92件中 51 - 60件表示
  • 宗教テロ

    宗教テロから見た松本サリン事件松本サリン事件

    オウム真理教 - 地下鉄サリン事件、松本サリン事件ほかを起こした。宗教テロ フレッシュアイペディアより)

  • 下村健一

    下村健一から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1993年6月、男性のテレビマンとしては業界初の育児休暇を取得した。1993年10月からTBS報道番組『スペースJ』のサブ・キャスター兼リポーターとなり、1994年に起きた松本サリン事件で警察に容疑をかけられ、マスコミに完全に犯人扱いされていた河野義行を継続取材し、冤罪であることをスクープした。しかし、同時期、同じTBSのワイドショー『3時にあいましょう』のTBSビデオ問題が日本テレビによってスクープされ、下村のオウム事件に関する貢献は一気に薄らいでしまった。また、自民党の中国向けODA利権を取材していて、自民党議員が札束を紙袋に入れて持ち歩いている映像をスクープ。下村が記者会見で小沢一郎にしつこく食い下がったため、小沢が怒って途中で退席した。その後、金丸信宅に国税局査察が入り家宅捜索の結果、北朝鮮の刻印が押された金塊が発見され、中国や北朝鮮からの自民党旧竹下派に対する、資金の流動化が明確化されてきたころに番組は突如打ち切りとなった。下村は「TBS社員として最後のお勤め、と腹を決めて」ニューヨーク支局に転勤。「地道なチーム取材で良質のリポートを出す好番組と自負していたが、オウム報道で異様に高い視聴率を取るようになったことが、結局『既存メディアを去る』決断の引き金となった」と自身のサイトに書いている。下村健一 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野健一

    浅野健一から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年4月 『英雄から爆弾犯にされて アトランタ五輪爆弾・松本サリン・甲山事件』三一書房、ISBN 4380982300浅野健一 フレッシュアイペディアより)

  • TBSビデオ問題

    TBSビデオ問題から見た松本サリン事件松本サリン事件

    TBSビデオ問題(TBSビデオもんだい)は、1989年10月26日に、TBSのワイドショー番組『3時にあいましょう』のスタッフが、坂本堤弁護士がオウム真理教を批判するインタビュー映像を放送直前にオウム真理教幹部に見せたことが、9日後の11月4日に起きた坂本堤弁護士一家殺害事件や一連のオウム真理教事件(松本サリン事件、地下鉄サリン事件等)の発端となったとされる事件であり、TBSが引き起こしたマスコミ不祥事・報道被害である。TBSビデオ問題 フレッシュアイペディアより)

  • 熊井啓

    熊井啓から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1989年、三船敏郎出演の『千利休 本覚坊遺文』でヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞・監督賞を受賞。2001年には松本サリン事件を描いた『日本の黒い夏─冤罪』でベルリン国際映画祭に特別招待され、ベルリーナ・カメラ賞(特別国際功労賞)を授けられた。熊井啓 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の黒い夏─冤罪

    日本の黒い夏─冤罪から見た松本サリン事件松本サリン事件

    原作は、長野県松本美須々ヶ丘高等学校放送部制作のドキュメンタリービデオ作品『テレビは何を伝えたか』を元にした、平石耕一の戯曲『NEWS NEWS』。1994年6月27日に長野県松本市北深志地区で発生した松本サリン事件の第一通報者である河野義行に対する「警察の強引な任意同行」と「報道機関の誤報による過熱取材」の実態を描いた作品である。日本の黒い夏─冤罪 フレッシュアイペディアより)

  • 妻よ! 松本サリン事件犯人と呼ばれて…家族を守り抜いた15年

    妻よ! 松本サリン事件犯人と呼ばれて…家族を守り抜いた15年から見た松本サリン事件松本サリン事件

    オウム真理教が起こした松本サリン事件を元にした再現ドラマ。妻よ! 松本サリン事件犯人と呼ばれて…家族を守り抜いた15年 フレッシュアイペディアより)

  • 信濃毎日新聞

    信濃毎日新聞から見た松本サリン事件松本サリン事件

    松本サリン事件では第一通報者犯人説(神奈川大学経営学部教授の常石敬一が事件初期に提唱した誤った論法によるもの)を報道し、当該事件の第一通報者で被害者でもある河野義行に訴えられた。信濃毎日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • オウム真理教

    オウム真理教から見た松本サリン事件松本サリン事件

    オウム真理教(オウムしんりきょう)は日本の新興宗教(宗教団体)。坂本堤弁護士一家殺害事件や松本サリン事件、地下鉄サリン事件などのテロを含む多くの反社会的活動(詳細は「オウム真理教事件」も参照)を行った。オウム真理教 フレッシュアイペディアより)

  • 誤報

    誤報から見た松本サリン事件松本サリン事件

    犯罪報道において、特定の人物を犯人だと読者に印象づける報道がしばしば見られるものだが、犯人扱いされた人物が実際には犯行に関わっていなかったことが明らかになったり、裁判で無罪になった場合をここで扱う。1968年に起きた三億円事件においては、翌年末に脅迫の容疑で別件逮捕された青年が、マスコミによって強奪事件の犯人であるかのような扱いを受けた。すぐに青年のアリバイが証明され釈放されたものの、新聞には男性の経歴や家族、交友関係などが詳しく記載されたため、無実と分かった後も好奇の目にさらされ続けたという。1974年の松戸OL殺人事件では、別件の窃盗罪で逮捕された後に、同事件に対する殺人・死体遺棄などの罪で起訴された男性について、マスコミはそれまでに発生していた首都圏11人女性殺害事件との関連をほのめかし続けた。「おわび」や「訂正」が出されたのは東京高裁において、殺人などについての無罪判決が出された後、およびそれが確定した後(1991年)のことである。また、1994年の松本サリン事件では、マスコミによって、第一通報者の河野義行が逮捕、起訴されていないにも拘らず、約1年のあいだにわたって犯人視され続けた。いずれの報道にも共通するものとして、警察発表や、捜査員からの非公式な情報をさして裏づけを取ることもなく記事にしたり、記事をことさらセンセーショナルなものにしがちなマスコミの姿勢が挙げられる。また、松本サリン事件の報道の反省として述べられていたものに以下がある。誤報 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「松本サリン事件」のニューストピックワード