111件中 71 - 80件表示
  • 1950年

    1950年から見た松本サリン事件松本サリン事件

    2月(25日以前) - 河野義行、松本サリン事件被害者1950年 フレッシュアイペディアより)

  • 化学兵器

    化学兵器から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年には、世界で初めての化学兵器による無差別テロが、日本でオウム真理教により起こされた。この松本サリン事件では、7名の死者・660人の負傷者を出した。この事件の後、同教団は1995年に再び、東京都地下鉄内で地下鉄サリン事件という大規模なサリンガスによるテロ事件を起こして、死者12名、負傷者5,510名という大惨事となった。化学兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 島田裕巳

    島田裕巳から見た松本サリン事件松本サリン事件

    松本サリン事件がオウム真理教による疑惑との報道が始まった1995年(平成7年)1月25日、第7サティアンを単独取材し『宝島30』1995年3月号にレポートを発表した。島田裕巳 フレッシュアイペディアより)

  • ライブドア事件

    ライブドア事件から見た松本サリン事件松本サリン事件

    マネーロンダリング、脱税、暴力団との関係といった報道が事実確認をしていない状態でおこなわれるなど報道は苛烈を極めた。また、「ライブドアは企業実態がない」、「虚業」、「なにをやっている会社かわからない」、「拝金主義者」などの誹謗中傷的で一方的な批判的言論も飛び交った。さらに、井上トシユキや宮崎哲弥などは、「オウム真理教事件と酷似している」、「光クラブ」と酷似しているといった説をとなえた。特に、『産経新聞』は、2006年1月23日の朝刊で、「ライブドア電子商店街から決算前に契約料徴収-利益計上後解約し返還」との見出しで虚偽の報道をしたり、2月14日の朝刊では「ライブドアの退職者数が既に数百人」と報道したりするなどと事実無根の報道をおこなった。『産経新聞』の報道は裏付ける事実もなく取材もまったくおこなわないで記事を掲載するなど報道機関としての常識が疑われており、数々の批判がある。なお、松本サリン事件で問題となった報道姿勢に対する反省がまったく活かされておらず、「関係者によると…」といった、発言・根拠・証拠・挙証・責任の所在を明確にしない報道が世間を席巻したとし批判があがった。また、関係者が警察・検察であることが推定された。これらが問題とされたのは、事実無根の情報がリークというかたちで、報道機関によりなんの検証もされないまま報道されたことと、事実を含む情報がごく一部でもリークされたところにある。意図的な情報リークで世論を形成しようとする警察・検察の方針にマスコミが便乗するという状況で、記者クラブ制度に対する問題がまったく解決できていないと日本のマスコミの閉鎖性を批判する意見がある。ライブドア事件 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た松本サリン事件松本サリン事件

    松本サリン事件において、6月28日付でマスメディアが報じた「薬剤の調合をまちがえた」「農薬混合」とされた「毒ガスの正体」が、7月3日になって農薬ではなく調合では精製できない化学兵器の『サリン』と判明したものの、1994年7月15日夕刊では「薬剤使用をほのめかす 事件直後に会社員」と、会社員・河野義行を犯人視させる報道をおこなっている。なお読売新聞は1995年5月12日になってから河野に対し紙面で謝罪をおこなった。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 有名税

    有名税から見た松本サリン事件松本サリン事件

    一般人が事件に巻き込まれたのを機に有名となって、プライバシーが侵害されることがある。例としては三億円別件逮捕事件で誤認逮捕された運転手、よど号ハイジャック事件の機長、ロス疑惑で日本のマスコミ・世論から疑惑の目を向けられた三浦和義、松本サリン事件で犯人扱いをされた河野義行がある。また、テレビ局の社員に過ぎないアナウンサーが芸能人並みにプライバシーを侵害される例も多い。なお、プライバシーが侵害される有名人でも、政治家など、公人とされる有名人についてはこの表現が用いられることはない。有名税 フレッシュアイペディアより)

  • 推定無罪

    推定無罪から見た松本サリン事件松本サリン事件

    などの例が多発している。古くは三億円別件逮捕事件の参考人聴取報道、近年では松本サリン事件の冤罪報道が顕著な例だ。推定無罪 フレッシュアイペディアより)

  • 紀藤正樹

    紀藤正樹から見た松本サリン事件松本サリン事件

    全国霊感商法対策弁護士連絡会の事務局長代行、松本サリン事件被害者弁護団事務局長、安愚楽牧場の和牛オーナー制度の全国被害対策弁護団長、近未来通信被害対策弁護団団長、神世界事件被害対策弁護団長等を務め、多くの詐欺事件の被害対策弁護団を率いている。紀藤正樹 フレッシュアイペディアより)

  • スペースJ

    スペースJから見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年の松本サリン事件以前からオウム真理教のロシア進出を取材していた。松本サリン事件発生後、事件とオウム真理教との関係や河野義行が無実である可能性をいち早く指摘していた。スペースJ フレッシュアイペディアより)

  • 公安調査庁

    公安調査庁から見た松本サリン事件松本サリン事件

    1994年(平成6年)から翌年にかけて松本サリン事件や地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教(現Aleph)に対し、破壊活動防止法の解散処分請求が行われたものの、1997年(平成9年)1月、公安審査委員会が同法の要件を満たさないと判断して適用は見送られた。公安調査庁 フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示

「松本サリン事件」のニューストピックワード