111件中 31 - 40件表示
  • 松本協立病院

    松本協立病院から見た松本サリン事件松本サリン事件

    松本サリン事件 事件の被害者の河野義行が当時入院した際、河野は当初事件の犯人扱いをされていたため「殺人犯を入院させるな」等の心無い嫌がらせが病院にあった。松本協立病院 フレッシュアイペディアより)

  • エチルサリン

    エチルサリンから見た松本サリン事件松本サリン事件

    オウム真理教の松本サリン事件と地下鉄サリン事件に関する裁判で、麻原彰晃の弁護団と、土谷正実は、使用された毒ガスはエチルサリンである(オウムのものではない)と主張したことがある。ただし、ここでいうエチルサリンがどちらのものであるかは明確になっていない。エチルサリン フレッシュアイペディアより)

  • 北深志

    北深志から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年には松本サリン事件が発生し市民に甚大な被害をひき起こした。北深志 フレッシュアイペディアより)

  • 生坂ダム殺人事件

    生坂ダム殺人事件から見た松本サリン事件松本サリン事件

    長野県公安委員だった河野義行(松本サリン事件で無実ながら警察とマスメディアから犯人視された人物)は、長野県警がこの事件を他殺と断定できなかったのはやむをえないとして擁護する意見を出していたが、河野が長野県警糾弾の先鋒になることを期待した田中康夫県知事と対立することになったため、更迭された。生坂ダム殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・コシミズ

    リチャード・コシミズから見た松本サリン事件松本サリン事件

    松本サリン事件については、創価学会員の河野の冤罪ばかりに関心を引き付け、その間に証拠を隠滅し、誰が何のために事件を起こしたのかの本質を隠した。この事件の目的は長野地裁でのオウムの土地がらみの裁判を妨害することとされているが、裁判はオウムに有利に進められており、妨害する必要がなかった。現場には化学部隊のような集団が目撃されており、オウムがサリンを散布したとされる以前に被害が発生していた。この事件の真の目的は、サリン攻撃によって市街地でどれだけの効果があるかの予行演習をすることと、坂本弁護士一家殺害事件等で「オウムと北朝鮮の関係」を探られるのを恐れてオウムを一度撤収する必要が生じすべてをオウムに罪をなすりつけることである。リチャード・コシミズ フレッシュアイペディアより)

  • 植村立郎

    植村立郎から見た松本サリン事件松本サリン事件

    地下鉄サリン事件、坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件などで殺人罪に問われた中川に対し、一審の死刑判決を支持し控訴を棄却。植村立郎 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮和夫

    一宮和夫から見た松本サリン事件松本サリン事件

    松本サリン事件民事訴訟 - 2001年7月25日東京地方裁判所、オウム真理教松本智津夫(被告)に対し4億6500万円の賠償を命令一宮和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 龍鳳書房

    龍鳳書房から見た松本サリン事件松本サリン事件

    検証 松本サリン事件報道(テレビ信州編)龍鳳書房 フレッシュアイペディアより)

  • 誤報

    誤報から見た松本サリン事件松本サリン事件

    犯罪報道において、特定の人物を犯人だと読者に印象づける報道がしばしば見られるものだが、犯人扱いされた人物が実際には犯行に関わっていなかったことが明らかになったり、裁判で無罪になった場合をここで扱う。1968年に起きた三億円事件においては、翌年末に脅迫の容疑で別件逮捕された青年が、マスコミによって強奪事件の犯人であるかのような扱いを受けた。すぐに青年のアリバイが証明され釈放されたものの、新聞には男性の経歴や家族、交友関係などが詳しく記載されたため、無実と分かった後も好奇の目にさらされ続けた青年は最終的に自らの命を絶った(三億円別件逮捕事件)。1974年の松戸OL殺人事件では、別件の窃盗罪で逮捕された後に、同事件に対する殺人・死体遺棄などの罪で起訴された男性について、マスコミはそれまでに発生していた首都圏11人女性殺害事件との関連をほのめかし続けた。「おわび」や「訂正」が出されたのは東京高裁において、殺人などについての無罪判決が出された後、およびそれが確定した後(1991年)のことである。また、1994年の松本サリン事件では、マスコミによって、第一通報者の河野義行が逮捕、起訴されていないにも拘らず、約1年のあいだにわたって犯人視され続けた。いずれの報道にも共通するものとして、警察発表や、捜査員からの非公式な情報をさして裏づけを取ることもなく記事にしたり、記事をことさらセンセーショナルなものにしがちなマスコミの姿勢が挙げられる。また、松本サリン事件の報道の反省として述べられていたものに以下がある。誤報 フレッシュアイペディアより)

  • 社会的制裁

    社会的制裁から見た松本サリン事件松本サリン事件

    しかし現実には、マスコミの不明瞭な基準によりプライバシーや捜査上機密の暴露がなされたり、偏向報道と思われる報道がなされたりして無責任・不適切な社会的制裁が行なわれることがある。マスコミのメディア・リンチによって不適切な社会制裁がなされ、深刻な報道被害が引き落とされた代表例としては、ロス疑惑の被告(無罪)や松本サリン事件の第一通報者、海外の事例でもジョンベネ殺害事件における被害者の家族などが挙げられる。特に松本サリン事件・ジョンベネ殺害事件では捜査機関に逮捕されていないにもかかわらず、犯人視する報道が続いた。社会的制裁 フレッシュアイペディアより)

111件中 31 - 40件表示

「松本サリン事件」のニューストピックワード