108件中 41 - 50件表示
  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た池田大作サリン襲撃未遂事件

    この頃、オウムには第三次池田大作サリン襲撃事件を起こすことを目的に、土谷正実が製造した「青色サリン溶液」が保管されており、1994年5月に青色サリン溶液を使って滝本太郎弁護士サリン襲撃事件を起こしたが失敗していた。この青色サリン溶液が本事件にも使用されることとなる。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た宮崎県資産家拉致事件

    「一考察」では、宮崎県資産家拉致事件の被害者が教団に監禁されていたとき「教団が毒ガス攻撃を受けているから外出は許可できない」と言われたことを教団と毒ガスの接点として紹介。そして当時聞きなれない言葉であった「サリン」の解説、亀戸異臭事件などに触れ、オウムがサリン製造ないし入手能力を有することと、河野の無罪を主張している。サリン噴霧の方法についてはドライアイスと有機溶剤を利用した時限爆弾方式ではないかと推測した。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た松本市

    松本サリン事件(まつもとサリンじけん)とは、1994年(平成6年)6月27日に日本の長野県松本市で発生したテロ事件。警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察とマスコミのなれ合いがあったとも言われる。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た長野県警察

    6月28日、長野県警察は第一通報者であった河野義行(こうの よしゆき、1950年2月 - )宅を、被疑者不詳のまま家宅捜索を行ない、薬品類など数点を押収した。さらに河野には重要参考人としてその後連日にわたる取り調べが行われた。また、被疑者不詳であるのに河野を容疑者扱いするマスコミによる報道が過熱の一途を辿る。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た長野地方裁判所

    地主側は更に売買契約の取り消しも求め、一度は却下されるも、オウムの反社会性を訴えさらに訴訟を起こした。長野地方裁判所松本支部は、この裁判の判決言渡しを1994年7月19日と指定。教団の弁護士である青山吉伸は麻原に対し、状況は変わっていないが教団の勝訴確実というわけでもないと伝えた。すなわち敗訴の可能性が低いにも関わらず裁判を延期しようとしたことになるため、早川紀代秀や新実智光は、麻原は裁判の延期云々以前にサリンの実験をしたかったのではないかと推測している。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た読売新聞

    1994年(平成6年)、建設中の第七サティアンサリンプラントの事故により、周辺で異臭騒ぎが発生。1995年(平成7年)1月1日、読売新聞が一面で異臭騒ぎの場所からサリン残留物が検出されたと報じ、怪文書レベルであったオウム真理教とサリンの関係が一気に注目されることとなった。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た神経ガス

    松本サリン事件(まつもとサリンじけん)とは、1994年(平成6年)6月27日に日本の長野県松本市で発生したテロ事件。警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察とマスコミのなれ合いがあったとも言われる。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た冤罪

    松本サリン事件(まつもとサリンじけん)とは、1994年(平成6年)6月27日に日本の長野県松本市で発生したテロ事件。警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察とマスコミのなれ合いがあったとも言われる。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た家宅捜索

    6月28日、長野県警察は第一通報者であった河野義行(こうの よしゆき、1950年2月 - )宅を、被疑者不詳のまま家宅捜索を行ない、薬品類など数点を押収した。さらに河野には重要参考人としてその後連日にわたる取り調べが行われた。また、被疑者不詳であるのに河野を容疑者扱いするマスコミによる報道が過熱の一途を辿る。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 松本サリン事件

    松本サリン事件から見た報道被害

    松本サリン事件(まつもとサリンじけん)とは、1994年(平成6年)6月27日に日本の長野県松本市で発生したテロ事件。警察庁における事件の正式名称は松本市内における毒物使用多数殺人事件。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及んだ。戦争状態にない国において、サリンのような化学兵器クラスの毒物が一般市民に対して無差別に使用された世界初の事例であり、同じくオウム真理教による地下鉄サリン事件を除けばその後も類が無い。無実の人間が半ば公然と犯人として扱われてしまった冤罪未遂事件・報道被害事件でもある。その背景には、ずさんな捜査を実施した警察とマスコミのなれ合いがあったとも言われる。松本サリン事件 フレッシュアイペディアより)

108件中 41 - 50件表示

「松本サリン事件」のニューストピックワード