前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た久米宏

    マスコミ各社は、誌面上での訂正記事や読者に対する謝罪文を相次いで掲載したが、河野への直接謝罪はほぼ皆無である(久米宏が当時「ニュースステーション」の中継対談で番組の“顔”として詫びたのみ)。また前述の『週刊新潮』の謝罪は今もってない。なお、報道各社の社員個々人による謝罪の手紙については河野のもとに多数届いたという。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た野中広務

    当時の国家公安委員長野中広務は河野の元に直接謝罪に訪れている。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た中川智正

    事件の背景には、オウム真理教松本支部の立ち退きを周辺住民が求めていた裁判におけるオウム真理教側の敗訴の見込みが高まったことがあった。オウム真理教の教祖麻原彰晃(松本智津夫)は、この状況を打開するために、同教団信者である村井秀夫・新実智光・端本悟・中村昇・中川智正・富田隆・遠藤誠一らに、裁判を担当する判事の殺害を指示した。これを受け、同信者らは長野地方裁判所松本支部官舎に隣接する住宅街にサリンを散布した、というものであった。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た下里正樹

    下里正樹 『オウムの黒い霧 - オウム裁判を読み解く11のカギ』 双葉社、ISBN 4575285137。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た松丸伸一郎

    当初、長野県警察は、サリン被害者でもある第一通報者の河野義行を重要参考人とし、6月28日に家宅捜索を行い薬品類など数点を押収。その後も連日にわたる取り調べを行った。この際当時松本簡易裁判所所属であった判事松丸伸一郎が捜査令状を発行しているが、本来過失罪で請求するところを手違いにより殺人未遂として発行していた。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た熊井啓

    これを題材とし、『日本の黒い夏─冤罪』(監督:熊井啓)として映画化された。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た田中康夫

    その後、河野義行は当時の長野県知事田中康夫によって捜査機関において事件の教訓を生かすために長野県警を監督する長野県公安委員に任命され、これを1期務めた。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た河野義行

    6月28日、警察は第一通報者であった河野義行宅の家宅捜索を行ない、薬品類など数点を押収した。さらに河野には重要参考人としてその後連日にわたる取り調べが行われた。また、マスコミによる報道が過熱の一途を辿る。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見たオウム真理教

    その後9月頃になって、『松本サリン事件に関する一考察』という怪文書が、マスコミや警察関係者を中心に出回っていく。この文書は冒頭で「サリン事件は、オウムである」と言及するなど、一連の犯行がオウム真理教の犯行であることを示唆したものであった。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た農薬

    警察側は河野宅からそれまでに押収した農薬からはサリン合成が不可能であることから、一部の農薬を家族が隠匿したとして執拗に捜査を続け、捜査方針の転換が遅れることとなった。長野県警は事件発生直後「不審なトラック」の目撃情報を黙殺したとされる。また、事件発生直後、捜査員の一人の「裁判所官舎を狙ったものでは?」との推測も聞き入れられなかったと言われている。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「松本サリン事件」のニューストピックワード