から見た松本サリン事件松本サリン事件

    長野サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 現代用語

    現代用語から見た松本サリン事件松本サリン事件

    オウム真理教による松本サリン事件・地下鉄サリン事件をきっかけにその存在及び実態が明らかになった、旧ナチス・ドイツの開発した猛毒の神経系ガス。現代用語 フレッシュアイペディアより)

  • 松丸伸一郎

    松丸伸一郎から見た松本サリン事件松本サリン事件

    松本簡易裁判所判事であった1994年に起きた松本サリン事件において、長野県警の請求に対して第一通報者である河野義行宅の捜索令状を発付しているが、本来過失罪で請求するところを誤って殺人未遂として発行していた。松丸伸一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 木村朗

    木村朗から見た松本サリン事件松本サリン事件

    木村朗編『メディアは私たちを守れるか? 松本サリン・志布志事件にみる冤罪と報道被害 市民講座いまに問う』凱風社、2007年11月木村朗 フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「松本サリン事件」のニューストピックワード