前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示
  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た久米宏

    マスコミ各社は、誌面上での訂正記事や読者に対する謝罪文を相次いで掲載した。(久米宏が当時「ニュースステーション」の中継対談で番組の“顔”として詫びた)。また前述の『週刊新潮』の謝罪は今もってない。なお、報道各社の社員個々人による謝罪の手紙については河野のもとに多数届いたという。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た河野義行

    事件から14年後の2008年8月5日、本事件による負傷の加療中であった河野義行の妻が死亡したためこの事件による死者は8人となった。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た立花隆

    立花隆が主張。オウム内の公安スパイによる、公安上層部への警告文書であるとする。対して、「公安のスパイがそんなに知っていたならば地下鉄サリン事件も防げたのでは?」との批判がある。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た野中広務

    当時の国家公安委員長野中広務は、個人として河野に直接謝罪している。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た京急線

    オタク的知識が豊富。軍事・化学関係から、京急線快特車両(おそらく京急2000形か)の窓についてまで言及。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見たTBS

    事件後にマスコミを中心に出回ったとされる怪文書。警察やマスコミなど各所に送りつけられたとされる。作者は「HtoH&T.K」と名乗り、後の怪文書で河野義行が可哀想だったから書いたと語る。「1994年9月某日」となっているが岩上安身によるとその時期に流通していたという証言は無く、流通開始は1994年12月前後ではと推測している。また、直接入手したのは週刊文春、TBS、テレビ朝日程度であった。(1989年にサンデー毎日の特集記事でオウムバッシングを最初に始めた)毎日新聞社は送られて来なかったことを明言している。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見たテレビ朝日

    事件後にマスコミを中心に出回ったとされる怪文書。警察やマスコミなど各所に送りつけられたとされる。作者は「HtoH&T.K」と名乗り、後の怪文書で河野義行が可哀想だったから書いたと語る。「1994年9月某日」となっているが岩上安身によるとその時期に流通していたという証言は無く、流通開始は1994年12月前後ではと推測している。また、直接入手したのは週刊文春、TBS、テレビ朝日程度であった。(1989年にサンデー毎日の特集記事でオウムバッシングを最初に始めた)毎日新聞社は送られて来なかったことを明言している。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た青山吉伸

    地主側は更に売買契約の取り消しも求め、一度は却下されるも、オウムの反社会性を訴えさらに訴訟を起こした。長野地方裁判所松本支部は、この裁判の判決言渡しを1994年7月19日と指定。教団の弁護士である青山吉伸は麻原に対し、状況は変わっていないが教団の勝訴確実というわけでもないと伝えた。すなわち敗訴の可能性が低いにも関わらず裁判を延期しようとしたことになるため、早川紀代秀や新実智光は、麻原は裁判の延期云々以前にサリンの実験をしたかったのではないかと推測している。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見たオウム真理教

    松本サリン事件(まつもとサリンじけん)とは、1994年(平成6年)6月27日に日本の長野県松本市で発生したテロ事件。警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察とマスコミのなれ合いがあったとも言われる。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た週刊文春

    事件後にマスコミを中心に出回ったとされる怪文書。警察やマスコミなど各所に送りつけられたとされる。作者は「HtoH&T.K」と名乗り、後の怪文書で河野義行が可哀想だったから書いたと語る。「1994年9月某日」となっているが岩上安身によるとその時期に流通していたという証言は無く、流通開始は1994年12月前後ではと推測している。また、直接入手したのは週刊文春、TBS、テレビ朝日程度であった。(1989年にサンデー毎日の特集記事でオウムバッシングを最初に始めた)毎日新聞社は送られて来なかったことを明言している。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
108件中 1 - 10件表示

「松本サリン事件」のニューストピックワード